読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいはめぐる

  We can make it a whole new world.

JUMP担が見る Love-tune×Travis Japan 「RELOAD」

2月13日に行われた「ザ・少年倶楽部」の収録で、ジャニーズJr.のLove-tuneTravis JapanがHey!Say!JUMPの楽曲「RELOAD」をパフォーマンスしたとのレポートが飛び込んできた。

その10日ほど前に私が書いていた記事がこれ。

Love-tuneに歌って踊って演奏してほしいHey!Say!JUMPの楽曲 - あいはめぐる

RELOAD
白のスーツにハットを使ったダンスが印象的なR&B調の曲。Love-tuneにはかっちりめのスーツでも踊ってほしい。ジャニアイのオレンジも素敵だったけど、シンプルなものもまた完璧にキマるだろうな!

まじでびびった!!!!!!! すげーーーー!!! こんなことってあるんだ!!!! しかもトラジャも一緒なの最高じゃん!!!!!! 楽しみすぎる!!!!! まさかそんなアルバム曲で2014年のツアーでしかやってない(はずの)曲を選んでやるなんて天才かよ!!!!!!! もうちょっとちゃんとしたこと書いておけばよかったよ!!!

と、思っていたのにJr.でイチオシの森田美勇人の不在を数分後に知る。めっちゃへこんだ。あなたにいちばん踊ってほしかったんだ私は……(;_;)(;_;)(;_;)

いや、いや、推しがいなければ無意味なんてそんなわけないから楽しみにはしてた。

 

放送日は3月1日。再放送が明日、3日18時~ありますので、見逃した方はぜひ。

webのレポを読み逃してしまっていて、昨日やるの知らなかった惰弱な奴だけど(だいたいらぶの出番って2週目じゃない??ちくしょー油断した)追っかけ再生でちゃんと確認しリピート、、、Twitterで衝動的につぶやいたことをまとめつつ感想を書きたいと思いますよ。

 

まず、Hey!Say!JUMPの楽曲「RELOAD」について簡単に。

2014年リリースのアルバム「smart」に収録。作詞はメンバーの有岡大貴。フルで作詞を担当するのはこの曲が初。先述のとおり、2014年ツアー「smart」で披露されてツアーDVDにも収録されてます。

Jr.担の方はご存知の方も少なかったのでは?というのは私の勝手な思いだけれど、めちゃくちゃおしゃれな曲なんですよ。

ぺっ まんま置いておくのもマズいのでそのうち消すかもしれない。

ツアーのセットリストの話をすると、この曲の前にHey!Say!7*1がパフォーマンスしていて、その曲中でも圭人はギターを弾いてた。その流れでギターソロがイントロと繋がっていく流れ。

メインステージにHey!Say!BEST*2がいて、途中までは別々に踊る。この演出もいいよね~~~背中にイニシャル刻みの白スーツ・黒ネクタイは全員お揃いで、有岡だいちゃんの案で全員ハットかぶって踊ります。最初はどれが誰か全然わからなかったな~。

 

ツアーで披露されているだけまだいいけど、言ってしまえばマイナー曲。

それを誰が見つけて選んできたのかわからないけど本当にナイスセンスとしか言いようがない!!!

 

そんなLove-tune×Travis Japanの「RELOAD」はというと……

全体のパフォーマンスは小道具にハットを使っていないのだから当然だけど、JUMPのものとはダンスの振りもフォーメーションも大きく違っている。

放送後にTwitterでDVDの動画をぺっと上げたのが先ほど引用したツイートだけれど、私がJUMP担だからと言って誤解してほしくないのが「本家と全然違うじゃん!!」って気持ちで上げたのではないということ。

パフォーマンスを見てもらえればわかるけど、Love-tuneTravis Japanはダンスを武器のひとつにしているグループでめちゃくちゃ踊れる。RELOADはJUMPの真骨頂であるフォーメーションダンスとまではいかないから、そのままコピーしてパフォーマンスすることも二組にとっては簡単だったはず。

でも、そうはしなかった。

ジャニーズJr.とはいえLove-tuneTravis Japanも先輩たちの真似だけをしていればいいような立場ではない。ただ言われたようにパフォーマンスをするのではなくそれ以上のものを求められていることを本人たちもファンの方々もわかってると思う。

