あいはめぐる

  We can make it a whole new world.

170811 少クラ~Love-tune「Black&White」

 JUMPのツアー初日、福井と少クラの放送時間がかぶった。「やべぇかぶった!!!!!!」と思った自分に笑った。Love-tune単独のフル尺パフォーマンスは2ヶ月ぶり。

 

 演目はKis-My-Ft2の「Black&White」。

 

 収録されたのは7月12日だったかな。みゅうたろうが北海道で映画の撮影中だったから、少クラの収録に参加するかどうか自体に非常にドキドキしていた*1。その心配は杞憂に終わり、ちゃんと7人! 単独でフル尺! ダンス曲! もーーわくわく。

 去年のLove-tuneクリエ、5月21日。当時はまだ正式に7人のグループではなかったけど、7人でステージに立った最初の日にもブラホワを演っていたそう。今回は本当に7人で。また新たなブラホワ。

 らぶのそういう、結成前や7人になる前にやっていた曲をちゃんと7人でもう一回やるスタンスとても好きーーーー

 

 パフォーマンスの話。

 ブルーの照明が美しいスモークの中から美勇人くんをセンターに、もろちゃん、顕嵐ちゃんの3人が先頭で登場。つよい。引きの画になり怜央がすっと手をかざして前に出てくると同時にフォーメーションが変わるのがスタイリッシュ!!!

 続いてセンターは謙ちゃん、かと思いきやそうじゃなくて、うん?と思ってる間にフォーメーションはまた変化して顕嵐ちゃんの「Let's go!!」から歌が始まる。

 以前の「枯れ葉の影」とかで何度か思ったけど、Love-tuneってひとつの生き物みたいに踊ることがあるなぁと感じていて、頭サビの部分はその印象が強かった。ノリ方とかみんなそれぞれ全然違うのに、前に迫ってくるのとか「スイミー」的なね、そういうひとつの生き物をみんなで演じるっていうのかなーそういうやり方に見えてびっくりした。そこ前に出てくるとは思わなくって。うわ~Love-tune生きてる!そういう風な気持ち(笑)。個性バラバラダンスバラバラなのに、こうやって1つの塊になってる姿はらぶらしい表現だし、7人でグループを生かしてるんだなぁとすごく思った。

 冒頭からずっとフォーメーションが次々に変わって、それに伴ってセンターもがんがん変わっていく。7人の誰がセンターでもいける、って豪語してるだけあって本当にその意志をビシバシ感じる演目だった。「Love-tuneらしい」演出が詰まってた。

 

 なにより私はサビの!!

 美勇人くんセンターのサビですよ!!!!!

 振りの手数の多さと細かさ!!! ステップの軽やかさ!!

 鮮やかな手さばき!!!!

 何だこのダンスは

 

 信じられないほどかっこいい…………

 

 誰だ誰だ!!

 Love-tuneだけになったらガシガシ踊る美勇人くんあんまり見られなくなるんじゃないかって言ったのは!!!!!

 

 わたしだよ!!!!!!!

 美勇人くんめっちゃ踊る!!!!!!!

 

  めっちゃ踊ってる……(涙)

  すいませんでしたLove-tuneの皆さん………わたしの勝手な不安を吹き飛ばしてくれてありがとう…………。いちばん踊る、ダンスの激しいところで美勇人くんの見せ場をくれるってそれがらぶのスタイルだよね……。

 Bメロと謙ちゃんがセンターでV字になるところからずっと、れおみゅがシンメなのも超絶アツい。怜央担のフォロワーさんと、最近れおの踊り方が美勇人くんに似てきた気がするね、シンメいっぱい見たいよねって話をしていたところだったから沸いた沸いた。美勇人くんにダンスを教わったり真似ようとすることで怜央の個性がなくなったらかなしいけど、一度寄せたとしてもまた怜央のダンスを見つけてくれたらいいなーと勝手に思っている。まだ19歳だもん。伸びしろと可能性は無限大の怜央だもん。躍動!!って感じのダンスがいいよねえ。。「負けたくない」のところでザッて来るのがすんんんごいかっこいい。

 謙ちゃんが身体を反らせながら拳を突き上げるところもいいし、思い切りよく攻めた感じで挑んでいるのがとってもかっこいい。ちょっと肌焼けた? レンチの役で焼いたのかな?? 髪色の影響かも。

 顕嵐ちゃんは顔面がつよいし、ちょっと女性的というか中性的というか、上品さのあるダンスが袖長めの衣装に合ってて顔がよくて素晴らしい。立ってるだけで存在感。

 萩ちゃんのダンスがグニグニしてるってよく聞いてたけど今回初めてそれをちゃんと実感した気がするw。赤毛のハギとても好きなんだ~。角度とか映り方が完璧で綺麗な顔が最大限きれいに映っていて最高。さなぴとハイタッチしてちょっとニヤリとしてるのがよい。

 もろちゃんがパーカーを摘まんで踊るのが最高すぎる。もろちゃんのグルーヴって言うのかな、いやわかんないけど、ノリというか、表現がかっこいいんだよなあ、、、これをグルーヴの言うのか!?って勝手に思ってるんだけどグルーヴってなんなのだろうw。

 Love-tuneのスターター、特攻隊長さなぴ……Bメロの盛り上がるところをさなぴがセンター担当してるのが何とも言えねえ、、、超かっこいい、、おとなりJrでニコニコキラキラしてたさなぴ~と同一人物とは思えない!!!! ジャケットずらしたのも最高だし羽織り直す瞬間も最高にかっこいい。

 7人横並びからまたひとつにまとまって、かと思えばさなぴーが飛び出してきて、カメラに迫ってまたひとつになって終わる、その終わり方もまた最高だった……かっこよすぎかよLove-tune……。

 

 ブラホワは今年のクリエでもEXでもやってなくて、この少クラのために用意してきたのかな?と思っていて*2。メンバーふたりが仕事で北海道ぐるぐるしたり東京と行き来したりしてる中で、EXとえびコンバックの準備もしながら、どうやってこの完成度のものを準備したのかわけがわからないし本当驚きしかなかった。。

 フォーメーションの展開が多すぎるし振りも細かいし、本当にびっくりした。みゅうたろう来ないかも?とか思ってるこっちの気持ちを超えてくるどころの話じゃなかった。 リリホワもこのときには振り入ってたわけだしねえ。。びっくりする。。。

 いやーまたらぶとぅーん舐めてたなと。なんかちょっとそうやって不安に思ってるようなこともバーーーーンと跳ねのけてくれることの連続で、信頼度が増してくなぁと思う。

 

 これと同じ日に収録された分が先週にも放送されていたのだけど、美勇人くんの顔が少し違うんだよな。いつもはあまりしない表情というか、あんまり見たことがない顔だな~と感じた。撮影中の映画の、その役の影響かもしれないし髪型かもしれないし何がどうとかまだよくわからないけど。

 あと美勇人くんの白インナー、前は白のハイネックだった気がしたけどちょっとおしゃれなシャツになってるよね?? こんなだったっけ? 前からこうだったらごめんなさいね、、、はぁ本当にかっこよかった、、ブラホワ何もかもがかっこよすぎた、、、、、そして美勇人くん本当にかっこいい、、語彙を絞り出したつもりだけど全然絞り出せてるレベルじゃねえ、、、、、笑

 

 明日も仕事だけどがんばろ。明日も生きよ。

 美勇人くん横アリ(キスマイバック)おつかれさまです。明日はトラジャEXのリハかなあ。わからないけど、美勇人くんが頑張ってるから私も頑張らないとーーーーー

 

 

 

 

 

*1:8月の放送分にいなかったら、9月はin 大阪だし10月放送まで姿を見られないんじゃないかという恐怖。

*2:もしかしたららぶとらでやるかもしれないけど

【ネタバレ】Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017
 2017.08.11 サンドーム福井(初日)

 

 グッズ買うまでに3時間。ほんと、夏のこれ勘弁してほしいよ、、、初日だから仕方ないし、日差しもずっとあるわけではなかったので去年の大阪よりはマシ。公演も夜だけだし。決めていったもの+αで買ってしまった。にせんえんくらいだけどw

 入場は、QRコードを読むこむためのでかい列に入れば早かったけど、そこの入るまでの列が整列されてなくて蛇行した列ができちゃってて愉快だった。でもわりとすんなり入れて、QRコードの読み取りもその後もスムーズで安心した。ただ、良い席が当たった人たちがわめき散らしてるのでうるさい詞、ちょっと邪魔かもしれないw

 私たちは4人で入って、アリーナA7ブロックの10列前後でした。冷静に「ちょ、えっ、アリーナなんだけど……Aブロックってめっちゃ前やんな? そんなつもりじゃなかった……」「うちわ新調してくるんだった……」と口々に言いながら席に向かう。メインステ前のアリーナA、7はそのいちばん端、上手側から伸びる花道の横。ほんと横。メインステも近い。肉眼で見える。

 この日は私の名義のチケットだったのだけど、「アリーナ来るかもしれない」となんとなく思ってた。そんなバカなことあるかよ~、どうせスタンドでしょ~スタンドもいいよね~~~とか思ってたら本当にアリーナでびびった。「でもこれでZepp当たんなかったらわたし困るよ……」と言ったら「それな」って返された。怖い。笑

 

 セットはメインモニターの上にHey! Say! JUMPの文字と、デビュー日の11時14分を指した時計の針。

 メインモニターの両サイドには縦型のモニターがあり、そこには9時24分を指した柱時計が映し出されている。さらにその横にいつものサブモニターがある感じ。

 JUMPコールが響く開演3分前、いきなりサブモニターに砂時計が映る。 「I/O」のロゴにある砂時計に本物が置かれていて、砂が落ちていく映像。「IO」の部分あたりはメンカラにころころと色を変えていく。砂時計がカウントダウンするのは3分って若い子知ってるのかな??と思いつつ、砂が落ち切ったらライブスタートだ!!ってすぐわかって大興奮! めちゃくちゃ粋な演出だった!

 そして9時24分を指していた縦型モニター柱時計、それも砂時計と同じタイミングで動き始めて、がーーーって時計の針が動き出す。砂が落ちきった瞬間もだけど、その時計がまた9時24分を指した瞬間にライブがスタートするのでそこもぜひ見てほしいところ。

 オープニング映像は、各メンバーの過去映像が4つ、5つほど出た後に現在のメンバーが登場するというもの。かなり可愛い。

 

覚えてないのもあるけどセトリ見ながら。

1.Ultra Music Power

 ドラの音で始まる、キタ~~~~~!感がつよいw UMP始まりかな!って言ってたけどやっぱりテンション上がる。やまだの髪が、ストレートに青みグレーのカラコン(に見えた)で、前髪の存在を熱望していたわたし、即死。メインステ側の隣には八乙女担ちゃんがいたんだけれど、肘鉄を何度となく喰らわせる。ごめん。

 雄也が髪切って爽やかになってたーー! 短いほうが好きかな~~長いほうがセクシーかもしんないけど。

 

2.Dreams Come True ~ 3.真夜中のシャドーボーイ

 やぶひかパートをちゃんと歌えて嬉しかった。生「シャドー……」に興奮。いや~~やまだもいいけど裕翔もいい、美しい。

 

4.瞳のスクリーン

 この日のやまだはキメキメより微笑みが多くて、身内でよく言う言葉だけど「人間だった」。センステでやっている曲は、正面がメインステ側に背中を向けることになるのでモニターを見て楽しんだ。モニターが目の前だったから見やすくて助かった~。
 とまぁデビュー当時の曲をば~ってやったんだけど、こここんな尺いる??って、もうちょっとパンパンパンとメドレーにして歯切れよくやっていってもよかったのに~と思った部分ではあった。

 

5.Viva! 9's SOUL -2017-

 50年先でも僕らは一緒だ、のくだりがグッとくる。センステの中央(一段せり上がる部分)で、紹介されるひとと紹介されるひとが立って歌う、ビバナイ定番構成。雄也の紹介ラップで、ちぃちゃんが上に上がったな?と思ったら、雄也がちぃちゃんの補助付きでバク転を!!!圭人も手伝ってた?それは見えなかったけど、補助をするためにちぃちゃんがステージに上がっていったのにときめいた。
 いのちゃんが光くんの紹介ラップをちゃんと歌わなくて曲中でもMCでも怒られる。

 

6.太陽にLOVE MOTION!

