読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいはめぐる

  We can make it a whole new world.

わたしたちができること。

Love-tuneクリエがオーラスを迎える前にこんな記事を書いていた。


すると、オーラスで、
「またみんなに会えるように俺たちも頑張ります。でも実際、俺らが頑張ってもどうにもできないこともある。みんなの声が本当に大切。みんなも、僕らに会いたいって声を高らかにあげてください」※ニュアンス
謙ちゃんの口からこんな話がありました。

おわー自分にとってはタイムリーな話だ~~と思いつつ、その言葉でもう一度どんなことができるのかと考えたし、声を上げることをできるだけ、できるだけたくさんの人と協力してやっていくことで新しい大きな波も作れるはずだと思うから、似たような内容になってしまうけどもう一回書こうと思いますよ。

 

話は変わるようだけど、アンケートハガキの効果について。

私、JUMPの大ちゃんとの絡みから、藤田ニコルちゃんを好きになって。
顕嵐ちゃんと同学年で、身長は謙ちゃんと同じくらいかな、にこるん(笑)

Twitterをフォローしたのは最近で、そのとき知ったことなんだけど彼女と彼女のファンの子ってすごいのよ。

にこるんへのリプライを検索してみると、ファンの子がたくさん「(モデルをやってるPopteenの)アンケート、にこるんで埋め尽くしたよ!」という内容を送ってるのがわかると思う。まぁ同じ子が何回もアピールしてることもあるけど(笑)、今月も出したよ、にこるんの力になれるかな?、1位取れますように、という声がたくさん並んでいる。

にこるん自身も「アンケート協力してね」「表紙4号連続本当にありがとうございます。みんなのおかげです。」と呟いたり、ファンの子のリプに対して引用でお礼を呟いたり。きちんと感謝を伝えている姿もある。

それをハタから見てて、本当にすごいなと思って。ファンとの結びつきというか、一緒に夢を叶えていくってこういうことなんだなぁと改めて考えさせられたのです。

ファンの子たちも、そんなに年齢層が高くないと思うんだよなあ。でも頑張って、時には2冊3冊雑誌を買ってハガキを出してる。にこるんが表紙になって特集を組んでもらって、彼女が喜んでくれたら私も嬉しい、いっぱい載ってくれたら嬉しいって気持ちがそこにはきっとあって。

それを実際の行動に移せるってすごくない!??!?!見習わなきゃって思わない!!??!?!

当たり前のように雑誌に載ってるからそれで満足してていいのか!?!??!

いっぱい載ってほしくないか!?!?!?

そんなこんなで、にこるんとファンの子に感銘を受けたのも、アンケートハガキを出し始めたきっかけのひとつ!!!

 

雑誌アンケートでも、番組へのメッセージでも、声をあげていくことでLove-tuneを盛り上げたいと思う!!盛り上げられるはず!!!

もちろん、お金もかかることだから「やらないのが悪」「やらない人はファンじゃない」と言うつもりはない。ももし、雑誌を買ったら、テレビ番組を見たら、ラジオを聴いたら、ハガキを出したりメールを送ったり、ぜひやってみてほしいと思う。

私もファンレターを書けない人だから、苦手な気持ちとかもすごいわかるんだけどね、、、字も汚いし。でもハガキに書く文章はツイートよりも短いよ。

今日は、せっせと書いた後半誌とQLAP宛のハガキ、WinkUpのコンビ大賞もついでにハガキ、4枚を投函。

私はQLAPがすごく好きなので、とりあえず「萩谷くんと顕嵐くんを目当てに買いました、今度Love-tune全員で載せてほしいです」「こんならぶとぅーんが見たいです」って、とりあえずらぶらぶ書いてきた。大ちゃんの表紙も特集もすんんんごいよかった超最高だったけどアンケートはがきではらぶ担ひとすじなんじゃ~~~~~~(掛け持ちの苦悩)という気持ちでひたすらにらぶとぅんとぅん。

今月のQLAPめちゃくちゃ売れてて会社の在庫もなくなってるらしい。やばいよね。大ちゃん、JUMP全員企画の単独表紙やヘアカタログの表紙はあったけど、どかーんと単独表紙を飾るのは今回が初めてなのです。単独表紙は大ちゃんの目標だったから。みんな嬉しいのよ~~~萩ちゃんと顕嵐ちゃんのページも見てもらえてたらいいなあ。

アンケートを送る効果として、まずMyojoは人気のあった写真を厚紙カードにしてくれる。ポポロは裏話をくれる。あと何だろ、前述の記事で書いたように、WUでは「ベストショットに選ばれて特集を組んでもらえたピンナップをつけてもらえた」っていう話もあった。載るページが増えるし、裏話まで読めるなんて最高じゃない??

あと、TVガイドさんなんかが話してくれる裏話ツイートのふぁぼ&RT!!!

これもすごく大事なこと!!!!!

人それぞれ苦手なことや難しいこともあるかもしれないけど、自分にできることを少しずつでもやっていけば、みんなの声が集まっていけば、大きなことが成し遂げられるはず!!

ちなみにハガキと切手はコンビニでも買えるよ。私はだいたいローソンで。おいてないところもあるかもしれないけど。

あと、最近はかわいい切手がたくさんあるので、ほしいのがあったら買いだめとくのも楽しいかな~(特殊切手 2017(平成29)年度発行一覧 - 日本郵便)これは郵便局じゃないと置いてないかも。。

もし「可愛い切手がほしいけど、郵便局が開いてる時間には行けない~!」ってことなら、郵便局にゆうゆう窓口というのがあって、そこは遅い時間まで郵便関係のことを取り扱ってくれてます。大きい郵便局内でしかやってないんだけど、お近くのゆうゆう窓口は(ゆうゆう窓口・集荷に関する連絡先を調べる - 日本郵便)ここで探してね! 営業時間も調べられます~。

 

わたしはほいほい雑誌を買ってしまう人間だから、雑誌のアンケートハガキはしっかりやっていこうと始めてみた。先月の後半誌分からだから本当最近。

ハガキを使い切ってしまってて手元になかったんだけど、かなり前に買った無地のポストカードの存在を思い出して発掘、それに余ってた52円切手*1を貼って送るという術も覚えた。ドル誌も、ハガキがついてるのと自分で用意するのとあるんで、、でもこれでしばらくの間は切手さえ貼れば出せるから便利かもしれない。

ドル誌だけじゃなくてね、もしファッション誌を買ったときなんかも送るといいんじゃないかなあ。前にLove-tuneも「with」に載ったし、ファッション誌はドル誌とはまた違うテイストですっごい素敵に撮ってもらえる気がしてる。Snow Manはモデル起用(女性モデルさんの同僚役で)もされたし! Love-tuneにもそういうお仕事きたら最高だし! みゅうさんと怜央にメンズファッション誌のモデル仕事来てほしいし!!