今はJr.の人数も多いしJr.内のグループも本当にたくさんあって、少クラの中で配分される時間はすごく限られている。その中で自分たちならこの曲をどうパフォーマンスするのか、どう見せる、魅せるのかがものすごく重要になってくる。

だから「本家はこんな風だけど、その要素を盛り込みつつ大幅にアレンジして見せたLove-tuneTravis Japanすごくないか!?」っていうのを知ってもらえたらなと思って動画を置いてみた次第。この話長くなってしまった。

やっぱり本家をしっかり見てしまうと、それを崩すのって勇気がいるし難しいことだと思うんだよね。でもそれを大胆に変えてしっかり完成させてくるところ、すごくワクワクした。

そんな二組の「RELOAD」、すごくかっこよかったし、冒険心があって面白かったし、本当に素晴らしかった。

アコースティックギター始まり、白と黒のスーツ風の衣装、阿部顕嵐梶山朝日のハット、そこは本家のオマージュと取っていいかな。最低限そこを残したのもポイントとしてよかったと思う。

そしてやっぱり真田佑馬のギターでしょう。

本家のRELOAD大好きな私でさえ「おっ、さなぴーそれで踊っちゃうの?! ギター弾きながらそのステップ!? 圭人もそんなことしないよーーーー!」と驚いたもんね。これは本当に「いい意味での裏切り」だったし、面白いなと心底思ったところ。

さなぴーだけ横で座っでギター弾くのもそれはそれで画になるだろうし、かっこいいと思う。でも彼らはそうしない。「さなぴー弾きながら踊れるよね?」「俺、弾きながら踊れるよ?」どんな会話があったかわからないけど、その発想の面白さ!!! 斬新!!! 好き!!

さすが、帝国劇場でフライング(逆バンジー)しながら演奏していただけある。。

ダンスについての細部は省いてしまうけれど、Love-tuneTravis Japanに合わせてしっかり振りを固めてきていたのもかっこよかったな!! やっぱりダンスはTravis Japanがピカイチだと思うから。

ダンスバトルっぽく「X」にしたフォーメーションはJUMPの7対BESTの構図へのオマージュにも思えたし、花道が作れないから交差のスタイルを取ったのかなとも感じた。

左右で白と黒に分かれるところも好き。そこから全員揃って踊るのもまたよし。いいね~この展開の多さが引き出しの多さ。二組の対比もありつつ、共同作業もありつつ。本当にたくさんのワクワクが詰まったコラボレーションだった。

 

わかんないけど、JUMP担からしたら「こんなの違う!」ってなったのかもしれないし、らぶとらが一緒にパフォーマンスするのも複雑な心境で見てた人もいるかもしれない。いつもならそういうの、良い悪いも含めてパブサして見たりするんだけど、昨日は自分のTLを見ながらつらつらと勝手な感想を置いていくだけにした。

人の意見はどうでもいいな、本当にかっこよかったし最高だったな、それだけ言いたくて下手に地雷踏んで微妙な気持ちにはなりたくなかったから。

JUMP担だからこそ、今のJr.に興味持って見てるからこそ、森田美勇人のダンスに魅せられているからこそ、RELOAD選んでもらってLove-tuneTravis Japanがパフォーマンスしてくれたことが嬉しかった。

JUMPにこんなおしゃれな曲あるんだ、有岡だいちゃんの作詞センスいいね、なんて風にJr.担の方に思ってもらえていると、それもまたありがたいなぁとも思いつつ。よかったら原曲をフルで聞いてみてください。

 

本家と比べて「全然違うじゃん」と思うのも自由、だけど「それぞれの良さを考える」自分自身のきっかけにもなったなぁと思う素敵なパフォーマンスでした。

大学時代の恩師に「エンターテイメントで受け手へのサービスとは『良い意味での裏切り』である」と教えてもらったことが心に残っていて、期待通りをそのままやられるよりも、期待を裏切ってさらに良いものを見せてくれるくらいの方が好き。

「そう来るか!!」っていうのは本当にドキドキワクワクするし、そういうものこそ夢中になってしまうし魅力的だと思う。そういう意味でもね、素敵だったんだよ。

 

次、どこかでやるときは美勇人さんも一緒にね。。。私は見れなくてもいいから。。

 

 

 

 

 

*1:山田涼介・知念侑李・中島裕翔・岡本圭人の弟組

*2:有岡大貴・高木雄也・伊野尾慧・八乙女光・薮宏太の兄組