 いのちゃんがいきなりラップ歌い始めて(小さいメモを見ながら)びっくりする。今年はラップに挑戦したいそうだ。

 

7.Sweet Liar(Hey!Say!7)

 死んだ。赤いシャツをはだけさせる山田涼介を見て崩れた。シャツを脱いで背中を見せて終了、っていう流れとてもよかった。イヤモニのコードが見えるので興奮した。笑
 圭人ラップが最強最高にかっこいい。

 

8.スタートデイズ(Hey!Say!BEST)

 まさかの小学生コント。大ちゃんの仮装が似合いすぎてびっくりした。いのちゃんすごいかわいい。曲はほんとに可愛くて元気が出るかんじ。いや~~いのありとやぶひか強い。

 

9.裕翔ドラムソロ~圭人ギター

 衣装チェンジ。青と黒のストライプのスーツでめちゃくちゃおしゃれ!!!!! あれでどっかの歌番組出てほしい~~~。
 裕翔のドラムソロめっちゃくちゃかっこよくてシビれた~~~~!!!裕翔ってこんなドラムうまいんだな、、、って改めて思った。続いて圭人も出てきて、ドラムとギターのセッション。圭人はYour Seed、SUPER DELICATE、Fantastic Timeをギャンギャン弾いてくれた。んもーーーーめちゃくそかっこいい。光くんもどっかでベースソロがっつり弾いてた。銀太郎だったと思う。

 

10.冒険ライダー

 カラオケみたいに歌詞もちゃんとメインモニターに出て「みんな歌って~!」なんだけど、「うーんわかんない!」と思う新規であった。ごめん。

 

11.ありがとう ~世界のどこにいても

 まさかのバンドアレンジ。この曲をバンドアレンジにするのが斬新すぎてちょっと笑った。バンドアレンジにするとかっこよくなる。

 

12.TO THE TOP

 歓声がすごくって、それも嬉しかったなぁ。私はバンド育ちだから元々縦ノリが激しくて膝を曲げてノるタイプなんだけど、バンド曲はそれが顕著で周りのひととの差が自分で見てても面白かった。

 

13.Star Time

 だいちゃんの説明、いのちゃんのピアノからから入るStar Time。だいちゃんが思いっきり説明を噛んでしまって、やっちまったと思ったのか曲名を言うときに右手を振りかざして(何て言えばいいかわからないw)(投球フォームみたいな感じ)言ってしまって、噛んだこともその動作のこともMCでめっちゃ言われるw(山田発信)。裕翔が「歌い出しづらい、笑っちゃいそうだった」と言ってて「裕翔よくあれで真面目に入れたよな!!」と言われる始末。
 いのちゃんのピアノが素敵で、何度か昔の映像で見たことがある程度だけどほんといい曲だったし3人ずつでバラけて歌っていたメンバーがいのちゃんのところへ集まってくるっていう流れも素敵な演出だった。
 これもMCで言われてたことだけど、いのちゃんが最後ピアノ弾くところで、大ちゃんが耳元で「絶対間違えんなよ! 間違えたら台無しだぞ!」ってすごい言ってきて集中できなかったそう。でもリラックスはできたけどね、ってフォローしてくれてた。はいはいいのあり~~。

 

14.From.

 気づいたら目の前にメンバー並んでてそこから始まって驚愕。上手側の花道を歩いてスタートなんだけど、裕翔を先頭に「裕翔の真似をしてみんな歩く」感じでおふざけがすごく可愛かった。

 

15.OVER

 OVERもsmartのときのが印象に残ってる曲だけど、あのときは7とBEST離れてたから、全員でちゃんと踊ってるの始めて見たかも? なんだか感慨深かった。

 

16.ウィークエンダー

 踊るの楽しすぎ。スウィートアンサー(ウィスパー)は何度聴いてもほんと、、、むり、、つよい、、、、、

 

17.キミアトラクション

 キミアトもライブでまともに踊ってるの始めて生で見た気がした! 去年はずっと移動を伴うかたちでやってた?ような?そうだっけ??笑 まーー衣装がかわいくてまたよかったよね。。青のストライプの。シックだけどメルヘンちっくでもあってすごくいいんだーー。

 最後、ちぃちゃんは「やっぱり僕がNo.1」と言って、その横でやまだがほっぺツンしてたのはいはいやまちね案件でした。

 

MC

・裕翔の誕生日会の話!!!!!

 前日のリハ中に裕翔の誕生日をお祝いした話。から、薮ちゃんが「そのときの映像あります」って言い出して、メンバーが「いやいやいや!出しちゃいけないやつだよ!」「髪ボサボサだし!(やま)」「ダメだって!」「マネージャーさんよく許可したな!?」って口々に言ってて、薮ちゃんもうそでーすって言ったらどうしようかって思ってたけど本当に流してくれた~~~~~!!!!!!!!

 すでにケーキが出てきてて、わ~って喜んでる感じの裕翔なんだけど、そのケーキがすごい。長方形のケーキで、上にドラムセットが乗ってる。立体的なドラムセット!わりとでかめ! で、抱負を聞かれて、話し始めようとするんだけど、メンバーたちがウソ泣き演技を始めててそれに裕翔が突っ込むというw。ちぃちゃんだけ真顔で、それにも裕翔はちゃんとつっこんでた。個性のある泣き真似で可愛かった、、やまだは顔のパーツを真ん中にぎゅっと寄せた感じで可愛かった。。。

 その映像が流れてるとき、下手組+山田はすぐしゃがんだんだけど、上手組は長いこと立ってて面白かった。アリーナのお客さんモニター見えないからね。やぶいの、、、と誰だっけ雄也かな? 途中で気づいて座ってくれた。私は見えてたけど。

 映像おわりには「これはダメなやつ!!!」って口々にw 「ヒゲとか生えてるから!!」なんて……いのちゃんがしきりに「7はいいけどBESTはもうダメだよ」ってふにゃふにゃ言ってた。おじさんだよみたいな話だったか忘れたけどw、スキンケアも頑張ろうなって話の流れで、やぶやまがサウナに行ったときの話になって。スキンケア製品がなくって、売店で薮ちゃんが金粉入りの化粧水(テスター)をめっちゃ使ってたと。ばっしゃばしゃ使ってたと。薮ちゃんは「やまだが先に使ったんだろ!?」って言ってた。

そして、
・砂時計と砂時計ペンラの話。薮ちゃんがサウナで思いついた。ペンラは「ビールジョッキみたい」とのことで「かんぱ~い!」と何度か。

・Star Timeのくだり

・太陽にLOVE~の伊野尾ラップの話

・知念に弟子ができた、雄也にバク転教えてるって話。いのちゃんが「10周年でも新しいことを始めようと思って」と発言したのを引っ張ってきて、「俺も今までやったことないことをと思って」なんて言ってたかな? そのあと薮ちゃんが手をもじもじさせながら「何か(挑戦すること)あるかな~」って言ってたのがかわいかった。

 

・次がAYTで、3人ハケたんだけど、そしたらMCいきなり静かになっちゃって、しゃべることがないみたいな空気になったのが面白かったw。圭人なんか「福井は空気がきれいですね」なんて言い出してやまだに「10年やってきてこの素人感!」ってすごい言われてた。いのちゃんも「人が本当に困ったときに話すことが天気の話だよ」と。ちぃちゃんは全然喋らない。弟子がいたからさっきまではカッコつけてたの?みたいにイジられてた。かわいい。

・あと昔(2008年のコンサート?)圭人がトランポリンでちぃちゃんの真似してバク宙しようとして失敗して危なかったねって話。端の大きめの網目に頭が刺さったと。首が座ってなかったから助かったのかな?と、その前に話していた「デビュー当時は圭人の首すわってなかった説」が再度登場。

・いつもは宣伝とかするのに、この日は全然なかった。

ま、覚えてる範囲です~

 

18.Are You There?

 孤食ロボットの世界観を踏襲した天才的な演出で天才的に可愛すぎた。。。登場もあの居酒屋さんで充電してる感じで下から出てきて、衣装も役の衣装を少しアレンジした風でめちゃくちゃ可愛い。めちゃくちゃ可愛い。途中でメインモニターに顔ハメのオットリ、ムジャキ、ヤンチャの映像?が出てきて、そこに3人が顔を入れるんだけど普通の髪型でそこにハメるから、変なんだけど可愛い。まじ天才。かわいい。ら~いらら~いらら~いらら~~~い

 

19.トビラの向こう

 smartコンのときのメンカラスカジャンで出てきて!!!!それ!!好きなやつ!!!!でもAYTの3人はVTR出演みたいな感じで、メインモニターやら縦型モニターにばんばん映るんだけど生身は出てこず、、、可愛いんだけど全員でやろうよ、、

 やぶやまがコンビ組んでぷにゅぷにゅぷにゅ吉〜〜!とやぶんぶんやぶんぶん!ってやってたのが最高だった。好き。

 

20.Born in the EARTH

 衣装早替え! キラッキラのギラッギラなジャケット&ボトムスに、白シャツ、紐リボン。まじでキラッキラで人間ミラーボール感がすごい。この曲も大歓声!

 

21.心技体

 これも大歓声~~! メインステからちょっと進んだ花道で布を使った演出と、ゆとゆやの太鼓、からの水太鼓!!!!!!水太鼓がすごくよかった!!!!

 メインステージから階段でひとつ上がった上段に9つ太鼓並べてやっていたんだけど、叩くのはもちろんかっこいいし、それに対するライティングがめちゃくちゃ綺麗で感動した~~! 水しぶきがあがるたびにちょっと顔をしかめる子もいれば、凛とした表情で叩き続ける子もいて、まあやまだなんだけど、水滴が髪についているのすら超絶美しくて死んだ。まじよかった。

 

22.Give Me Love

 水滴をまとったまま階段を下りて、メインステージでギミラ、、、やまだの息が上がっていて、ちょっと音程にズレがあったけど歌うまーーー美しいーーーと感嘆。水滴がほんとうに綺麗なの~~~。最高だった。。

 

23.映像 ~ 僕はVampire

 JUMPの「僕はヴァンパイア推し」ほんと面白い、、、映像まで使って仕上げてきた。。映像始まったときのざわつきやばかったよ。。緑のレーザーでコウモリ出てきたときにはもう「はいヴァンパイア〜〜〜〜!」だった。

 メンバーひとりずつヴァンパイアに扮した(マント着用)写真が出るんだけど、写真のはずなのによく見ると変化する……みたいな不思議な現象を表現してる映像なんだと思う。やまだ!やまだくる!!って思ったらやまだだけ生身で(映像だけど)出てきて笑った。やまだがキバを見せて、他のメンバーたちもキバを見せていく映像がちゃんとあって素敵。それもまたそれぞれの魅力があって最高。

 からのヴァンパイア(曲)。

 マントを着て出てくるんだけど、その下はNEWSのまっすーがデザインしたようなカラフルでオーバーサイズな衣装。まっすーがデザインしたかどうかはわからないし何も言ってなかったけど、JUMPの曲名がいっぱい服に刻まれてて、そのデザインやサイズ感も込みで「まっすーっぽい」な、と思った。まっすーが本当にデザインしたのか、それっぽいものを別のひとにオーダーしたのか。

 

24.OVER THE TOP ~ 25.I/O

  ここめーーーーちゃくちゃかっこよかった、、、正面から見たかった。。いのありの山田ぐるんを生で見られて大感動!!!! I/Oもめちゃくちゃかっこよかった!!!ダンスよかった~~~センステでやってたからほぼ見えずにモニターで見てたんだけど、これも正面から見たかったなあ。

 

26.真剣SUNSHINE ~ 27.明日へのYELL

 ファンサ曲たち。のはず。明日エーで大事件が!!!! 今日は席もよかったものだから、薮担ちゃんに「絶対薮ちゃんからファンサもらわなきゃね!!」ってな話をご飯食べながらもしてたの。花道を通りかかった薮ちゃんに「薮ちゃん!薮ちゃん!」って叫びまくって、そうしたら薮担ちゃんにファンサをしてくれたのですーーー!!!! すんんごく嬉しかった、間違いなく薮担ちゃんに指差してて、大興奮。超かっこよかった、、、崩れ落ちる薮担ちゃん、、、よかったねえ。。デビュー前から10年以上薮ちゃん一筋の子だから、ほんとよかった~~~ってこっちまですごく幸せだった。

 

28.10th Anniversary Medley
 ~Ainoarika、Your Seed、Magic Power、Ride Wtih Me、Ultra Music Power~

 衣装早替え。黒のスーツ! 襟がまたギラギラしていたけれどシックだけど華やかなスーツ。メインステージに大階段が登場して、そこで披露。メドレーはリミックスVer.って感じで、あいあり、RWMあたり階段でそのまま移動なしでやるからちょいともったいない。宝塚感、、、

 

29.H.our Time

 JUMPの想いがこもった歌詞がメインモニターにも映っていて、とっても感動的。じーんときた。とくに、薮ちゃんが泣いててグッときた。。。涙を流してたかはわからないけど、とにかく泣くのを堪えて、ズボンのポケットに左手を突っ込んでるのに「うわ~~かっこつけようとしてる!!」と感じた。我慢してかっこつけようとしてたんだな~その薮ちゃんらしさに胸を打たれた。大黒柱の薮ちゃんだもんね。