今度ファッション誌買うことがあったらそれも送ろう~~。

 

「やらなきゃいけない」と思いすぎて、しんどくなる・めんどくさくなるといけないから、買ったらできるだけその話題がホットなうちにガ~~~ッと書いてしまうのが良い気がする。雑誌を本棚に仕舞う前に。今回そうしてみた。番組を見ながら「ここがいいな、これを送ろうかな」と考えてみる。こういうことが習慣になっていくといいな~と、自分自身でも思いながら書きとめておきます。

 

自分にできることはあるだろうか、何ならできるだろうかと考えてみるきっかけを、彼ら自身が作ってくれた。

動いていればよかったと後悔した時にはもう遅いことだってあるんだよ。

頑張ってもどうしようもないことがある、それは現実で事実かもしれない

けど、
日々頑張ってる彼らのために、わたしたちが今できることはきっとあるはず。

 

どうせダメだなんて、絶対に思いたくないし、思わせたくない。

声をあげよう!

 

 

 

 

*1:買ってた分は無事に使い切った。今月末までに出すものはもうないはず、、、

Love-tune♡祝1周年 ~いろいろまとめ~

Love-tune、結成1周年おめでとう~~~~~~!!!

これから輝く未来に向かっていく彼らのこと、彼らが過ごした1年のこと。

f:id:cazucca:20170521084801j:image
※とか言って完全に自分用メモです!!!!!

 

Love-tuneのこれまで(ざっくり)

2016年2月、「ジャニーズ銀座2016」の出演グループ・Cに「安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、萩谷慧悟」の名前が掲載される

3月4日、その4人に「Love-tune」という名前が付く

4人で5月6日の初日公演を行う

5月21日に行われた2回目の公演から、スペシャルゲスト扱いで「長妻怜央諸星翔希阿部顕嵐」が加わり、続いて22日、31日の公演を行う

6月29日に行われた「DREAM BOYS」の制作発表会見にて「安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、萩谷慧悟長妻怜央諸星翔希阿部顕嵐」のメンバー7人でLove-tuneとして正式に発表される

2017年POTATO2月号の安井、諸星、美勇人、長妻の座談会にて【結成1周年に向けて小さな目標を立てよう】とのテーマのもと、「オレたちの結成っていつ?」「あくまでオレたち基準として」「やっぱりジャニーズ銀座の7人公演のときじゃない?」「一応そこをスタートに」と語られ、5月21日が結成日とされる

おまけ:「4人でクリエに出演」と掲載されたのはMYOJO5月号*1Love-tuneとしての掲載は全誌6月号から。7人での掲載は前半誌8月号・後半誌9月号から。グループ名の由来はWinkUp5月号、MYOJO6月号(ロゴ、キャラクターも)に掲載。

 

メンバー 

安井謙太郎(やすい けんたろう) ギター
真田佑馬(さなだ ゆうま) メインギター
諸星翔希
(もろほし しょうき) サックス
森田美勇人
(もりた みゅうと) ベース
萩谷慧悟(はぎや けいご) ドラム
阿部顕嵐(あべ あらん) ギター
長妻怜央
(ながつま れお) キーボード……萩ちゃんオススメのショルダーキーボードはパパが探してくれてママが買ってくれた。命名「空男」。

 

プロフィール

生年月日
安井謙太郎 1991年  7月15日(かに座・A型)
真田佑馬  1992年11月21日(さそり座・O型)
諸星翔希  1994年10月13日(てんびん座・O型)
森田美勇人 1995年10月31日(さそり座・A型)
萩谷慧悟  1996年11月  7日(さそり座・A型)
阿部顕嵐  1997年  8月30日(おとめ座・A型)
長妻怜央  1998年  6月  5日(ふたご座・A型)

 

入所順
真田佑馬  2004年  2月15日
森田美勇人 2005年  6月12日
安井謙太郎 2007年  7月ごろ
萩谷慧悟  2007年12月19日
諸星翔希  2008年  4月20日
阿部顕嵐  2010年10月23日
長妻怜央  2010年10月30日
あられおは同期とのことだけど、ほかの同期も入所日がこの2日に分かれていて???

 

身長(2017年度カレンダー付属のデータカードより)
森田美勇人 182cm
長妻怜央  178cm たぶんもうちょい高い
萩谷慧悟  177cm
真田佑馬  175cm
阿部顕嵐  174cm
諸星翔希  172cm
安井謙太郎
 168cm

 

出身地
東京都………真田佑馬森田美勇人阿部顕嵐
神奈川県……安井謙太郎諸星翔希
埼玉県………萩谷慧悟
茨城県………長妻怜央

 

相関図の遍歴

POTATO 2016.8月号……7人登場いきなりの相関図

安井謙太郎
真田「任せちゃう人」
 『え、やってくれんの!? ありがと~!」みたいなことが言える人

諸星「おもちゃ」
 なんでも受け止めてくれるし、反応もいいからイジりがいがある!

美勇人「相棒」
 昔から仕事もプライベートも一緒の時間が長い。弱みも見せられる。

萩谷「信頼」
 物事を俯瞰で見てて、感性やセンスのよさには絶対的な信頼がある。

顕嵐「パワーをもらえる」
 常にブレない顕嵐を見ると、自分もこのままでいいんだって思える。

長妻「甘やかしちゃう弟」
 長妻はとにかく無邪気でかわいい。テーマパークではしゃぐ姿とか。

 

真田佑馬
安井「リーダー」
 しっかりしてていつでも信頼できる人。まさにみんなあのリーダー!

諸星「熱い思いをぶつけてくる」
 じわっと近づいてきて“○○よかったよ”って熱く語り出すの(笑)

美勇人「オレのファッションアイコン」
 洋服のセンスが良いんで本人がいないところでコーデをパクってる(笑)

萩谷「先輩後輩」
 意外に上下関係があるかも。オレからしたらかわいい弟分って感じだけどね。

顕嵐「影響を受けてくれる」
 オレの趣味に影響を受けることが多い。好奇心が旺盛なんだろうね。

長妻「刺激を与えてくれる」
 スポンジのようにいろんなことを吸収する人。見てて刺激を受ける。

 

諸星翔希
安井「プロデューサー」
 モロササイズの考案者で、オレのキャラづけをしてくれた恩人!

真田「アツ友」
 2人でいるとダンスとか芝居とかJr活動の熱い話が止まらなくなる。

美勇人「理不尽」
 美勇人と一緒に帰ると、話したがりだからなかなか開放してくれない。

萩谷「旧友」
 中学のとき初めて組んだユニットから一緒で、7~8年のつき合い。

顕嵐「嫌い」
 何をしてもイケメン(笑)。さりげないしぐさも全部カッコいい。

長妻「弟」
 体育座りをしたまま、オレに寄りかかってきたりするのがかわいい。

 

森田美勇人
安井「同じ空気感」
どこか似てるところがある。オレの気持ちをくみ取ってくれてうれしい。

真田「刺激をくれる」
 何をやるにしても思い切りがいいさなぴーを見てると刺激をもらえる。

諸星「助け合う関係」
 日ごろから支えたり励まし合う関係。お互いメンタルが弱いんで(笑)。

萩谷「オレのことが好きじゃない!?」
 兄弟みたいな感覚かな。でもたまにオレに冷たいことがある!?

顕嵐「友達」
 顕嵐は敬語を使ってくるんだよね。でもオレの中では普通に友達(笑)。

長妻「頼ってくれる」
 オレにいろいろ相談してきてくれる。頼りにしてくれてうれしいよ。

 

萩谷慧悟
安井「怖い」
 安井くんは頭がよくて鋭い視点で物事を見られるから、敵に回したくない存在。

真田「生き写し」
 『考えてることが昔の自分に良く似てる』ってよく言われるから。

諸星「旧友」
 つき合いがめちゃめちゃ長い、中学や高校時代の友達ってかんじ。

美勇人「アドバイザー」
 洋服選びとかオレが迷ったときには、いつも的確なアドバイスをくれる。

顕嵐「お調子者」
 オレが言ったことになんでも乗ってくるけど、ほぼ実現しない(笑)。

長妻「Mr.素直」
 『これ○○ですか?』とか、いろいろ聞いてくる。素直でかわいい。

 

阿部顕嵐
安井「お兄ちゃん」
兄ちゃんと弟みたいなフランクな関係。でも内心では尊敬してる(笑)。

真田「おじいちゃんと孫」
 時々おじいちゃんみたいに見える(笑)。でもじつは熱い男!

諸星「笑いの師匠」
 ダル絡みしていっても乗ってくれる。笑いの部分で一番頼りになる。

美勇人「アニキパート2」
 安井くんよりさらに近しいお兄ちゃん。会話の7割はふざけてる(笑)。

萩谷「師匠」
 ダイビングを教えてくれる先生。ほかにもたくさん趣味があってカッコいい!

長妻「同期」
 同期なんだけど、意外に子どもみたいな一面があるってことに最近気づいた。

 

長妻怜央
安井「長男」
 とにかく頼りになる人。Love-tuneの長男でもありお父さんでもある。

真田「先生」
 はっきり意見を言ってくれるからありがたい。師匠みたいな存在!

諸星「ギャグを受け止めてくれる」
 僕がギャグを言うといつもドーンと受け止めてくれる優しい人。

美勇人「いっこ上のお兄ちゃん」
 すごく話しやすいお兄ちゃん。いろんなことを教えてもらってるよ。

萩谷「刺激を与えてくれる」
 すごい努力家だから近くで見てるといい刺激を受ける。

顕嵐「同期」
 一番話しやすい。他の人に言えないことも同期の顕嵐になら言える。

 

Myojo 2016.12月号……ドリボあたり…グレ期ごろ…

安井謙太郎
真田(さなぴー)
 音楽とか、いろんなことを教えてくれて先生って感じ。ただ深い知識があるのに、伝えるときの日本語がめちゃめちゃヘタ笑。

諸星(モロ)
 湯たんぽのような存在。いっしょにいるとホッとするけど、たまにあつくるしくてジャマになる笑。

美勇人(みゅーと)
 美勇人がオトナだから、“しっかりしなきゃ”って思わずにいっしょにいられる。気を使わない。

萩谷(萩ちゃん)
 昔は弟って感じだったけど、自分の意見を持ってオトナになってきた。ずっといっしょにいるから、俺の考えがバレやすい。

顕嵐(顕嵐、らんらん)
 アクティブで、いっしょにハワイに行ったことも! あと俺に化粧水を借りに来る人。この間、3日連続で頼まれた!

長妻(ナガツ)
 添い寝フレンド(笑)。楽屋の冷房が効きすぎて寒いとき、ナガツが持ってきてる大きな毛布にくるまっていっしょに寝てたよ。

 

真田佑馬
安井(やっさん)
 俺がやりたい!って提案することって、アイドル感が足りてなくて……そこをいつもやっさんがうまく補正してくれる。

諸星(モロ)
 グループのパフォーマンスの土台となってる人だと思う。いちばんやさしいし、疲れると相談したくなるね〜。

美勇人(みゅーと)
 バンド演奏中、パッと見てみゅーとがいると落ち着く。最近は舞台出演がつづいて、疲れてる顔がちょっとエロい♡

萩谷(萩ちゃん)
 無鉄砲でマイペースな弟って感じ。しかりたくなる時もあれば、その自由さがうらやましいときも。

顕嵐(顕嵐)
 くやしいくらいあこがれのイケメン! 俺の顔も12回くらいなぐったら、何かの間違いでこんな顔にならないかな(笑)

長妻(ナガツ)
 ぶっとんでるけど、年下すぎて怒る気も起きない。逆に「このコ、ちゃんと帰れるかな?!」って心配したり……もはや息子!

 

諸星翔希
安井(けんちゃん)
 「楽しいことしたいね~」っていつも言い合ってて、よくいっしょに遊んでるよ♪ そして仕事のときには頼っちゃう人!

真田(さなぴー)
 最初はめちゃくちゃ先輩だと思ってたけど、今ではディスり合う仲。「ブサイクだな~」、「おまえに言われたくね~よ」って(笑)。

美勇人(森田)
 最近俺にツッコミ指導してくれるけど、それがスベってる(笑)。あとオレの顔にタンクトップをかぶせたりして、イタズラしてくる。

萩谷(ちゃぎはん)
 旧友。昔からいっしょにいるから、眠いときとかすぐにわかる。となりで座ってると、おたがい寄りかかっちゃったり。

顕嵐(顕嵐)
 グループの顔っていう面で、俺のライバル!! なのに最近、すごい文句言う(顕嵐「だって寝てる俺の下にモロのパンツと靴下があったんだもん!」)。

長妻(ナガツ)
 クソガキ(笑)。俺が寝ようとすると、わざと目の前で騒いだり。この間、俺が5分間パンチし続けたら、ずっと笑ってた。

 

森田美勇人
安井(やっすー)
 基本、なんでも頼りになる人。ライブ構成を考えたり、創造する力がやっぱすごいよね!

真田(さなぴー/さなじぃ)
 いつもリードしてくれるし、遊びの計画とかも立ててくれるから、休日のお父さんみたいな人!

諸星(モロ/デブ)
 プライベートは全然尊敬できないけど、Jr.の活動中のモロはすごい。俺もがんばらなきゃってストイックになれる。

萩谷(萩ちゃん)
 舞台続きの俺の体調を心配して声をかけてくれる。いつも気をつかってくれて、ありがと~。

顕嵐(顕嵐)
 プライベートでも買い物行ったりするけど、グループとしてもずっといっしょだから、なんだかんだ“ご縁”がある人。

長妻(ガッちゃん)
 空気や気持ちを察するのがうまい。ダンスも教えがいがあるし、もうすぐ“あ・うん”な関係を築ける気がする!