からの、 
薮ちゃん始まりで全員挨拶。

 薮ちゃんがね、いつもは「僕たち」って話をするんだけど、この日はすごく個人的な話をしていて。「ここに来れなかった人にも伝えてください」と始めて、「僕はもっと歌がうまくなりたい、もっとダンスがうまくなりたい、もっと演技がうまくなりたい、もっとかっこよくなりたい、そんな風に思っています。それは、もっとみんなに好きになってほしいから。日々みんなを好きになるばかりです。生きる活力です」と、自分の話をしていた。薮ちゃんが自分の話を、しかもなんか、ニュアンスだけど「考えてきた言葉」というよりも「その場で浮かんだ言葉、自分のこと、個人的なこと」を話しているように感じて驚いた。薮担ちゃんも「薮くんが自分の話をしてくれた」ってすごく喜んでて、あぁ薮ちゃんが今まで背負ってきたものってそういうところだよなあ、、、ってすごく思った。

 光くんで、次いのちゃんだったかな。

 いのちゃんも最後のほうちょっと泣きそうだな?って感じだったんだけど、挨拶が次に移動してからも眉根を寄せて、しかめっつらで、涙をこらえてる様子だった。 いのちゃん、こんな顔で涙こらえるんだなって本当に可愛らしい子どもみたいな顔してた。

 最後がやまだで、もう、話を始めてすぐの段階で涙で声が詰まっちゃって。必死にこらえようと唇を噛んでるんだけど、震えちゃってて。「かっこわるいなぁ……初日なのにねぇ。恥ずかしい……」と絞り出すような声も震えてた。それで、ちぃちゃんも、だいちゃんも、天井を仰いでた。

 しゃべってる途中でマイクに歯をぶつけて「ガンってやっちゃった。恥ずかし」みたいに言って照れてるのも死ぬほど可愛かった~~~。「ジャニーさんが生み出してくれたHey!Say!JUMPだけど、育ててくれたのは皆さんです」との言葉にじーんときた。泣き顔が本当に美しかったし可愛かったし人間らしい男らしい素敵なやまだだった。。。

 

アンコール
30.Precious Girl

 はっ、そういえば新曲!やってないじゃん!!とここで気づく。ミッキーの手のような大きい手袋(メンカラ仕様)を片手にはめて出てくる。目の前でいのゆとがイチャついていて大変可愛かった。いのちゃん、裕翔の手袋に噛み付いてた。。。

 

31.Hey! Say!

 本当にこれはびっくりした!!!!嬉しかった~~~! C&Rというか、声がいっぱい出せてすごい楽しかった!! メンバーがいっぱい花道に来てくれてすごい、、、すごかった、、、、

 

32.Come On A My House

 カモナのときだったかな、やまだが横の花道にきてくれて、そしたら花道側のお姉さんたちが背中を押してくれて花道横でやまだにうちわを向けるという事態にーーーー!!そんなことが起きると思ってなかったから驚愕、、、ファンサをもらっていたのは前の席のお姉さん(隣にいたようなもの)だったけれど、顔がきれいすぎて本当にやばかった。いのやまは本当に色が白くて透き通るように美しい。

 

 最後に映像が流れて、アンコール前だったのかいちばん最後だったのか忘れたんだけど、メンバーと、机の上に置かれた立体的な(積木みたいなの)「 I (砂時計) O 」が映し出されて、Oをくるっと90度回転させると、「 I (砂時計) I 」 になるのね。11周年に向けてもう進み始めている、彼らは未来を見てもいるんだなって伝わってきて感動的なエンディングだった。たぶん最後だったかなあ。。。

 

以上簡単なレポでした。

やっぱり初日はいい!!!!!!!何がくるか、どこに出るか、全く分からない感じがすごく刺激的だったし面白かった~~~! 初日にこだわって入りたがる人の気持ちが凄く分かった。歓声がでかい!!!盛り上がる!!!!!

 

雑記。

 終了してiPhoneの電源を入れた時刻は19:58。銀テなどなど整理していたら、可愛い女の子たちが「分けてくれませんか?」と尋ねてくれたので「折れてるやつでごめんね」と断りつつお裾分け。外に出たときも、「銀テゆずってください!」と叫んでる子がいて、薮担ちゃん八乙女担ちゃんに「1本くらいいいかな?」と聞いてから渡しに行った。1本でごめんね、と言いつつ。。。徳を積めたかなー。

 いやーーーーほんとに楽しかった!!! お留守番の有岡担ちゃんが正座でレポ待機ってLINEしてきたから、みーんなで通話しながら帰った。私の車、Bluetooth対応で車内にマイクがついてるからハンズフリーで通話できる、、、便利すぎる、、2時間くらいずっとしゃべってたかな。最近体調悪くて咳が止まらない中めっちゃしゃべって大変だったけどw。語彙力がだいたい死んでてww

 

 10周年ってすごい。10年ってすごい。やまだもしきりに言ってたけれど。この瞬間に立ち会えてよかったなぁと思った。薮担ちゃんを連れていけたのもよかった~~~。楽しかった~~~。

 年末年始に全滅だったからか、今回のツアーは3人3口とも当たって余りが出てしまうくらいで。福井はいつものメンバーのうち、有岡担ちゃんが仕事のため不在で(大阪はいつもの4連!うれしいたのしみ!)、わたし、八乙女担ちゃん、薮担ちゃんの3人で参加。

 だいたい私たちが行くのって大阪城ホールなんだけど、実は福井のほうが近かった。バンドのライブで一回福井もアリだね?って話をしていたのもサンドームだったんだけど、まさかJUMPで!初日に!入れるとは!! ありがたい。。

 いちおう4連で取ってたので1枚は仲良くしてるフォロワーさんにお譲り。私は掛け持ち辞めちゃったけどJUMPとLove-tuneを掛け持ちしてる同志なので、らぶEXとえびコンの話をたっぷりした。私はまわりがJUMP担なのもあって声に出してらぶの話をすることが少ないしから新鮮だったし楽しかったし嬉しかったーー。ちょいちょい私がらぶの話してるのかJUMPの話をしてるのかわからなくなってトンチンカンなこと言ってて、暑さで頭回ってなかったんかもしれん。ごめん(ここで)。

 今日JUMPのライブなのにね、ごめんね、って言いながら話してたけど、八乙女担ちゃんも薮担ちゃんも勉強になるーって聞いてくれる場面もあって非常にありがたい~~~まぁグッズ並びながらそんな話しててもしっかりライブ中は盛り上がるんだけどね!!

 前回のブログ(担降りしました。 - あいはめぐる)に書いたとおり、私は山田担JUMP担を降りました。ライブに行くことがわかっていても降りたのは、中途半端な気持ちで彼を、JUMPを見るのが嫌だから「現場行って考えよう」をしないタイプっていうだけ。

 でもやっぱりやまだのグッズを買う訳で(買わないつもりもあったのに~~~!笑)、もしかしたらライブ見て撤回したくなるのかもしれない、まぁそれはそれで~と思ってはいたんだけど、そんなこともなかったです。

 本当、最高にかっこよかったし美の化身だったし、泣き顔もそれを堪える顔も本当に素敵だった。こんな人が実在しているのが不思議なくらい。初日なのに恥ずかしいって言いながら、彼が10年、いやもっと長い間で体験してきた、苦労や喜びや本当にいろんな想いが詰まっての涙だったんだろうなと思う。

 今日で入所13年。昨日見ていて、「やまだはきっとずっとやまだだな~」と思った。彼はこれからも揺るぎなく彼であるなと。彼は本当に間違いない。年に1度くらいは、こうやってみんなと会いに来れたらいいなぁ。ある意味では今の担当よりも上なのかもしれない、不思議な気持ちで見ていた。

 いろんなパフォーマンスに対して「らぶもこういうのやってほしいな」と思う部分はあったし、JUMPの素敵なところも改めて感じられた気がする。担当というものにそれほどこだわって生きてないと思ってたけど、なんかやっぱり、言葉で言うのは難しいけど、降りてみると担当していたときとは違うものだなーと思った。

 

 そんで帰ってすぐに少クラを再生したよって話は、次の記事に書きたいと思います笑、ブラホワリピート止まらねえ~~~~~

 

 

 

 

 

担降りしました。

 本当は1ヶ月後に更新する予定だったのですが、彼に会える夏が予定外の繰り上げで終わってしまったことで気持ちも固まり、寝かせる必要もないと思えたので公開することにしました。

 

今年の4月から始めた担当の掛け持ちですが、 

 Hey!Say!JUMPの山田涼介くんから担降りし、

 森田美勇人くんを担当とすることにしました。

 

 応援スタンスは今までと大して変わることなく、行きたい現場には申し込む、当たったら行く、欲しいものは買う、書きたいことを書く、そんな風でいきますが、これから私が「自担」と呼ぶのは美勇人くんだけです。

 

  ジャニオタ復帰してからもし担降りするときが来たら書いてみたいと思っていたので(自己満足)、担降りブログらしく、降りるに至った経緯などタラタラ書きます。興味のある方はお付き合いください。

 

 Hey! Say! JUMP 10周年ツアーのスタートまであと1週間、アニバーサリーイヤーもここからどんどん盛り上がっていくだろうと感じているなか、先日も歌番組に出演したHey! Say! JUMPはキラキラと輝いていました。もう担当じゃないんだな、でも好きな気持ちに変わりはないな、そんな不思議な気持ちで見ていました。

 山田涼介くんは、相変わらず素晴らしいアイドルです。彼はいつだってグループ思いでメンバー思いで家族思いで、愛情深い。スター性にあふれた華やかさを持っていて、綺麗な顔をしてる。ダンスが上手くて芝居が上手くて、ものすごく真面目。それでいて正直な性格でプロ意識も高く、驚くほどひたむきな努力家です。

 2年近く、本当に短い間だけど*1、担当として彼を見てきました。その中で不満が一切なかったとは言えません。でもそれも本当にごくごく小さなもので、彼の性格上そうだよねと愛しく思う部分もあり、ずっと好きな気持ちが優っていました。ベストアルバムのMV集やいろんなTVで見られるお顔はやっぱり綺麗で、そのオーラは圧倒的。彼の綴る言葉たちも、しみじみ好きだなぁと思えるひとです。

 

 それでも担降りを決めた理由は、森田美勇人くんの存在でした。

 

 美勇人くんを好きになったとき、1年経った頃には彼を担当しているなんて思いもしませんでした。

 迷いなく彼の名前で登録した情報局、けれど「好きなJrを挙げるなら美勇人くん」ってだけで、掛け持ちとか担当とか考えるのはデビューが決まってから、と思っていました。決してJrを担当にしたくないとかじゃなく、そのときはそれだけJUMPに手いっぱいでJrは気まぐれに見る対象でした。それがだんだん、少クラをリアルタイムで見ることにこだわるようになっていきます。

 2月に行われた少クラ収録のレポ、その収録分が放送された3月の少クラには、美勇人くんの姿がありませんでした。なぜなのか深く考えてなかったけど、同じようにあの場所にいなかった2人がそれぞれどうしていたのかを後で知って少しばかり怖くなったのです。

 デビューしてから担当しようと思うのは遅すぎるんじゃないか。担当することもできずに何かが終わってしまう可能性もゼロではないとやっと気づいて、悩み始めました。

 2月の美勇人くんは、LAにいました。1か月間、ダンス留学をしていたためです。

 ダンスのレベルがどんどん上がっていってるJr.の中でもダンスエースと呼ばれる彼が、そんな実力とセンスをすでに持っているにも関わらず、自分のコンプレックスを克服するため、大好きなダンスを極めるため、LAにまで飛ぶ姿勢。

 ハイもう好きしかないです!!!!! 降参でした!!!