 

萩谷慧悟
安井(やっすー)
 知識とか世渡りのコツとかファンの気持ちとか、いろんなことがわかってるから、俺にとっては先生!

真田(さなぴー)
 アニキみたいな感じかなぁ。さなぴーに「昔の俺に似てる」って言われたし。

諸星(モロ)
 Jr.の活動がずっと一緒だから旧友。でも、最近耳が遠くなってきてるから、もはや親戚のおじいちゃん。

美勇人(みゅーと)
 洋服とか、これから始めようと思ってることとか、とりあえず聞く。「いいんじゃん?」しか言われないけど(笑)。

顕嵐(顕嵐)
 気を遣うことなく言い合える仲。よくケンカみたいになって、そこに「おまえはどう思う!?」って挟まれるのがモロ。

長妻(ガッツ)
 「DREAM BOYS」のとき、「今の俺は運動神経が爆発してるんです」って、裏で縄跳びの3重跳びしてたもん。

 

阿部顕嵐
安井(けんちゃん)
 仕事でも遊びでも引っ張ってくれる!この間は、けんちゃんの運転で、俺と羽生田(挙武)の3人でドライブに行った♪

真田(真田くん)
 じつはファッションが似てて、けっこう俺好み。とくにファッショントークはしないけど、真田くんも気付いてるはず。

諸星(モロ)
 手下(笑)。いちいちうるさいくらいに反応がよくて、ちょっかいを出したくなる。アツい人だから、仕事の話をするのも好き!

美勇人(みゅーとくん)
 昔から頼りにしてるお兄ちゃん。上下関係なく、同等の立場で仕事の話をできるところがいい。

萩谷(萩ちゃん)
 多趣味でいろんなことを教えてくれるけど、些細なことで一番ぶつかる。「こっちだよ!」って立ち位置で言い合ったり。

長妻(ガトゥーマ)
 同期。「ここのセリフはどう読めばいいの?」って聞いてくれたりして、すごくかわいい。あとどんな現場も盛り上げてくれて助かる!

 

長妻怜央
安井(安井くん)
 「DREAM BOYS」中、俺の毛布でいっしょに寝てた♡ モロッシーも入ってくると、安井くんが追いだしてた。

真田(真田くん)
 いつもいっしょに帰る人。ごはんをおごってくれる人。演技指導をしてくれる人!

諸星(モロッシー)
 イタズラのターゲット。「DREAM BOYS」のときは、楽屋で横に寝てたから、ずっと耳にフーフー息を吹きかけてた。

美勇人(みゅーとさん)
 ダンスを教えてくれる人。たまにコチョコチョされるけど、全然くすぐったくないからリアクションに困る……。

萩谷(萩ちゃん(今日から呼ぶことになった)
 「君の名は。」友達。映画をいっしょに観に行って、ふたりともハマって小説も主題歌も買った!

顕嵐(アレン)
 急におしりをさわってきたり、ダルがらみしてくる人。俺がふざけてて、向こうがスルーのパターンもよくあるよ。

 

ポポロ 2017.6月号……自己分析もあるよ

安井謙太郎
安井・ふつーな人
 自分のことを「けっこう常識人」だと思ってるんだ。ほかのメンバーに比べて(笑)。でも、常識人というか「ふつう」なんだよね(笑)。

真田・自分勝手な人
 自分の気分がいいときは「楽しもうぜ」っていうノリだけど、5秒くらいすると「もういいや」って(笑)。そこがクリエイターっぽい。

諸星・努力家な人
 自分で決めたゴールに達するまで、マジメに努力をする人。いつもふざけている印象が強いかもしれないけど、実はがんばり屋だよ。

美勇人・ブランドな人
 LAに行ったことで変わったね。自分に自信がついて、なんでも「森田美勇人色に染めることができる」っていう考えになったと思うよ。

萩谷・こだわり屋な人
 萩ちゃんは、音楽や生活リズムにまでこだわりをもってるんだよね。こだわり=自分ルール。それを否定されるとこんな顔になる(笑)。

顕嵐・ちょっとだけ寂しがり屋な人
 ちょっと萩ちゃんに似ているところがあって“自分ルール”をもっているけど、ギリギリまで人に合わせるところが寂しがり屋かな。

長妻・天真爛漫だけど負けず嫌いな人
 ああ見えて、メンバーに大してすごく気を遣うし、つねにその場の空気を読んでるんだよ。そして、だれよりも負けず嫌いだね(笑)。

 

真田佑馬
安井・メンバー愛たっぷりな人
 メンバーといるときに、みんなの顔をみている表情や笑顔がいいんだよね。自然にあらわれる気持ちにメンバーへの愛情を感じるな。

真田・マイノリティーな人
 俺は常に少数派の人。好みも人と違うことが多いし、メンバーで多数決をとっても少数派。でも、自分ではそこがいいと思ってる。

諸星・笑いの人
 人を楽しませようとする人。なんでも笑いに変えて楽しませようとしてるね。どんなときも笑いが必要だと思うのはいいことだよね。

美勇人・着る人
 ファッションにも通じるんだけど、自分の表現を「何かを身にまとう」ように「着る」人。表情も見えない何かを「着て」見せてる感じ。

萩谷・実直な人
 間違ったことや、曲がったことが嫌いで、まるでヒーローみたいな人(笑)。自分の気持ちにブレがないというのがいいところだな。

顕嵐・表と裏な人
 いい意味で裏と表のバランスが取れている人。裏の部分が50%だと誤解されるかもしれないけど、そこが人間的な魅力なんだ。

長妻・太陽みたいな人
 ながつの言動を見ていると、自然に笑えちゃう。みんなを笑顔にする太陽みたいな人だから「男友達になりたいNo.1」なんだよね。

 

諸星翔希
安井・人間っぽい人
 コンサートでも、すごく熱い姿を見せてくれるし、自分のハートで動くひと。そういうストレートなところが人間っぽくていいなと思う。

真田・日替わりメニューな人
 ライヴでもテンションに変化があるし、そのときの気分でちがう人になる(笑)。まるでレストランの日替わりメニューみたいだね。

諸星・シャイな人
 けっこう人見知りだから、自分からはなかなか話しかけられない人。今でも写真を撮られることが苦手で、すごく恥ずかしい(笑)。

美勇人・痩せやすい人
 美勇人を見るたびに「痩せた?」って聞いちゃう(笑)。ホントはやせていなくても、なんか心配になっちゃうぐらいの細い人(笑)。

萩谷・あまのじゃくな人
 今日も俺が「写真撮るよ」って言ったら、心の中で「なんだよ!」って思ってても笑顔を作れる人(笑)。萩ちゃんのかわいいところだね。

顕嵐・寝起きがイケメンな人
 目が覚めた瞬間に写真を撮ってもだいじょうぶ。寝起き写真がOKな人って、そうそういないけど、それだけ素がカッコいいってこと。

長妻・究極の寂しがり屋な人
 ながつは、とにかく「かまってほしい人」なんだよね。いっつもオレにじゃれついてくるんだけど、ついつい相手にしたくなるような人間。

 

森田美勇人
安井・自分にないものを持ってる人
 やっすーは、このグループを作ってくれて、存在させてくれてる人。俺にはないものをいっぱい持ってるし、絶対的に信頼してるよ。

真田・憧れな人
 さなぴーは、本当に人柄が素敵だと思う。すごくまっすぐだし、生き抜いているっていう力強さがすごい。自分のパワーがある人。

諸星・負けず嫌いな人
 あんまりそういう面を感じさせないけど、実は“サラッと負けず嫌い”。表に魅せないけど、相当努力して結果を出すところがすごい。

美勇人・あまのじゃくな人
 俺は意外とあまのじゃくかな~。みんなといるときにはしゃぐこともあるけど、静かなときもあるし。でも、寂しがりなところもある。

萩谷・しっかりものの双子の弟
 俺よりしっかりしてるし、できる双子の弟って感じかな。年も1歳しか違わないから、年が離れた弟って感じじゃなくて「双子」かな。

顕嵐・人類でいちばん愛おしい人
 とにかく存在が愛おしい。どんなときも、いっしょにいてストレスをまったく感じない。そういう雰囲気を醸し出してるのが、天才的。

長妻・マジの弟な人
 俺がお兄ちゃんぶりたいっていうのもあるけど、弟かな。言ったことを理解して取り組んでくれて、成長を感じるよ。

 

萩谷慧悟
安井・平和主義な人
 常に世界の平和を祈ってる(笑)。だけど「ちっちゃい安井」が身体の中に潜んでいて、そいつがたまにとんでもないイタズラをするんだ。

真田・シンプルな人
 体がメンタルと直結していてわかりやすいんだよね。メンタルが弱くなると体が弱まって、体が健康で元気だとメンタルが強くなる。

諸星・アンラッキーな人
 全員集合のときトイレに行ったりして、その場にいないことが多い(笑)。でも、メンバーのなかではいちばんのやさしさも持っている。

美勇人・愛がある腹黒な人
 一見、思いやりがあってめちゃいい人に見えるけど、実は腹黒くてニヤニヤして悪いことを考えてる(笑)。でもそこに愛があるの!

萩谷・マイブームな人
 はまったときには、同じ曲を聴き続けたり、いつも「マイブーム」があるんだ。でも、それは不定期だから、いつ来るかわからない(笑)。

顕嵐・大義名分男な人
 割と大義名分を大事にしていて、自分の行動に理由をつけてる(笑)。でも、ちゃんと自分を納得させられたら、きっちりと動くひとだね。

長妻・モロ好きな人
 モロが大好きで、いつも一緒にいる。ごはんを食べに行っても、モロにくっつくから料理をこぼしてモロの服を汚しちゃう人(笑)。

 

阿部顕嵐
安井・一周まわって子どもな人
 謙ちゃんは、しっかりした大人の考えを持っているんだけど、子ども心も忘れない。ときには俺と同じ歳ぐらいに感じるのが魅力な人。

真田・負けず嫌いな人
 たとえ遊びでも自分が負けると「それ、違うから」っていう子どもみたい(笑)。でも、大人だから人のこともちゃんと褒められる人。

諸星・熱い人
 モロは仕事の話をするときマジメな顔をするんだけど、それは熱さが表に出てるんだろうね。俺にはないストレートな熱さが魅力だな。

美勇人・がんばってる人
 美勇人くんは仕事もプライベートも両方がんばっていて見習いたいと思う人。俺が憧れる“グッド・ルッキングガイ”の典型(笑)。

萩谷・わが道を行く人
 まわりに影響されやすい部分もあるけど、萩ちゃんは自分がいいと思う道を歩くひと。自分をしっかり持ってるところが俺は好きだな。

顕嵐・気分屋な人
 率直に言って、気分屋でマイペースだと思う。人に縛られるのがイヤだし、自分で「これがしたい」と思ったらそのとおりにする人だから。

長妻・ただただ子どもな人
 何を食べに行っても舌が子どもで早食い(笑)。ホントに味わってるのかな? って思うけど、本人は「おいしい!」って言うのがおかしい。

 

長妻怜央
安井・頭が良い人
 いつもちゃんと頭の中で考えてる人で、策がないまま無意味に行動しない。ちゃんと自分の考えのもとに動くタイプで尊敬しちゃう。

真田・負けず嫌いな人
 ゲームをするたびに、すごく熱くなる。負けると言いわけをする。卓球で負けたときも「足が痛い」って素直に認めないぐらいの人(笑)。

諸星・よく遊んでくれる人
 休みの時に遊んでくれたり、いっしょに買い物に行ってくれる人。もろっしーは俺のことを誘わないけど、俺が誘っちゃう(笑)。

美勇人・おもしろい人
 つねにおもしろいこと、しょうもないことをオレにふっかけてきたり、体をぶつけてくる! 子どもみたいにヤンチャで可愛い人だな。

萩谷・先生な人
 すぐ俺に「ながつ、何してるんだよ!」って注意してくれる人(笑)。これまで仕事をするうえで大事なことをいっぱい教えてくれたよ。

顕嵐・居心地がいい人
 俺は顕嵐とはよくいっしょに遊ぶ。楽屋とかでもふつーにテレビを見て、寝てる事があるくらい(笑)。それぐらい居心地がいいんだ。

長妻・つねに楽しい人
 仕事やプライベートで何か失敗をしても「次に活かそう」って思う人(笑)。そんな風に考えて、いつも楽しくいたい前向きな人間。

 

 

これからもたくさん、Love-tuneのことを知っていきたい。

愛を持って彼らを応援していきたい。

 

――2年目のLove-tuneは、一体どんな景色を見せてくれるんだろう。

ファンが抱く幾千もの願いと、

ステージに立ち続ける7人の溢れ出す光が繋がったとき、

 We can make it a whole new world

  「俺たちはまったく新しい世界を作ることができる」

 

ひとつになれば Path to glory!!!!!!!

東京ドームも通過点だ!!!!!!!

なぁみんな!!!!!!!