 まぁそんなこんなで次第に森田美勇人の担当になりたい、彼を担当したいとの思いは強まっていき、頭の中には「美勇人くんを担当するなら掛け持ちか、やまだから降りるか」の選択肢が浮かんでいました。 

 嫌いになったわけでもないのにやまだから降りるのはピンと来ず、4月には掛け持ちを決めました。

 しかしそれからも時々「やっぱりやまだからは降りるべき?」との思いが頭をよぎるようになり、ぼんやりと【担当】ってなんだろうな~と考えることが増えました。理由は、「美勇人くんだけを担当と呼びたい気持ち」がばんっばんに出てきたからです。

 期間はそれほど長くなかったけど、私の脳内では
美勇人くんだけを担当にしたい」VS「嫌いになったわけじゃないから、やまだから降りたくない
 という仁義なき戦いが延々と繰り広げられていて、「美勇人くんだけにしたいってことは、やまだからは降りなきゃいけないんだぞ」とずーーーーっとぐるぐるしていました。

 そんな気持ちが「やまだから降りてもいいかもしれない」にコロンと傾いたのは5月の末、ふとした瞬間です。

 それでもまだ希望を持っていたというか。JUMP担であることにしがみついていたというか。好きでなくなったわけでもないし、長年好きなバンドに対してと同じようにJUMPへの気持ちも落ち着いてきたかな、そういう可能性も捨てきれずにいて、いま降りたら後悔するかなーなんて思いがありました。だって10周年イヤーなんだもの。だから「よし、降りよう!」とすぐ決断することはできず、妙にふわふわした「担当の定義が行方不明」状態を過ごしていました。

 

 そんな中で迎えた6月21日。
 帝国劇場の9月公演「JOHNNYS' YOU&ME IsLAND」の記者会見が行われました。Love-tuneTravis Japan、その他Jr内のグループも参加している中で、のえるくんが「Travis Japan 6人」と発言したことで巻き起こった一大事。

 この9月には美勇人くんがグループの掛け持ちをやめるかもしれない可能性を突然、突きつけられました。泣いた。

 美勇人くんが所属している2グループのうち、どちらかひとつを選択したのでは……、そう匂わせられる日がこんなにも早く来るとは考えてもいませんでした。美勇人くんなら掛け持ちをずっとやっていけるのかもしれないと希望を持ち始めていたし、らぶもトラジャも協力してそういう体制を作っていけるんじゃないかと淡い期待を抱いてもいました。

 美勇人くんが今トラジャで見せてくれている高いレベルのダンスが見られなくなるかもしれない。だとしたら大事件だし、トラジャは彼にとって家族同然の存在と勝手ながら思っていて、もしグループを離れる決断をした・させられたんだとしたら、優しい彼がどれほど悩んだだろうと思うと悲しくて辛くて仕方がなかったです。

 そんな憂鬱な気持ちを少しでも共有したくて、ファンの方の反応を見ようとTwitterで検索をかけました。まーそれがよくなかった。TwitterにはLove-tuneやそこに属するメンバーに対する批判的な言葉がちらほら転がっていたのです。

 美勇人くんが所属している限り、どちらのグループも応援しなければと思っていた時期もあったけれど、この件で私はトラジャの今後の心配よりLove-tuneが悪く言われることに腹を立てていて、あぁ今の自分はLove-tune担だーと開き直らざるを得ませんでした。

 

 そして、美勇人くんが進む道をただただ応援するしかないと腹が決まりました。

 

 Travis Japanの完成度の高いダンスパフォーマンスはジャニーズ随一だし、「ダンスはJUMPがいちばんうまい」としていた私の考えを覆したのはTravis Japanです。あのハイレベルなダンスパフォーマンスはTravis Japanにしかできない唯一無二のものです。トラジャにいる美勇人くんも、そこでしか見られない彼のパフォーマンスも笑顔も本当に大好きです。

 でももし、美勇人くんがトラジャを抜けることになったとき、今と全く同じようには追いかけないだろうと思います。

 私がたまたまトラジャよりも先にらぶを知って活動スタンスや方向性に共感していただけで、逆だったららぶを嫌う側だったかもしれません。だから掛け持ちしているグループ、移籍することになるかもしれないグループを悪く言ってしまうのは多少仕方ないと思う部分もあります。妄想による暴言はクソだと思っていますが。

 ジャニーズの中でも「バンド×ダンス」というミックススタイルを大きく打ち出しているLove-tuneだからこそ、なんだかんだと文句を言いたい人達から好き勝手言われることもあるでしょう。

 そうやってLove-tuneまでもがある種の逆境に立たされるのなら、私はLove-tuneの味方でいたいし、彼らを理解できるファンでいたい。彼らの行く未来へ共に進んでいきたいと思っています。Love-tuneだってこの先どうなるか、わかりませんけどね。

 

 バックJrに期待してチケットを取ったわけではなかったのに、えびコンにはLove-tuneがいました。全員ちゃんといました。美勇人くん、映画のロケも、キスマイのバックもあって、どんなに忙しい1週間を過ごしていたのか想像もできません。

 彼は踊っていて、歌っていて、ベースを弾いていて、笑っていました。

 一生懸命目を凝らしてうちわを探して、人のペンライトに躓きながらも花道を歩きファンサに励む美勇人くんは、私が思っていた以上にとても素敵なアイドルでした。

 センステをサイドから見る立見席にいた私の、一番見やすい場所に彼のポジションがあることが多く、その偶然も嬉しかったし、とても幸せでした。目の前で踊ってくれた!とかじゃないのにね。ポジションがひとつ横にずれていたら、美勇人くんのダンスは見れていなかったから。

限りなく透明な糸を辿って
その先にある単なる偶然を本気で
運命だと思ってんだ、笑えるだろ?

 心とココロ / UVERworld

 こんな言葉も頭によぎってしまうお花畑ぶり。まあ、運命とは思ってないです(笑)。

 美勇人くんを好きにならなければ絶対に知ることのなかった応援屋の劇中歌が流れたときも、ものすごく嬉しかった。

 

 やまだのことも大好きだけど、彼の仕事が決まるよりも、美勇人くんの仕事が決まるほうが、今はすごく嬉しいです。

 モデルデビューも、映画出演も、ZeppでのLove-tune単独ライブも、本当に本当に嬉しくて。

 「一緒に夢を叶えよう」というのは変な話だけど、私が今「夢を叶えていく姿を見ていたい」「仕事がほしい」と思っているのは美勇人くんです。

 

 やまだも好きだけど、応援したいのは美勇人くんなんです。

  

 今の私は、いちばん応援したい人を担当にしたい。

 そこに気づいたとき、「美勇人くんだけを担当にしたい」が勝ちました。

 

 

 遠征できずに歯がゆい想いをすることが今以上に増えることでしょう。今まさにそれの真っ最中で、今日かららぶEX単独で盛り上がるTLにミュート祭り開催中です*2。美勇人くんが好きすぎてミュートっていうのすごい面白いんだけど、、みゅーとみゅうと、、、そんな日もあるさ。。。9月大丈夫かなあw

 でも、今はLove-tuneが単独で東京ドームに立つ日まで応援したいと思っているし、何よりも美勇人くんの歩いていく道を応援していきたいと強く思っています。

 

 ということで、ついにやまだから美勇人くんに降りました!!

 

 以上、担降りブログでした~。

 タラタラ4500字も書いてしまった……お付き合いいただいた方ありがとうございます!

 

 

 

 

 

*1:最近の私にとっては長いほう

*2:1日で終わりました☆

えびコンの話をもう一回するよ

 昨日休みを取って、3回くらい応援屋を見ていた。何回見ても本当楽しくて好きな舞台。Deliciousとサポーターズにニヤついてしまうーーーー!

 で、えびコンについて思い出したこととか、書いてなかったことが頭の中を漂っているのでもう一回ついて書きたいと思いますよー。そんなに中身ない、かつ、同じ内容も出てくるかもしれない。ネタバレもぽろぽろすると思うので、お気を付けください。

guru.hatenablog.com

 なかなか必死に書いたレポはこちら↑↑。バックJrの話が多くてすいません。えびさんたち本当にかっこよかったし楽しませていただきましたーーーまた行きたい!! 円盤化たのしみ!!!! ツアー9月半ばまでか~~来年かなあ、、、

 

 さてさて、今回のツアー、セトリや演出構成はとっつーが担当したとのことで、ふみきゅんが担当していたSLTとは少しテイストが違うな~と思っていたので納得。星形のステージもよかったなー。外周ないと寂しいものかもしれないけど、私の見てた場所からは死角がなくて最高だった。星にこだわるとっつーとても愛おしい。。

 グッズ列や会場内を見ていても、星柄を着ている、身に着けている方がとっても多くてそういうのいいな~~素敵なモチーフだな~としきりに思ってた。ピアスやイヤリングのアクセサリーだったり、シンプルにTシャツだったり、ネイルだったり、ヘアゴムだったり。ハートってちょっと身につけるのに抵抗ある人いると思うんだけど、星って性別年齢問わずイケる気がしていてとても羨ましかった(笑)

 コンサート全体を通して、本当に5人って見やすいんだなぁと改めて感じたのと、曲のつなぎが本当にうまくて滞りなく進んでいく感じが気持ちよかった。

 とっつーがギターを弾く姿をちょこちょこ見るからか、ロッカー(Rocker)なイメージを持っていて、らぶバンドを存分に使ってロックな曲を並べたブロックは本当にしびれた。もちろん空から星が降ってくる、それに乗るなんて突拍子もない演出もかなり驚いたけれど、畳みかけるバンド曲には「さすがとっつー、ロックだぜ!!」と思わずにはいれなかった。

 とっつーのソロ曲は、大学生のバンドみたいなキラキラしたフレッシュさもあり、すごく楽しそうに歌って演奏しているとっつーの姿が印象的だった。さなぴーがとっても楽しそうにぴょんぴょんしていて、怜央もニコニコで、美勇人くんも口ずさみながら楽しそうにベースを弾いていた。もちろん萩ちゃんも。みんな音楽が好きなんだなあと感じた。とっつーの歌も語りもよかったなぁ、、、声がいい、、ほんとに、、、

 えびのコンサートは、なんか本当にアットホームな空間というか、家族みたいなやさしい雰囲気が流れている気がする。それが最後の「俺たちとみんなでー!?」に繋がっていくんだなぁと思っていて、あの掛け声を初めて聞いたときは妙に納得したものです。本当の意味でみんなで作り上げているものなんだなぁと、えびコンを体験して思った。俺たちがやりたいものはこれです!ドン!!って投げっぱなしじゃなく、ファンのことを考えて色んな構成を考えてるんだろうと感じた。

 「アイドルぶりを披露するコンサート」っていうよりは、「みんなで集まって楽しいことをするコンサート」みたいな。ジャニーズどうこうじゃなくて本当にエンターテイメントの塊なんだよなー。誰が好きとか、グループが好きとかなくても、「楽しいから一緒に行こうよ」って誘うことのできるコンサートだなと思った。行けば好きになれる。本当に楽しい。もっともっと、男性の来場も増えていいのにーって思ったな。

 他担が感じていることなので、担当さんたちからしたらとんちんかんなことを言っているかもしれませんが……私はそう思いながら見ていました。まぁ担当さんたちがチケット取れなくなったらそれはそれで困るだろうって頭はあるんですが(笑)、いろんな人におすすめしたいくらい楽しかったです。

 

 夜、終わり際のMCで、はしちゃんが「彼氏でも彼女でもないのに愛してるって言える関係ってなんだろうね」みたいに話し始めて。そのくだりがすごく胸に響いた。この気持ちをなんていえばいいのかな~ってはしちゃんがとても素敵だった。みんな俺の彼女!!!って言われたときにはもうやられた、、、はぁ……はしちゃん~~~~~~!!

 あとMCではしちゃんが「ふみと」って呼ぶのがしんどすぎて「そうなの!?ふみとなの!?!?*1」と思って変な声でそうになったし興奮した。ふみきゅんのことどう呼ぼうか考えてたけど、はしちゃんの「ふみと」がよかったので「ふみきゅん」と呼ぶことにした。かわいいよね~~ふみきゅん。。。ソロ曲は死ぬほどかっこよかったけども。。

 SLTの「S L Boy」の「イイ男」がイイ男すぎたのが衝撃でそれから結構やられてるw。今回のソロはどう演出するのか楽しみにしていたけど、映像から曲の冒頭からはちゃめちゃにかっこよくて最高だったなー。映像がもう神がかってて誰あれ考えたの、、、、好きしかないぞ、、、オタクぜったいすきじゃんねアレ、、、、、

 そうそうソロ曲で思い出したけど、えびコンってソロ曲をフルでやっているのがすごいなと思って。メドレーみたいに繋げていく曲もあればソロはフルでやるってスタンスが素晴らしいーーとSLTと今回のを見て思う。

 

 Jr.担として見ている分には、本当にえびさんはたくさん出番をくれてありがたいな~~と思っていたんだけれど、それだけ「起用している人材をうまく使っている」ってことで、それもすごい才能と思う。こうしたらJrのファンも喜んでくれるとか、彼らのこともよく見せられるとか、どこまでが意図的なのかはわからないけど。そこまでも考えてそうだけど。

 5人だけで見せる曲も、Jrを使って華やかに楽しく見せる曲も、効果的に使い分けているのが本当に素晴らしかった。2番が始まるタイミングでLove-tuneを出させるとか、盛り上がるところでパッと出させるとか、「ここはこう見せたい」ってビジョンがはっきりあるんだろうなーって感じる部分が随所にあって。バンド曲のブロックもLove-tuneをつけたからこその選択肢に思えて、うまく使ってもらってるなぁとありがたかった。まぁ、らぶバンドがいなくても関係なかっただろうけど、その間ステージに上げてもらえたことがすごく嬉しかったです。

 ここまで色んな要素を効果的に使ってのステージングができるのってやっぱりすごい。この曲は5人で見たかった!!!よくぞ!!!!って興奮した曲もあったし、ここでバック出すのーー!最高ーーー!!っていうのもあったし、本当に全体の完成度が高くて、それでいて楽しいコンサートでした。

 あとJrたちの衣装も素敵だった。SLTもそうだったし、今回はらぶだけでなく関ジュの子たちも夏らしいかわいい服着させてもらってたなー。あれは今回用だったのかなあ。

 

 こんな感じで雑感をつらつら書いてきて最後どうでもいい話なんだけど、
 グッズに並んでいるときに、なかなかセクシーな巻き髪のお姉さまが前方に並ばれていて、その方を見た瞬間「だれの女!?」と思ってしまった自分がものすごくおもしろかった。「誰担だろう」じゃなくて「だれの女?」って思うのやばくない?? 別に女なわけじゃないだろってすごい突っ込んでしまったけど、ぼっちだったからその話を誰かにすることもなかったしここに書くw まぁでもねえ、、、担当ってそういうニュアンスもあるじゃない。あるかな? ないかな??w 年頃がぴったりなお姉さんだったから余計思ったのかな!!