 

\そうだ~~~~~~~!!!!!!!/

 

 

 

 

 

 

いーーーじょうっ

 

 

*1:目次にはLove-tuneとメンバーの名前の記載があるが、彼らのページにグループ名はない

アンケートハガキを書いたよ。

ジャニーズJr.の森田美勇人くんを2人目の担当とすることにして早1か月。

アイドル誌の「アンケートハガキ」を出し始めました。

何を今さら!と言われるかもしれない。ようやくかもしれない。ほんと、ようやく。

JUMPを好きになってから1年半くらい、いろいろなアンケートがあったはず。
でも、出したことがなかった。

Jr.大賞、コンビ大賞、Jr・JUMP関係問わず、面白そうだな~とそそられたことはもちろんあったけど、プレゼントの商品と一緒に写っているアイドルたちの写真を眺めるくらいで「全部埋めるのはめんどくさい」という気持ちが勝っていた。

Jr担として、できることって何かないかな、彼らを応援する方法がないかなと思っている中で、5月の連休がやってきた。

前半誌の発売、その中でもduetの6月号

巻頭はMr.KING
そして、森田美勇人=みゅうとくん=みゅうさんの所属するLove-tuneのページが、その次にあった。3ページもあった。「あれ?」のあと、単純に「すげー!」と思った。改めてそのとき感じただけで今までもそうだったのかもしれないけど、KINGの次にある! 3ページある! トラジャ2ページなのに~~~~人気か~~!?と思ったのがアンケートハガキを意識するきっかけだった。

その少し後の5月8日、Johnny's webの「かんじゅ日誌」で林真鳥くんが書いていた日誌*1を読んで、ハガキって出したほうがいいんだな!!! 絶対そう!! と思った。

いや、わかってたんだよ、出したほうがいいってことは。要望を伝えなければ需要は伝わらないもの。でもめんどくさかったの本当に。プレゼントがほしいわけでもなし、応募したところで当たるわけでも、それによって世界が変わるわけでもないし~~って思っちゃうのは怠慢でもあるね。

でも、まとくんの日誌をきっかけに背中を押された。

たった1枚のアンケートハガキで世界は変わらないかもしれないけど、変えたいと思うなら行動することが大事よね。宝くじだって買わないと当たらないもの。

 

そして、雑誌ごとにアンケートハガキのタイプも違うということを知る。

切手を買ってこないと出せないことを知る。

ついでに、6月1日からハガキの郵便料金が62円になることを知る。娘がアンケートハガキに目覚めたことなど知らぬ父が、世間話で「ハガキの料金上がるんだね」と話しかけてきて「そうなんだよ!!!」と勢いよく返してしまったことは内緒だぞ。

雑誌によって、ハガキがついてるタイプ、自分で用意するタイプとあって、項目もさまざま。とりあえず切手を貼って送らないとと思ってローソンで取り急ぎ切手を買ったけど、少し遠回りしても可愛い切手を買えばよかったと後悔してる。。あと2枚あるけど、それ終わったら可愛いやつ買お。

 

実際書いてみて、普通に楽しかった。

ごく普通のアンケートハガキでいっぱい項目があるわけでもなかったから書きやすかった。ぱらぱらーっと見ながらLove-tuneTravis Japanか、どちらかを上位にして褒めちぎり、好きなJrやタレントは「森田美勇人」をドーンと書いた。時々欄外にもはみ出して書いた。ありがとうございます、とたくさん書いてしまった。何目線だよ案件。

効果はないのかもしれない。でも、お礼を言いたかったし、好きなんだよ!!ってことが伝えられるのは嬉しい気もした。ただ、自分の年齢を書くのだけは躊躇われた。10個くらいサバ読んだらちょうどいいんだけどな~でも18歳の子が「ありがとうございます!」って連呼してたらちょっと変かな、、笑

らぶトラ、たくさん載るといいな。いろんな話が聞きたい。たくさんの人の目に留まるといい。私も雑誌がきっかけでみゅうさんを知ったし。デビュー担の方も、ぜひ時間のあるときに好きな顔のJrを探してみてください。笑

 

あと、劇ラヂにはびっちり400字で感想を送った。らじらーにメールしたり、真夜中のプリンスに感想を送ったり、義務ではないけど、それも続けてやれたらいいなー。応援の気持ちを制作側に伝えるのって本当に大事、大事とわかってても、行動できるかどうかだぞ!と気合を入れてみたりする。

 

以上、ちっぽけな達成感と今後の抱負でした。自分の「そうしたい」気持ちを優先に、まあ、疲れない程度に、これを続けていこ。

みゅうさん、連勤頑張ってるからさ……普段やらないことだけど、背中を押したくなる。アンケートハガキを自筆で書くから、みゅうさんのように美文字を書けるようにもなりたい!!! なれるか!?

 

 

 

 

*1:W誌でベストショットランキングに2か月連続でランクインし、そのおかげでピンナップなど特集を組んでもらっているとのこと

Happy Birthday!! Dear.....

や~ま~~~~~~~~!!

山田涼介くん、24歳のお誕生日おめでとうございます!!

f:id:cazucca:20170509204228j:image

裕翔が「やま」と呼ぶようになってから、たまに「やま」と心の中で唱えるようになった笑。まだまだやまだと呼んでるけども。まだまだやまだ。

24歳か……感慨深い……。

ジャニーズJr.の森田美勇人(みゅうと)くんとの掛け持ちを決めて1週間が経つ頃、Hey!Say!JUMPのLIVE TOUR 2016【DEAR.】のDVDが発売された。それを見る前にも、「もし、待ちに待ったDVDのやまだにときめかなかったらどうしよう」、そんな不安は全くなかった。

なぜかと言うと、掛け持ちをするかどうか悩んでいたのは、「やまだと同じくらい美勇人くんを好きだとは思えないな~」と感じていたから。「同じくらい好き、までいってないのに2人を担当にして掛け持ちしてもいいのか?」ってことがかなりネックだった。

私の中では「好き」と「担当にしたい」が直結しない。いろいろ考えたけど、結局「同じだけ好きな必要もないのでは?」と気付いて、決意してから3週間ほど。

以来、Twitterでは9割がたみゅうさんの話をしているけど、相変わらずやまだが大好きです。いつでも私をときめかせてくれる。あなたが贈ってくれる素直な言葉と、その仕事ぶりは、いつも信頼できる。今のビジュアルまじで最高。同じ人間とは思えない。

DVDの感想についてはこちらをご覧ください。笑 

guru.hatenablog.com

 

自分に与えられた仕事を無理してでもやるんだと、その意思を強く持っているあなたがとても好きだし、負けず嫌いで努力家なことも重々わかっているけれど、どうか、体を大事にしてね。

これから2本の主演映画が公開になる。

24歳も充実した素晴らしい1年になりますように。

 

 

 

さて、今日のお誕生日会の様子です。当日開催は珍しいよ~! 薮担ちゃん、有岡担ちゃん、忙しいGWおつかれさまでした。

f:id:cazucca:20170509204336j:image

今回はケーキ屋さんの日程がどことも合わず、ローソンのロールケーキでおしゃんなケーキを作ってみたよ!!