 夏はライブの予定を立て続けに入れてしまっていて金銭的な余裕があまりなく、ペンライトだけ!!!と決めていたけど結局全員クリアファイルをプラスして買って帰ったんです。でも楽しいコンサートだったから、パンフレットを買えばよかったと……思い始めるとやっちまったなぁ感がふつふつと湧いてくる。今後、ツアーが終わったらドル誌で語られる話を熟読しようとおもいます。は~~~。

 2日経っても余韻がすごい………できることなら神戸入りたいけど魔女宅のすぐあと、、、むり、、、、、涙。アリーナとホールで演出がどう変化するのか期待感と見ごたえがありすぎるA.B.C-Zさん本当さすがです。あ~~~いきたいな~~円盤にひたすら期待~~~~~!!!!

 

 

サクッとだけど、おわり!

 

 

*1:知ってたと思うんだけど実際に生で呼んでるのを見るとやばかった、なんかやばかった。

【ネタバレ】A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55 大阪

行って来ました、

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55!!!
 (2017.07.30 大阪城ホール

 

ネタバレばんばんしますので気をつけてーーーー!!
恐れ入りますがバックについていたLove-tuneの話が多めですーーー!

 

 前置きが長いんですぐにレポ読む方は下へどうぞ!!

 えびコンに行こうと思ったきっかけは、美勇人くんを好きになって「応援屋」を買い、「SLT」を買い、としているうちに、A.B.C-Zがすごく好きになって「えびのコンサートは絶対楽しいな」と思ったからでした。

 応援屋も「ジャニーズってこんな素敵な舞台(脚本的な意味で)やるんだ!!」と驚いたし、音楽も振付も演出すごくよくって好きで。SLTもよくリピートしていたし、チケットを申し込むときは誰が好きって明確にはなかったけど、昨日は赤い格好で行きました(わかりやすい)。

 私の中のA.B.C-Zは長いことA.B.C with 東新くんで止まっていて(-Zですらない)、何をどう認識していたのかもよくわからないけど、センターやってる橋ちゃんがJJの頃の橋ちゃんと一致するのにも若干かかった。知らない子がセンターやってるみたいな認識すごいよな、、、ジャニオタから10年離れるとこうなる。。

 SLTは注意事項のOPも、始まり方もセトリも構成もすごく素敵で、なによりもライティングがめちゃくちゃ綺麗で私好みだった。代々木の天井ごと好きだった。特にダンスコーナーと「渚のBack in your heart」のペンライト演出が神がかっていて好き。あれやりに行きたい!!と心底思ってた。

 Jr担としてはバックが誰かなってのもちょっとあったけど、それが誰であろうとえびコンそのものが絶対楽しいと思ってたし、初日に入るのは面白そうだったから当たった時は嬉しかった~~~。

 バックに担当がついたらラッキーだけどないよね〜〜はっはっはと思ってたから、今回Love-tuneがメインバックを務めていて本当に嬉しかったし、もう本当にありがたかった。

 何よりえびコンはやっぱり最高だった!! めちゃくちゃ楽しかった~~~。「ザ・ジャニーズ」なエンタテイメントだったし、演出も機構も凝ってて。ライティングもやっぱりきれい。チケット当たればまた行きたい! 友達も「えびコンは楽しそう」って言ってたから、興味あるなら次は誘ってみたいな~。

 

 さてさて、いきなり前日の夜から振り返ってレポに繋げます!

 まず土曜のらじらーで、謙ちゃんが大阪にいると聞いて鳥肌が立った! Love-tuneがバックか?って噂はあったけど、全公演つけるスケジュールではなかったから全然信じてなくて。まぁうちわは一応用意していたけど、置いていくか迷ってた。でも、らじらーでもこれは来るかもしれないぞと。もちろん確定ではないから、あまり期待はせずに、と思いつつ予定通りうちわは持っていくことにする。

 でも当日の朝、出だしからつまづいた。

 JUMPコンのときはいつものメンバー4人で車で行くことが多いのだけど、今回はわたしひとりだったので電車で行くつもりだった。駅に着いて往復の切符を買ったら、夜の大雨の影響で電車が止まっていたと。えっそれ買う前に言ってくれん??笑 しかも、途中の駅で止まるらしい。うそじゃん。

 予定してた電車に乗ったものの、なかなか出発しない。迷う。帰りの電車もアンコール前に帰らなきゃいけない電車の時間だったし、もしLove-tuneがバックにつくとしたらそれは困るし、と逡巡すること10分、車で行くことにする。電車の到着予定時刻よりもかなり早く着いたーー知ってたーーー。

 グッズもすんなり買えて(曇ってたけど蒸し暑くて汗はやばかった)ご飯を食べ、フォロワーさんとチケットのやりとりをさせていただいたあとに入場列に並んだけどまーーーなかなか入れてもらえなくて死ぬかと思った。

 今回は昼も夜も立見で、80後半・90後半だったんですけど、見る場所選びはかなり余裕でした。Jr.祭りのときは800とかだったから選ぶ余地もなかったけど、100番以内なら全然いけるなーーって印象。でもスタンド最後列の方が立った場合の想定をするのがやっぱり難しい。

 

 会場はこんなかんじ。

f:id:cazucca:20170731125003j:image
 iPhoneの手書きで書いたからひっどいけど臨場感が面白いからそのまま載せる。配色ミスったけど、もちろん上が赤で 青・黄、紫・ピンクです。外周はなく、花道とバクステ。バクステはほとんど使用せずかな~。センステの真ん中付近には円形ステージが内蔵されていて、上がったりまわったりします。

 メインステにはいっぱいブロックが積んであってそれもまたよい。華やかだけどシンプルでもあり、かっこいいセットだった~~。

 立見で入って、両部とも青い花道の先にいました。囲いがある小屋みたいなところ*1にいて、まずセンステがドーンと真横から見れて爽快。横に柱があるから視界がそれほどよくない、、、かと思いきや、周りの方と協力して、順番に見たり、横に移動させてもらったりしながら、メインステも問題なく見られました。誰の頭にも邪魔されず、座ったり屈んだりしても*2センステはよく見えるし、メインステも中央部分がかなり見えて視界は相当よかったです。

 美勇人くんがベースを弾く位置としては逆側なんだけど、手前だと人の頭が邪魔になって見えないパターンが多いので、遠くても近めでもどうせ双眼鏡で見るんだし、対角線上に位置を取るほうがいいだろうと予想しての位置。ベース弾いてる姿は漏れなくばっちり全身しっかり双眼鏡にインしてました。最高。

 その場所でご一緒してたのは関ジュ担の方たちで、お昼も夜も偶然同じ方と同じ場所を選んでいて(見やすかったしお互い担当がよく来る場所だった)いろいろとお話聞かせてもらえて楽しかった~~!  本当に親切にしてもらって、気を使ってもいただいて、大変ありがたい出会いでした。

 長々すいません!

 

はい、開演!!! ※記憶は曖昧!!!らぶ出演の演目は赤字!

 

01.Reboot!!!

 りぶーと始まり、最高にかっこよかった!!!! めっちゃ沸いた!! そっと双眼鏡を構えてはしちゃんのお顔を拝見したら超絶かっこよくて惚れた……かっこよすぎる……今のアッシュ系の髪色と、おでこ出してるヘアセットが好きすぎるよお……。Rebootのアクロバットはやっぱり新鮮に「お~~~!」ってなるし凝縮されたエンターテイメント!!!

 

02.Take a 5 Train

 ここからLove-tune(と、関ジュ!)ぞろぞろっと登場!! ジュニアっぽい青い衣装だった。らぶ、いる!!!!!!!わかった瞬間本当に嬉しかった……ご一緒してた方も担当さんがいたみたいで「いるーーーー!」となる私たち。

 もうねー、Take a 5 Trainがめっちゃくちゃ好きな曲で、これを踊ってるらぶが見られてすっっっごく嬉しかった。この時点でもう泣きそうだった。美勇人くんがよく見える手前の位置で踊ってくれていてそれも嬉しかった。。私が美勇人くんを見るときはいつも立見だけど、いつもいつも私が見えるところに来てくれるしいてくれる、それが嬉しくて仕方がなかった。

 この曲のステップ(ラビットステップ??)が好きなんだけど、それをさ~~~!らぶも一緒にやってるのがさ~~!!最高でさ~~~~!!!! もうほんっとうにかっこよかった、美勇人くんの足さばき最高だった。センステはすごくよく見えて、足元までしっかり見えていたのが何よりよかった。美勇人くんの足さばき本当に美しい、、足ほそい、、、長い。。

 えびさんたちと横一列になるの(上から見ても壮観)と、円になって腰をもって電車ごっこみたいになる振付が可愛すぎた。

 

03.ずっとLOVE

 この曲だったか定かではないけど、らぶメンたちが花道に散り散りになっていて。ここでも美勇人くんはいちばん近くに来てくれて(以下同文)。そのとき私は美勇人くんのうちわを持っていたけど、肉眼で見ていてなんとなくの表情しか見えてなかった。でもこっち(高いところ)に向かって手を振ってくれていて、もしかしたら見えていたのかもしれない。さすがにないだろうけど(笑)、ちゃんと高いところにもしっかり両手を振ってくれるのが素敵だなと思った。

 そのあと萩ちゃんが手前に来て、ちょっと美勇人くんは花道の中ほどに。

 

04.Walking  on Clouds

 らぶはメインステに移動!かな! 間隔あけて横一列で並んでたと思う、美勇人くんは上手の2番目。上手1番は怜央。テンション高くて可愛いうちの最年少。この曲もすごく好きなの~~出させてもらって嬉しかった~~。この曲のC&Rたのしいよ~~~~~!!

 

05.SPACE TRAVELERS ~ 5 Rings ~ In The Name Of Love~誓い ~ SPACE TRAVELERS

 トランポリンがすっごかった!!!!! これぞA.B.C-Zって感じのアクロバティックで迫力のあるパフォーマンスで、歓声もすごかった。SLTよりも数段レベルアップしていてかっこよかった~~~!

 

06.YOU ARE A FLYER

 夜、はしちゃんが花道沿いのアリーナ席にいた少年に気づいて、下に降りて抱っこしていて死ぬかと思った。抱きかかえてうろうろして、カメラアピールした挙句チューしててヒエエェェだよ。これが5年10年してその子がジャニーズに入ってみなよ!!!すごいよ!!

 

 この曲終わりに、キーボードとドラムが台に乗って運びこまれる。はいしんどい。あっ出てくる、ってわかるから。もうね、、、、

 

07.Dolphin

 とっつーーーー!! &らぶバンド(さなはぎれおみゅ)。とっつーの歌声すごく好き!!! セリフもよかったーーーー。

 ドラム・キーボード台の椅子に座るはぎれおが、イヤモニをつける瞬間が最高なので該当担はお見逃しなく。さなぴーが楽しそうにニッコニコでぴょんぴょんしながらギター弾いてるのすごく可愛い。怜央も余裕をもってにこにこしながら弾いてた。キーボードが2台あって、弾き分けてるんだろうね、手前のは座って、上にあるのは立って弾いてて驚いた。基本的に美勇人くん見てたから「あれっ怜央立ってる!?」っていう(笑)。

 衣装は萩ちゃんがアロハシャツっぽい(たぶん)、美勇人くんはわりとシンプルに爽やかだぼっとしたTシャツに、、、、なんだったかな。さなぴーはパステルピンクだった? 怜央がミントグリーンのパーカー着てた覚えだけはある。

 美勇人くんもちょこちょこ跳びはねてたけど、夜の方が跳んでたかな。夜はどこか解放感があったように思えた。初日初回はやっぱり緊張してたのかもしれない、リハの時間が十分取れてるようには思えないしね。。

 

08.OTAGAI☆SUMMER!

 導入のムービーがかっこよすぎて死んだ。まじほんとなにあれ。かっこいい。Blu-rayで繰り返し見られるのが楽しみ(もう買う気満々)。いやもうほんとにかっこいいんだよーーーーーーー!!!!!!!ふみきゅんんんん!!!!

 もちろん曲が始まってしばらく1人でパフォーマンスするふみきゅんも最高にかっこいい。ふみきゅん、昔はあんまり好きじゃなかったんだけど、今は「好みの顔では……??」と思っている。私ははしちゃんが好きだけど(笑)、ふみきゅんもやっぱり好きだな~。メインモニターに映る映像もすごくかっこいい。演出が天才。

 らぶからはみゅうたろう以外の、さな・はぎ・もろ・あら・れおが途中参加。いーきもちーーーー!くらいからかな? なんかちょっとひらひらっとした白黒の衣装だったような気がするけど幻かもしれない。ベトナムフォーーー!あたりを昼は下手に移動しながらやってたんだけど、夜は上手で。さなぴー見事に間違える。軽快に間違えてて。らぶ担としては可愛かったけどダメだ!!!!しっかり!!!

 

09.Endless Summer Magic

 この曲すんんごい好きだから、らぶ出なくて残念、、、一緒にやってほしかったよ~~。関ジュの子たちが盛り上げてた。可愛かった~。ザ・夏って感じの爽やかな曲でいいよね。

 曲中にルーレットに当たったメンバーに対して指令が出るっていう企画があって、「昼)MCでキュン台詞を言う:塚ちゃん」「夜)私服で出る:五関くん」だったんだけど、ルーレットをスタート&ストップさせるのが謙ちゃんで、当たったメンバーにCO2(ケムリがシューって出るやつ)担当が美勇人くんだった。塚ちゃんは関ジュの子を盾にしてたけど、五関くんは普通に受けて、そのあと美勇人くんに拳振り上げててキュートだった~~~~五関くん~~~~。

 みゅうたろうは他のメンバーと比べて出番が少なかったからの配慮なのか、衣装もこの時だけに別のものを用意してもらっていて。美勇人くんはパステルブルーの丈が長いアウターを着てる感じだったかな。すごい可愛かった。もうそれもありがたくって。。。みゅうたろうを見て、「はぁ、レンチとキノブーなんだ、、あれが、、、、あのビジュアルが映画に収まってるんだ、、」ってひとり盛り上がってた。

 

10.Summer上々!!

 踊るの楽しい〜〜!!センステからメンステまでの花道を駆け抜ける関ジュの子達が、順番にふたりずつカメラに映っていく演出ほんとさすがえび!!!関ジュ担さんも喜んでた〜〜。

 

11.アツあつ!? 夏フェス ~ Delicious

 塚リカちゃんが想像以上に可愛くてびびった。もうちょっとギャグっぽいというか(充分ギャグかもしれない)アウトなものだと勝手に思っていたけど可愛かった。

 らぶからはみゅうたろう以外の、さな・はぎ・もろ・あら・れお。女装!!!!!顕嵐ちゃん安定の可愛い、怜央がすごい似合ってた。美人だった。さなぴー、うん、お声が可愛かった。萩ちゃん。うん。後から気づいたけど綾波みたいな感じだった(笑)。もろちゃん。ソバージュ。出オチ要員素晴らしい。

 もうねー怜央がお姉さんキャラで、セクシーだった。一皮剥けちゃうぞがセクシーすぎた。健康的なセクシーてやつよ。いやあなた最年少でしょ!?なんだけど、萩ちゃんがおとなしいから寄り添ったりしてるの。踊りもしっかりしていて、顕嵐ちゃんはちょっと照れ屋というかダンスも控えめな感じ。キャラづくりちゃんとしてるところがさすがLove-tuneです。ハイソックスと胸の役名イニシャルがメンカラで、さすがえびさん。デニムのショーパンに短めの黄色Tシャツで、ヘソチラするのが最強で最高だった。周辺の人たちが足ほそっ!って言ってくれていました。笑

 塚リカちゃんポールダンスがすっっっっごかった!!!!あれも感動した~~。脱いだ瞬間の歓声も本当にすごかったし、胸筋がすごいからちゃんと胸がある感じもあって(笑)、太ももの筋肉もすんごいし見ごたえ抜群。怜央がそれずっと見上げてるのが面白かった。

 あと橋ちゃんが最高でした。ポ誌が軽くやらかしてたJUMPの企画じゃないけど、抱かれたいカラダってこういうやつだよ!!!!と思ったよ。いやーーーいいもの見せてもらったーーって感じだったーあれはすごいわーーー。ananで脱ぐやつやってくんないかな~。やったことあります???肉体美だわ~~。

 びっくりしたDelicious!!!!! このDeliciousとアンコールの「サポーターズ」は応援屋見てすっごく好きな曲だったから、この機会に聞くことができて本当に嬉しかった。Deliciousのらぶは、衣装を変えて黒のスーツに白シャツ、黒ハットでまたスタイリッシュに決めてきてた。本当にさっきと同じ人たち???笑

 やっぱり、応援屋を知ったのも美勇人くんキッカケだったから、いてほしかったなーーという気持ちは多少あったよね。横アリでは出てくるだろうかと思いながら怜央を見ていた。あと顕嵐ちゃんがハットかぶったときの威力よ。。上から見てるから表情はわからなかったんだけど、それはそれで良い景色だった。顔が見えないのもいいよね~~。

 

12.Moonlight Walker

 引き続き、衣装もそのままで、さな・はぎ・もろ・あら・れお。この曲も好き……ってずっと言ってるね………えびは好きな曲ほんとにいっぱいある。。

 

>MC

 いろいろ宣伝など。らぶの様子をメモしなきゃと思って、拍手したりはしながらもスケジュール帳にばーーっとメモ。ペンがなくってアイライナーでメモるよね~~。まさか自分がメモする人になるとは……。はしちゃんの舞台観に行きたい~ふみきゅんのも、評判よかったし行きたかったなあ。。

 終わり際に「東京から来てくれてます~ SixTONES〜!」ってふみきゅんが言って、Love-tuneが赤黒オリジナル衣装でぞろぞろ出てくるんだけど*3謙ちゃんが「Love-tuneですよ(笑」ってゆるーく言ったら(印象)、「やっぱりLove-tuneは上品だなー。Snow Manとか『いやいやいやいや!!』って」「ちょっと待ってくださいよー!って言うよね~」な話をw。夜は謙ちゃんがわざとらしく「いやいやいや~!」って言ってたw。

 Zeppの単独公演のことについて触れていただいて、すごいね、Zeppすごいねと、お花贈るねってお祝いしてくださる言葉がとても嬉しかった。えびって本当に優しい、後輩思いというかさ……いい人たちだし、ほんと、これだけ後輩のことも立ててくれるって言ったら変だけど、彼らは間違いないなぁっていうか。「Jr時代に自分たちがしてもらっていたことを後輩に返している」って言ったらそれまでだけど、なかなかそれをここまで実践してコンサート演出を考えてくれるってなかなかないんじゃないかなあ。その心意気がとっても応援したくなる。自分たちに自信がないと出来ない事だと思うし。あと、らぶからは顕嵐ちゃんの魔女宅が大阪公演まだ残ってるのでその宣伝を。

 話が終わったら、昼は、塚ちゃんの胸キュンセリフからの流れでCALLをw。

 夜は、ふみきゅんが「他にはないの?」って宣伝を促してくれました。らぶの話を仕切ってた謙ちゃんはもろれおの体育会TVの話をして、上田くんのこととか陸上部の練習の話なんかをして一旦終わったんだけど。

 ふみきゅん今度は「美勇人、元気?」って振ってくれまして。美勇人くんマイク持ってなかったから顕嵐ちゃんのを借りて「元気ですよ」「河合くん俺への対応雑じゃないですか?笑」なんて言ってる中で、「美勇人のことはこんなちっちゃい時から知ってるんだよ!!」って話の流れでHip Hop JUMPの話が出て「おぉおお、、、、」ってなってた(笑)。

 えびメンに色が白いって言われた美勇人くんがちょっともごもごしつつ「北海道行ってたんで」「それで白いの?!」「北海道行ったら白くなるの!?」と言われつつも、誰もみゅうたろうの映画の話はしなかった。さすがふみきゅんと言いたくなる自然な流れだったし、その話を振ろうとしてくれてたのかなーとは思うんだけど、あえて言わなかったのかな~と感じた。「あえて」の真意はわからないし、謙ちゃんが自分の話をしなかっただけかもしれないけど。まだまだ先の話ではあるからなぁと思いつつ少し気にはなった。少しね。

 昼のとき、私たちの後ろにいたお姉さま方がLove-tuneを見て「みんなスタイルいいよね」と言ってくれて嬉しかったでーーーす!!!

 夜は、ふみきゅんが「こうやってJrのグループが1曲丸ごと披露できる先輩のコンサートなんて、A.B.C-Zのコンサートくらいだよ」「他の子たちとメドレーだったり、短かったりするからね」って冗談めかして言ってて、でも本当にそれはそうだなと思った。先輩のコンサートの中でJrが歌わせてもらえるのは本当に有難いことで、それを当然だなんて思ってはいけないし、もう本当に感謝しかなかった。感謝感謝感謝!!

 だって、わざわざドラムセットとキーボードも出してもらって、楽器がある分だけ手間がかかるのに!! SLTのときはカバーだったけれど、今年はオリジナル曲をやれることがまた嬉しかったーーー!!!

 

13.CALL (Love-tune

 スタンバイ間際に、さなみゅが背中合わせに立って構えてるのがめちゃくちゃCALL感あってやべい。つよい。空男はいなかった。歌唱中、でっかいメインモニターにどどーーーーんと映し出されるのがやっぱり最高、、、昼は双眼鏡で美勇人くんを、夜はモニター見ていたけど、モニター………いい。

 ソロパートの一部で、ステージセットの照明がメンカラになっていて感動した。さすが。メインステージだけでパフォーマンスさせてもらったんだけど、夜は謙ちゃんが花道を少し進んだ場所で叫んでいて、それがアツかったな。走り出すCALLもまた見たい~~~。私ひとりだったけど思いっきりC&Rささせてもらって、周りの人たちもだんだん声を出してくれるようになっていったよ。夜の方が一体感あったかなー。ありがたかった。

 夜は謙ちゃんがオーマイガッの前に、MCの内容を受けて「A.B.C-Zのみなさ〜〜ん!!ありがとうございまーーす!!」って完璧な尺で叫んでて感心した。さなぴーが最初ギター弾いたあと、怜央のキーボード台の近くにギターを収めるんだけど、ものすごく慎重に大事そうに立ててて愛しかったw

 

14.Glory Days

 めっちゃ良い曲。生で聴くとまたよき……。えびは歌うまくて、ってか好きな声質の人が多い。よくあんな踊ってあんな歌えるもんだなと感動する。ハーモニーがすっごく綺麗なんだよね〜〜。

 

15.Lily-White

 真っ赤な衣装に早替えしたえびが最高にかっこよかった。引っ張ったら衣装すぐ切り替わるやつ!! 生で見れた……そしてこの曲も好きで!!!(そればっかり) 本当ずっと聴いてたもんアルバム。良い曲ばっかりで本当おすすめの1枚なんだよ~~~~! 全員で赤い衣装を着るイメージがあまりなくて、新鮮だった。この曲はセンステで、真横から見るアングルもよかったな。

 らぶは全員、黒のシャツ、細身のパンツに、赤いリボン(蝶ネクタイ)とサスペンダーで、スタイリッシュ。このときの美勇人くんが、こちらを正面にして踊ってくれていてしぬほどかっこよくてしんだ。本当に本当にかっこいいよ、、、、

 

16.Whippy

 ここは後ろ姿の美勇人くん。橋ちゃんごしに美勇人くんを見る。Whippyすごいよかったなーーー、これも好きな曲~~~!

 

17.Fantastic Ride

センステの円がせり上がる。美勇人くんがチラっとしか見えなくなったので手前にいた怜央を見る。このステップ好きーーー!と思いつつ怜央を見る……怜央もダンスうまくなったな~~すごい楽しそうだな~~~かわいいな~と思いつつ見守る感じになってしまうw。Fantastic Rideの前後の繋ぎがすごくよかった!  えびさんは曲の繋ぎがとてもいいーーー。

 

18.今日もグッジョブ!! 