 

 

 

 

 

 

17.05.05 ザ少年倶楽部 ~ Love-tuneが魅せた2度目の「CALL」

ジャニアイが終わった頃からだろうか。

「もう一度少クラで、フルのCALLやってくんないかな~~」「次いつやるんだろう」と日々思っていた。

5日の朝、Webの少クラレポを読んで今日の少クラでやるんだと知る。
15時5分、 劇ラヂ「罪男と罰男」にて、謙ちゃんの演技力の高さに驚き、400字ギリギリのメッセージを番組あてに送る。

来週のMステに東京B少年が出演することを知る。すごいじゃん、と思いつつ、素直に喜べない自分もいた。なんでなん、、、やっぱ推されてるから?? 頭ではわかってるけど、先週らぶも出たけど、みんなで出たけど、そうじゃないやん~~~と悔しくなる。Mステで君たちちゃんとPfできんの!?タモさんとトークできんのか!? と悪い自分が顔を出す。ちゃんと見るけどね! 物凄く緊張するだろうけど頑張ってほしい。らぶがCALL初披露した日から那須くん推しだよ!

 

 

屋良くんとのコラボレーションもめちゃくちゃかっこよかった。みゅうさんの5弦ベース。最高にかっこよかったよ。みゅうさんだけじゃない、さなぴ、萩ちゃん、石垣くん、ひろみくんにもソロあって、ダンサーの朝日くん、ちゃかちゃん、しずやくん、うみんちゅもかっこよかった。

このあとにCALLくんの?もうキャパオーバーなんだけど~~~と思いながらも期待高まる。あと何分、何分と、少クラが終わる時間も近づいてきていた。

照史の「それでは曲に参りましょう。Love-tuneの登場です、曲は」
河合くんの「CALL!!!」

歓声が上がって、ふたりの表情もなんだかちょっとニヤついてるように見えた。 

 

飛び込んでくるさなぴーとみゅうさんの背中合わせ。
大きなドラム台の上に構える萩ちゃん、スティック回し。ニヤリと笑むみゅうさん。

謙ちゃんの雄叫び。
顕嵐ちゃんの「Everybody!! Make some noise!!!(みんな、声出せ!)」

「Are you ready?」「Let's dance!!」

萩ちゃんの舌ぺろ。

「Oh My God!!」 

早くも「あっもう無理だ、、、」という気持ちになる。

「Show me what you got Just do it!!」の時点で、前回のCALLとは全然違うものになりそうだと予感する。

その予感は秒刻みにどんどん的中していく。

最高だと思っていた10月のCALLすら何だったのかと思うほどに、進化した「CALL」を見られるなんて思ってもいなかった。あの曲は完成などしていなかったんだ、まだまだ進化できたのかと、結成して1年、彼らが築き上げてきたものを目の当たりにした気がして、ずっとリピートしているけど高揚感が収まらない。

ダンスの振りも一部変わっていた。同じ部分も、ひとつひとつキメ方が正確に丁寧になっている。何よりも、前回以上にエネルギーが溢れて、それが1人1人の身体から文字通り迸っていて、それが画面越しにも伝わってくるのが凄かった。

「これが俺たち、Love-tuneだ」――そんな気迫と言うのか、圧力が押し寄せてくる。彼らの底力を見たと言うよりも「本当のLove-tuneを見た」「この1年でLove-tuneとして自信と実力を付けてきた7人の歯車ががっちりと噛み合って、化学反応を起こしている」そんな気持ちになった。

歌詞にもある「一つになれば ほら Path to glory」をまさに体現しようとしているとでも言うんだろうか。

私の「またフルでCALLやってほしいな~」は、言ってしまえば「同じ事もう一回やってほしい」なんていうとても浅はかな考えだった。「もっと進化させたものをやってほしい」とは全然思っていなかった。

Love-tuneが、前回と同じ事をやるわけがない。私は彼らのことをまだまだわかっていないなと思い知る。

目に見えて進化していたのは、最年少・長妻怜央のショルダーキーボード、少クラ初登場の「空男」!!

怜央がショルキーを持つことで、演奏しながら6人が動き回れるようになった。そこの成長はとても大きい。さすがLove-tuneの可能性の塊!!!! ダンスも物凄く上手くなってた。お兄ちゃんたちの言うことを素直に聞き入れてすくすくと成長していく怜央を見るのは本当に楽しいし、微笑ましい。

ダンスを教えてもらったり、栄養管理されてミカン食べるの禁止されたり、果糖が何とかとかもう、わけわかんないこと言われても18歳の子が素直に受け入れて実践してるのがもう愛おしくてたまらない。。

それはきっとメンバーも、そうなんだろう。可愛くてしょうがないんだと思う。

 

「今まで先輩もやってないような曲」とリクエストした「CALL」は、ダンスとバンドが融合したとても面白い曲だ。だからこそ難しい。展開も動きも多いし、それをどうパフォーマンスで魅せるのかを組み立てるのは物凄く大変で緻密な作業のはず。前回の初披露では、C&Rも全然ない状態。ドリボでしかやってなかったもんね。

ドリボ、ジャニアイ、大運動会、ジャニーズJr祭りで、少しずつ浸透していった。それが今回の会場の空気感やお客さんの盛り上がりに繋がったんだと思うと、少クラでやるのはここまで温めていたんじゃないかとすら考えてしまう。

 

何よりこのタイミングが。

収録日は、大運動会の翌日。放送日は、大阪城ホールでジャニーズJr祭りがオーラスを迎えた直後。
ここで「CALLをやろう」とした策略を感じずにはいられない。大運動会で、祭りで「Jrいいな~」と思った人たちはきっとこの少クラを見る。「Love-tuneいいな~」と思っていた人たちはこのCALLを見てどう思っただろう。

堕ちた??(直球)

Love-tuneはいいぞ。

最高を更新し続けてくれることの快感がすごくある。個人が、グループが成長していく過程、まだまだ見られます。個人のお仕事も色々ある。Jr担当するのは怖い~~って意見よく見るけど、そんなこと言って素敵なものを見逃して生きるなんて本当に勿体ない。好きなものを好きだと胸張って言って生きるのはとても楽しいんじゃないでしょうかと、勧めてみる。笑

このCALL出のらぶ担になりてーわまじで、、かっこよすぎるわ、、私もうらぶ担だわ、、、こんなに熱くて一体感のあるNHKホール見た事ないぞ!?!? そう思ったの私だけ!? 2列目3列目のひとたちも曲終わりに跳びはねてるなんてことあった!? 

本当にすごい。何と書けばこの気持ちが伝わるのかわからない。まだまだこれからです、Love-tune。気になるなら、見逃さない方がいい。

見終わったあと、「来週Mステ出ないくらいのことで何ひねくれてたんだろ」そんな気持ちになった。彼らはどこに出しても恥ずかしくない。

でもね、早く出した方がいいよ。見つけたもん勝ちだからね!