 センステの円が下がる、、、下がったことは覚えてる、、、、、、センステからメインステに戻ったことも覚えてる。この曲も踊るのが楽しくて、えびはそういう曲がいっぱいあっていいなあ。怜央がものすごいハシャいでたような気がする。

 

19.Mr.Dream

 五関さますごかった。まじ天界だった。息をのんだ。ダンスもすっごいよかったーーーー!!五関くんは自分のソロ曲はご自分で振付されるのかな??そのあたりとても気になったのでまた調べさせていただきたいと思います。

 そんなダンスをらぶは全員で。白のタンクトップに青いシャツ、フェイクファーのような羽ふわっとがついてて、ときどきはだける感じが最高。1度目はともかく2度目も美勇人くんと怜央を間違えてしまい悔しい思いをする笑。後ろ向いて控えてて、だんだん参加人数が増えていくみたいな構成だったんだけどそれがまたよくて。後ろ姿はなーー間違うんだよねーーーーー。

 足上げの振りがあってひとり「フゥ~~~!!」ってやりそうになった。美勇人くん、前髪が邪魔みたいでよくかきあげてた。

 メインステからセンステに移動するのにもフォーメーションを組んでるんだけど、美勇人くんが昼は変な位置にいるなぁと思ってたら夜は修正してきてて、やっぱり位置おかしかったのね、ってわかった。そんな、大きなミスではなかったけどね。上から見ないとわかんないと思う。

 

20.Fire in Love

 この曲アルバムでいちばん好きでーーーー!!!!橋ソロを除いてーーー!!!!! これはえびだけだったのがまたよかった!! すっごいかっこいい曲でパフォーマンスもめちゃくちゃかっこよかった。。。

 メインステで、炎が出るんだけど、カラーの炎があって驚いた。あれどうやってカラーしてたんだろう、、笑。この曲いつやるかなーー?と楽しみにしていたんだけど本当にかっこよくてテンション上がった〜〜。またBlu-rayでじっくり見られるのが楽しみだーー。真正面が楽しみー。

 

21.花言葉

 自分の結婚式に流したい曲No.1(ただし予定はない)。

 メインステで。らぶからは、みゅうたろう以外の、さな・はぎ・もろ・あら・れお。基本的には怜央を見ていたんだけど、ダンスがすっごく丁寧で。彼をあんまり意識して見たことはなかったんだけど(そりゃそうだ)怜央のダンスこんなにきれいなんだなぁと思った。サビの「最初は1本、やがては100本の花」の部分がすごくよかったから注目して見てみてほしい。ダイナミックなんだけど丁寧で、所作も美しかった。

 「幸せになろう」は日替わりなのかなー。はしちゃん……って思ったけれどそういう日替わり要素も好き。。 まぁ次の曲がはしちゃんだからそうなったのかな? 演出上の都合。。。

 

22.Love To Love You

 待ってました橋ソローーーー!!! 花言葉の曲終わりにライトがしゅっとセンステに集まって照らされるはしちゃんがもう最高にかっこいい。まじかっこいい。息を呑んだ。センステが上がっていくなか、赤のペンライトを背景にひとり歌う姿。まぁぁぁじかっこいい。。

 らぶは全員参加。ものすごく好きな曲だから、全員嬉しかった……。SLTでらぶをバックにつけて踊るはしちゃんがかっこよかったから、この曲でまた一緒に踊ってほしいなと思っていたのである。

 センステで円になってそれぞれ客席側に向いて踊るんだけど、ここでも美勇人くんが真正面に来てくれた。腕を伸ばして引き寄せる振付を、おそらく美勇人くんだけが腕を交差させて抱きしめるようにしていて。。全員はっきり見てたわけじゃないけど見える範囲ではそうだった。どういう解釈でそう踊ってるのかめちゃ気になる。口ずさみながら切なげな表情で踊ってて、曲がいいから入り込めるんだろうなぁーー本当にかっこよかった。

 

23.ドキナツ2017

 五関先生~~~~!!! ドキナツがまた楽しい曲で、振付に合わせて揺れるペンライトが本当に綺麗だった。今回のペンライトすごくきれいな発光で素敵だった。とつソロとふみソロのとき、ピンクとムラサキが違うよーーー!って人もちらほらいたけど、、、

 

24.テレパシー One! Two!!

 これも大好き!!!! 当日の朝のアラームこれだった。笑

 アクロバット、一緒に見てた方々と「おお~~~お~っ!」って歓声あげながら見てた。サビの軽快な振付がすごく好きなんだな~~。エアギターみたいな振りに身体が動くw

 

25.バンドインスト ~ A.B.C-Z LOVE

 いきなり萩ちゃんがドラムたたき始めるから萩谷担は注意してください!!笑 バンドインストは、短いけれど、さな・はぎ・れお・もろ・みゅ!! ばんっばんにメインモニターにどどどーーーーんと映るので最っっっ高にかっこいいよ!!!!!!! 短いけれどね!(短かろうと関係ない、本当に本当にうれしかった。かっこよかった。ありがたいです。)

 立ち位置は、はぎれおはステージの定位置(どこだ)(ごめん)だけど、美勇人くんは上手のブロック台の上、もろちゃんが下手のブロック台の上、その横のセンターよりの台にさなぴーだったかな??さなぴーはちょっと怪しい。すいません。

 曲が始まったら、美勇人くんのところにふみきゅんと顕嵐ちゃんが来る。夜は、ふみきゅんが顕嵐ちゃんと美勇人くんをぎゅっとして3人で映るようにしながらセリフパートを言ってくれて、そのあと美勇人くん爆笑してて死ぬほど可愛かった!!

 もろちゃんのサックスすごい上手だったなーー!!ビブラート効いててすごくよかった。かっこよかったーーーーー。吹いてるときも五関くんが絡んでくれてた。

 五関くん、この間少クラで謙ちゃんの背中ぽんってしてくれてたり、もろちゃんへの絡みだったり、良くしてくれているなぁとおもう。振付とかもしてくれているから関係も深くなるんだろうけど、そうやって垣間見えると嬉しいです。

 らぶめんもバンドチームは楽器なんだけど、謙ちゃん顕嵐ちゃんはにぎやかし的な感じで。関ジュがばんばん踊ってるのに振りとかたぶんなかったんだろうね。昼の謙ちゃん*4は後ろの末ちゃんあたり見ながらマネしてたけど、夜の謙ちゃんはわりとその振りを踊れるようになっていて成長を感じたw

 この曲からバンドメドレーな感じで、楽器隊(-もろちゃんの4人)は引き続き。

 

26.Finally Over → 27.僕らのこたえ ~Here We Go~

 星が降ってきた!!!!! いや、降りてきた!! あの機構はびびった!!!しかも動く!!!!!すごい!!!!!!!あれは本当に感動したというか、驚かされた……!! シャンデリアよりよっぽどびびったw えびのこういうところが本当にすごい。やろうとするのも、やるのも、本当にかっこいい。はしちゃんの「Bright Now」が生で聴けて震えた。

 美勇人くんはめちゃくちゃヘドバンするし、溜めて勢いよくジャンプするし、アグレッシブに動いているのに驚いた。本当にロックバンドのベーシストだなって感じ。スピーカーに足を置いたり*5、足を大きく広げてリズム刻みながら腰落としてヘドバンしたり。全力全開、全身でベースを弾いてるのがとても気持ち良さそうだった。自分たちが披露するとなると、歌うことも踊ることもしながらってことが多いし、弾くことに没頭していたんだろうなあ。。いつもきっとそうなんだろうけど、テレビでしか見たことがないから「こんな風にベース弾いてるんだなぁ」というのは新たな発見でもあった。

 でもほんとに前髪が邪魔だったみたいで、ベース弾かなくていい部分で何度も前髪をかきあげて、デコ全開にするんだけど当然またヘドバンしてぐっちゃぐちゃになるという繰り返しだった。

 「僕らの答え」のときだと思うんだけど、さなみゅがステージの前の方に出てきて、その後ろで関ジュの子たちが横一列でめっちゃガシガシ踊ってて。けど、美勇人くんがアグレッシブに動きすぎててちょうど後ろにいる子が立ち位置下がってくれてたんだよね。その子も後ろに台があったからほんとにすごいギリギリまで下がってくれてたんだけど、ほんとに暴れててw。ぶつかる〜〜ぶつかるよ〜〜〜!って小声で言ってた(私が)。

 

28.Za ABC ~5 Stars~

 エモい映像のあとに5人だけでスタート。らぶは真っ白のタキシード的な衣装で登場。そのままエンディングへ……関ジュの紹介のあと、Love-tuneもグループでしっかりご紹介いただく。

 そのときに白似合ってるよって言ってくれまして。Zeppの話もまたしてくれていたかなー。頑張ってねとか、楽しみですね、とか。本当にずっと素敵な先輩なんだなぁ。。

 

 

>アンコール
29.Shower Gate→30.Revolution

 衣装は赤黒オリジナル衣装のジャケットなし。ジャケットなしも好き~~~~!!!! センステから登場した美勇人くんが、これまた青い花道へやってきてびっくりした!! いちばん近いところで、うちわをたくさん探して細かくファンサしていて、その姿が素敵だった。夜は投げチューしてるのを4.5回やっていて、その控えめな仕草が半端じゃなく可愛くてかっこよくて最高だった……。なにあの控えめな投げチュー信じられない………。本当にずっと、じーっと客席を見てガオーポーズしたり、ひょこひょこ手を振ったり、文字を読んだり、そういう美勇人くんを見たのが初めてだったから感動した。そうやってうちわ探して歩いてるから、関ジュの子が置いてるペンラにつまづくわ、踊ってる子の手にぶつかるわ、そういうのも可愛かったw

 青い花道の先からセンステに戻って、紫を通ってバックステージ付近に行ったときに定番のペンライト演出が始まるんだけど、ペンラの使い方が怪しかったのか、Jrの子と萩ちゃんも一緒に3人でなんか固まってた。そのあともペンラ変え変えちゃんと、、、やれてない!!!うちわ探してるから!!笑 ちょっとズレながらも(スイッチがどこかわからなくなるみたい)バクステを通ってピンクの花道を行って、昼はセンステ付近で末澤くんに絡んでた!! 行き先がぜんぜん違う末ちゃんの手を掴んで引っ張って黄色花道へ連行しようとしてて可愛かった~~~~すえみゅ~~!!!!

  そのあとメインステに戻っていったんだけど、右手にペンライト、左手は腰に当てて、ジュリアナのように8の字にペンラを回しながらずっとうろうろしてて、らぶめんにも絡んでて可愛かったw。夜は、美勇人くんが戻ってくる前に、謙ちゃん含むらぶメンとえびの誰かがタオルぶん回して5人くらいで盛り上がってたんだけど、美勇人くんはそこに絡むでもなくスルーして下手側のお客さんの元へ行ったよ……アイドルだった……。

 ペンライトの演出本当にきれいだった。花道とかのライトも色を合わせてくれるから、本当にきれいなの。一瞬でバッと色が変わる瞬間は本当に圧巻だった。

 JUMPはメンカラのペンラじゃないしソロ曲もないから、ソロ曲で1色に染まる感じにときめいた。それもすごくきれいだったんだけど、やっぱ全体で色を揃えるのは会場でひとつのものを作っている感覚があって本当に素敵な演出だと思う。

 

31.サポーターズ

 この曲流れた瞬間の大歓声がすごかった!!!!!でもそれは昼の初回だけだった。。。。セトリ見てくる人が多いのねと思った瞬間。夜はパフォーマンスの驚きに対する声は大きかったけど、イントロ流れてキャーーー!は減ってたな。

 サポーターズは聴けると思ってなかったから本当に嬉しかったし! 「A!B!C!からのZ!~~」コールができたのがもう~~~最高だった!!! Deliciousのときは美勇人くんいなかったけど、このときはメインステに美勇人くんもいて、センターよりやや上手寄りかな。あの応援団みたいな振付のダンスをやってて、ひとり感動してた。応援屋に出てたJr、ここには美勇人くんしかいないんだなって。

 応援屋もかなり見てるから、本当に嬉しいセトリだった……。

 Jr紹介は、アンコール前と同じように関ジュ→らぶ。ここでは、ひとりずつ名前を呼んでもらって紹介していただきました~~ありがたい~~~~~。みんな楽しそうでほんとに可愛かった!!

 

 最後には「俺たちとみんなでーー!?」も出来て嬉しかった~~! グループごとに違うけど、SLTを見たとき驚いたポイントのひとつ。「We are~」とか「俺たちが~」が定番だと思っていた。。「俺たちとみんなでーー!?」はカルチャーショックだったなあ。笑

 夜はダブルアンコールあるのかな?ってくらい、「ぱんぱんぱんぱん A.B.C-Z!」大きな声で呼んでたんだけど、スタッフさんが拡声器持って退場を促し始めたから、拍手のあとにフゥフゥ↑↑叫んで終了。

 

 

 長かった、、、15,000字だw

 えびコンは絶対楽しいはず!という思いから行くことを決めたえびコンだったけど、担当Gがバックについて思わぬ幸運でした。らぶがバックについたら、えびをしっかり見れないかもしれないってのがあったから、正直ついてほしい、ついてほしくない、っていうのは微妙な気持ちでいたんだけど、、、えびコンはすごく楽しかったし、バック仕事を務めるLove-tuneが見られたし、私自身はとっても幸せで楽しく素敵な日を過ごせましたーーーー。

 思ったけど、らぶのオリジナル衣装ひとつだけどこうして持ち運んでもらって、着させてもらえるのもすごくありがたいことだよねえ。。。作ってもらうんじゃなくて持ち込み。いろんなバックの衣装あったけどね。特に黒スーツ+ハット、黒ずくめに赤リボン+サスペンダーは最高だったな……。えびは衣装のセンスがまたいいんだよな~元々踊る前提な衣装が多い? だから動きやすいシンプルな衣装が多いし、スタイリッシュでかっこいい。ごつごつゴチャゴチャした衣装もザ・ジャニーズだけど、それはそれ、これはこれ。素敵な衣装がたくさんでその点も素晴らしかった!

 

 会場から出て駐車場まで15分くらい歩いて、その間に有岡担ちゃんに電話して、話を聞いてもらった(笑)、誰かにこの嬉しい気持ちと幸せな気持ちを言いたくて仕方がなかったんだーーーー。

 帰り、眠気が心配だったけどめちゃくちゃ歌いながら踊りながら(運転に支障がない程度に)(ひとりで)帰るのも楽しかった。まぁひとりだとちょっと電車よりは割高なんだけどね。セトリを組んで帰ればよかったのに、アルバムをリピートしながら帰った。「ここがよかった~~~!」って叫びながらw。無事に帰宅して、今日も仕事に出掛けましたが、これはアカンと思って明日は夏季休暇を取得しました♡

 昨日は本当、ずっと幸せで、寝たら忘れちゃうし現実に引き戻されるのがイヤでずっと起きていたい気持ちだった、、、今日仕事しながらちょっとずつレポを書いていって、思い出そうとするけどやっぱりどんどん抜けていくのが寂しいなあ。映像としてほとんど残ることがない部分だから、もっともっと目に焼き付けたかった。。

 でも朝、目覚めたときはものすごい多幸感に包まれていたよ。すごく楽しいコンサートだったし、美勇人くんがすごく好きだなぁと思ってた。それを実感できることがとっても幸せだった……。

 めちゃくちゃ長くなって誰が読むのか!?状態たけど、
 本当に本当に幸せで嬉しくて、楽しくて、素敵な日でした。

 

 

 

 あと、そろそろ担当をひとりに?、と思ってます。またそれは別のところで。 

 

 

 

*1:Jr祭りで存在を知って、ちょっと気になっていた。

*2:後ろにも人がいたので気を使って屈んだりしていた

*3:ベース抱えて出てくる美勇人くんかっこよすぎてしんだ。キャップ着用あざっす!

*4:美勇人くんを双眼鏡で見ていると謙ちゃんがちょいちょいログインしてくる

*5:最初はちょっとおっかなびっくりだった。何回か。

Love-tune Live 2017、開催決定!!

2017.07.28

仕事中にチラッと見たiPhoneの画面。

メールの通知が目に入った。情報局からのメールだった。出演情報かなー新しい情報かなーと思いながら通知に出ている数行の文を読むと、

Love-tune Live 2017

の文字が。

思わず「えっ」と声が出た。デスクより高い位置にあるカウンターの影に隠れるようにして置いている iPhoneを引き寄せて、開きそこなったメールの画面を開く。見間違いかもしれないと思いながら、手が震えていた。

間違いなかった。

Love-tune Live 2017だーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

これは、正真正銘の単独ライブ!!!!!!!

会場はZepp DiverCity!!!!

10月18日〜20日、ど平日3日間!!!!!!!

 

震えた……すごいことが起きている。

これはものすごいチャンス。大きな大きな大きなチャンス!!!!

平日は会場を借りる料金がお安い。でも、集客のしやすさから考えても土日に興行を行う方が良い。会場スケジュール的にたまたまそこが綺麗にあいてたのかもしれない。急遽組み込んだのかもしれない。

わからないけど、本当に、すごい!!!!!!!


Zepp DiverCityのキャパはMAX2500程度*1で、クリエのときに「当日券に並んでる人たちも入れたらもっと大きいハコでライブできるのに。らぶのライブを見たい人がこんなにいるのに。もっと大きなところでも埋められるのに!!」とずっと言っていたのが実現したようで本当に嬉しい!!!

あのとき当日券に並んでいた人数もだけど、何よりクリエでのパフォーマンスがよかったからLove-tuneにやらせてみようと思ってもらえた、任せてもらえた、こんなチャンスをもらえたんじゃないかと思っていて。

ジャニーズJr.のいちグループが単独で、自分たちのグループ名を冠にしてライブをやるのってすごく久しぶりなんじゃないかな??それにジャニーズがZeppでやるのもなかなか珍しい!! バンドっぽい!!!!バンド感がすごい!! 「Love-tuneはそういうグループ」と認められつつあるってことだ!!!

Love-tuneはこうやってデカくなる、この道で行く、その宣言のような、彼らの為だけにねじ込んだような平日3日間のZepp。本当にもう、予想もしていなかった未来に連れて行ってくれるLove-tune、1個ずつ階段を登って着実に未来を目指すLove-tune。本当に本当にかっこいい。

 

ジャニーズネットにもさぁ………Love-tune

f:id:cazucca:20170729145157j:image

f:id:cazucca:20170729145202j:image

Love-tune

 f:id:cazucca:20170729145205j:image

めっちゃスクショしてしまうよw

Love-tune Live 2017」なんて素敵な文字面なんだろう。

かっこいいなあ。誇らしいなあ。2018も2019も、ずっと続いていくよね。絶対に。そのためには今年のこの、初めてのZeppを、単独ライブを成功させなくてはならない。大成功に終わらせなければ次はない。かも、しれない。

ライブはみんなで作るもの。Love-tuneだけでも、ファンだけでも、成立しない。成功しない。一体感が最高のライブを生むと思う。これは、らぶ担も試されてる!!!!!

やろうぜZeppツアー! 行こうぜ東京ドーム!!の精神で勝手に燃えている!!!!

グッズどうなるのか!!Myuto Moritaのロゴは使われるのか!?銀テは出るのか!?Tシャツやショッピングバッグ! ペンライトは!?!?予算はどうですか!!!??!?!?!?笑

本当に本当に、楽しみすぎるーーーーー!!!!!!!

 

mdpr.jp

 

 

 

 

 

  

*1:EXは1700でクリエは600

拝啓、26歳の安井謙太郎さま

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Happy Birthday Dear. 謙ちゃ~~~ん!!!

f:id:cazucca:20170720141433j:image

26歳の誕生日おめでとう!!!!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

Love-tuneの最年長最少、安井謙太郎くんこと謙ちゃん。

 謙ちゃんを知ったのはいつのことなのか全く覚えがない。とりあえず2016年3月に「4月かららじらー9時台をやる子」として名前を聞いたときには、「へえ! 安井くんが!」と思った記憶はあるから、「出来ジュ」と言われているらしいこと、謙ちゃん含む4人組に「Love-tune」と名前が付いたこと、そのあたりは知っていた。んだと思う。たぶん。わかんないけど。笑

 去年の9月かららじらー9時台を聴くようになって*1から、優斗くんに倣って謙ちゃん謙ちゃんと呼ぶようになった。とりあえずあだ名から入って親近感を抱きたいタイプのジャニオタ。

 

謙ちゃんはすごい。いつもそう思う。

 グループに対する愛情、メンバーに対する愛情、仕事の取り組み方、仕事への誠実さと真面目さ、頭の回転が速くて機転がきくところ、野心はあるけど悪意がないところ、苦手なことも仕事だ……ってちゃんと取り組むところ、アイディアマンなところ、個人としてもグループとしても魅せ方をわかっているところ、意外と情熱的なところ、出すぎないところ、言うときは言うところ、……すごいなぁ好きだなぁと思うところがいっぱいある。

 らじらーや雑誌インタビューにおいても、どういう情報を提供すべきなのか、どういう情報にファンが喜ぶのかとか、よくわかってるなぁと思う。この演出、構成の案を出したのは誰、って情報はとてもありがたい。積極的に自分たちのパフォーマンスについて意見交換しているのを知ることができてとても嬉しく思ってる。

 そして、ちょっとドジで天然なところ、最年少の太ももを抱き枕のようにして寝るところ、ラジオの投稿メール内容の読解がごくまれに怪しいところ、そんな「ふつう」に「可愛らしい」謙ちゃんも好きだ。人間らしくて愛おしい。

 謙ちゃんがよくLove-tuneメンバーを「RPGのキャラクターみたい」、「個性的なメンバーが揃ってるから、誰をセンターに置くかでそのひとの色に染められる」と表現するところが何とも好き。本当にそこはらぶの魅力だと思う。

 あまり考えたくない仮定の話だけれど、これから先、個々の仕事量に差が出て人気にも差が出てくるかもしれないし、そうしたらセンターを固定せざるを得ない状況が起きるかもしれない、そんな体制の変化があってもちゃんと受け止めなくてはと今から覚悟している部分がある。だからこそ、今のこのぐるぐる体制(?)はすごく尊い瞬間を見ている気がしてすごく好きだ。謙ちゃんがよくそういうアイディアを出してくれるのがありがたい。

 歌について。私にとって謙ちゃんの歌声は、好みではないんだけど、謙ちゃんの声そのものがとっても好きだから聴いててすごく落ち着く。歌ってても喋っててもお芝居してても、あ~謙ちゃんの声だ!!!ってなる。声がとっても好きなんだな~。

 ダンスについては基本的に森田美勇人に釘付けであるからしてよくわからない。ごめん(笑)。ひとりひとりのダンスがどうというのはあまりわからない人間。動体視力がよくないのと視野が狭いのである。

 去年、サマステのスペシャルパフォーマンスを少クラでやったとき、謙ちゃんの寄りで彼の手が震えていたのがすごく印象的だった。

 あと劇ラヂでのお芝居。鳥肌立つくらいの衝撃的な上手さだったなー。謙ちゃんの生身のお芝居もすごく見たくなった。映画とても楽しみなんだけど、舞台公演もいつか必ず行くぞ。

 私は謙ちゃんのことを全然知らなくて、今までの活動についてもファンの方のブログを拝見することでようやく知るに至ることが多い。だからこそ、まだまだ自分の知らない謙ちゃんの魅力はたくさんあるんだろうと思う。それを知っていけることもこれからの楽しみのひとつだ。

 

少し余談なのだけど、

 私は昔から、アイドルグループを好きになっても、そのメンバー内で「好きな子」と「それ以外のメンバー」に対する熱量、好きの差がかなりあった。それがHey!Say!JUMPを好きになって、自分が「全員を好きになれるグループ」に出会えたことに驚いたんだけど、Love-tuneはそれ以上に「メンバー全員に対して、彼を担当にしたらすごく楽しいだろうなと思えるグループ」になった。私にとってはすごいことだ。

 全員に対して「この子の担当になったら、こういうところをずっと担当として見守っていけるんだなあ」、そんなビジョンをはっきりと描ける。同時にそれを「楽しそうだな、いいな」とも思える。私はどちらかと言えば担当至上主義なタイプで、あまり揺らぎない……まぁいのおさんの存在はちょっと特別だったけど(笑)、いのおさんを担当することは想像できなかったしなぁ。

 美勇人担なんだけど、らぶめんの各担当さんの言葉を聞くのは本当に楽しいし「わかるーーー! 私も好き!」ってなるから話を聞くのがすごく楽しい。他担さんは私の知らない彼らの魅力もたくさん教えてくれるし。高校生の頃よりタレントの人間性に惹かれるようになったのか、今になって少しずつDD気質になってるような気がしなくもないけど。笑

 

夏はひとつ、Love-tuneTravis Japanの現場にお邪魔することになりました。1年に2回も上京するのなんて無理無理~って思って全然申し込みもしていなかったのだけど、フォロワーさんに「チケットありますよ」とお声掛けいただいたら少し無理しても行きたくなるじゃない。。行きます。。。いつもありがとうございます。。東京だいすき。。

 Jr祭りのときはステージをまともに見られなくて、聴こえてくる謙ちゃんの声にドキドキしていたなあ。EXもスタンディングだしチビだからはっきり見えることに期待はしていないのだけど、謙ちゃんの声はきっと届くから。とっても楽しみにしてる。

 

謙ちゃん、26歳の誕生日おめでとう。

素晴らしい1年にしてください。

充実した素敵な日々を過ごしてください。

 

ニートニートニート』のレンチが謙ちゃんにしか思えない。謙ちゃんが演じている姿が困るくらい目に浮かんでいて、ものすごくハマり役だと思う。ちょっとワルだけど、「ヒトコマシ」を演じる謙ちゃんを見られることが楽しみすぎるよ。

みゅうたろうでいろんな媒体に載るんだろうなあ!!

記念すべき初主演映画の公開が今からとてもとてもとーーーっても待ち遠しいです。

 

 

 

 

*1:8時台のいのひからじらーを聴いていたら、ドリボの関係で謙ちゃんが遅刻する予定で、しばらく優斗くんがひとりで9時台を回すらしいと聞いて不意に「できるの?」と興味を持った。優斗サンときたらひとりでかき氷を作り始めて……テンションとか勢いとか笑い声とかに度肝抜かれたよね……。