 

 

「Ready Get set 突き抜けろ」

そのフレーズのあと、走っていった6人はフレームアウトした。

その先にはNHKホールのステージ端じゃなく、もっともっと大きくて、長い花道があるように錯覚した。彼らの背中が映った瞬間ようやく「あ、NHKホールに花道はない」と思った。

なんて狭いステージなんだろう。

長い花道を駆けぬけよう。横アリより、たまアリより、城ホールよりもっと大きな大きなステージで。この曲を歌おう。

「 I hear the future call 」

きっと、そんな未来が彼らを呼んでるんだ。

 

そんな風に思った。 

 

 

We can do it Let's get down 

俺たちならやれる、さぁ始めようぜ

 

その言葉を信じて応援することしかできないのが、もどかしいくらいだ。誰かの心がほんの僅かでも動けばいいのにと思いながら、勢いで記事を書いてみた。私がこうやって言葉で説明したところで、Love-tuneのパフォーマンスを見てもらえばわかってもらえるんだろうけど。ただ書かずにはいれなかった。

 

 以前書いた、歌詞とその解釈の記事も最後に置いておく。

guru.hatenablog.com

解釈のひとつにすぎないけど、この歌詞に込められた熱さもぜひ感じ取ってもらいたい。

 

 

 

 

ジャニーズJr.祭り、朝の大阪

いきなり余談だけど4月28日(金)、ジャニーズJr.祭りの、制作解放席の案内が届く。初の制作解放席。実在するんだ~~と思いつつ、とりあえず「うちわ作ろ」と思い至ってうちわ作成。駅を出発するころには当落が出ているだろうから、持っていくか置いていくかは別として、作っておけばよかった~~と後悔するのは嫌だから作ってみた。

2部に申し込んだけど結果は落選!!!

残念!!でもなんか持って行っちゃった!笑

日頃からお世話になっているフォロワーさんから1部のチケットはお譲りいただけることになっていたので、2日の仕事後、大阪へ向かう。

現場がある時だけ頑張るネイルを見るだけでウキウキ。


キャンメイクのピールオフベースコートを買ってから塗るのがさらに楽しくなったのでオススメーーー丸2日くらいもつし、シール貼っても問題ないよ。剥がすときは風呂上りだと剥がしやすい。

東梅田で泊めてくれる友達と待ち合わせて~~「ライブ何だっけ?」「Jrのだよ~!」「原点回帰してる、、」と言われたのが面白かった!笑

そうなんだよな~私がKAT-TUNを、彼女がエイトを応援してた当初は全っ然デビュー前だったもんね、、、まともにデビュー組を担当するのJUMPが初めてかもね。カツン担だった頃はY&Jも入ってなかったし。まぁそれはどうでもいいんだ。


2017年5月3日 行ってきました大阪城ホールジャニーズJr.祭り!!!!

年に何回行くんだ。通い慣れた大阪城ホール。7時前に物販列並び始めて、ファンの若さと圧倒的ジージャンの多さに驚きつつも7時40分くらいには買えました。最終日なのもあってか並んでる人数も少なかった。

グッズ販売所ではデビュー曲メドレーが流れてたんだけど、私がイヤホンを外した瞬間にUMPが流れ始めて周囲がざわつく。ちょっと嬉しい。

カツンのリアフェが流れてるとき、近くにいた子たちが「誰の曲?」「KAT-TUNだよ」「これデビュー曲なんだ~」という会話をしていてカルチャーショックを受ける。おいまじか。ジェネレーションギャップ??笑

太鼓ペンラ、全員ファイル、フォトセみゅうとだけを買うつもりが、ギリギリになってうちわを2枚追加する。若干盛れてない気がした・買うなららぶトラどちらも買いたい=1,200円・収納に困る、ってことでどうしようかな~と思ってたんだけど買ったよね。そろそろうちわ収納について考えなくては。

立見だったので備忘録ついでに立見入場レポ。
1部は開演が10時、開場が9時。8時半くらいには階段をのぼって集まり始めました。集合場所はグッズ販売所の横で、噴水広場から見える大きい階段を上って行く感じ。階段前で一度チケット確認。

最初はばらばらに集まって、100番ずつ呼ばれて入場口の前にあるスペースで整列していく。自分たちで「何番ですか~」と声を掛けあい並ぶ。9時には1番の方から入っていくので、200番までの方は本当、早めに集合場所に向かうことをオススメします。

そして入場~~私は700番台だったので、もうだいたい座席後ろの立見最前みたいな位置はぐるっとどこも埋まっていて、でもどんな感じなのかなと見てみたくて通路を徘徊してました。ステージ構成がいまいちよくわからなくて、メインステージどこなの??と思ってたら横だったんですね~~センターステージがメインなのかと思ってしまって、始まってからメインステージ裏に自分が立っていることに気づき、やっちまったな~と思ったよ。考えることを放棄してはいけないな~!笑

立見だと、スタンド席のお客さんも立ち上がるから自分の手前は間違いなく見えないので、近いから~じゃなくて見えない場所を理解した上で場所取りするのがとても大事。モニターがよく見えるところにしようとは最初から思ってたのでそれは問題なかったよ。モニターが真ん中上部にどーんとあったから見やすかったけど、スピーカーもあるからね~場所によってはスピーカーがかぶってモニター見づらかったんじゃないかな?

JUMPのときもなんかそんな感じの状況で、、モニター見づらいと切ないよね、、

立見席がアリかナシかと言えば、私は入れたら何でもいいので全然アリでした。立ちっぱなしそんなにしんどくない人間なので。あんなに大人数のジュニアを間近で見たら倒れそうだな~と思いながらモニター見てた。

 

さて本編。セトリ見ながらなんとなーく書いていく!

ざっくりこういう視界でした。手前がメンステね。基本背中見てる感じ。

f:id:cazucca:20170504125326j:image

オープニングとりあえずモニターに謙ちゃんが映った瞬間「ほげーーー本物やーー!」(モニターだけど)びっくりする。謙ちゃんがおはようって言ったよおお(;o;)スゴ

関西のだいちゅんが出てきた瞬間とか、文一くんが出てきたとき、とにかく関ジュが活躍すると周りの反応がすごくて、あーここ関西なんだな~と思った。関西の人って関ジュ好きなんだなあ!って普通のこと思った。

私もずっと京都で生きてきたしジャニオタ歴も通算したら長いけど松竹座に通ったことなくて、関ジュのことはあまり知らないんだよね。。真鳥くんとるーたくんくらいじゃないかな~~私わかったの。まいジャニ見始めてからメインどころ(どこだ)は覚えてきてるけどまだまだ、特に小さい子はわからーん。までも道枝くんが出たときは全体的に歓声が大きかったかなーとは感じた。

OPメドレーのときはちょうど私が「見えてる位置」の角に怜央がいて、しゃがみながらノってるのが良く見えて可愛かった。黙ってたらとんでもないイケメンなのに黙ってないから可愛い可愛い怜央。みゅうさんがどこにいるのか、そもそも何を着てるのかもわからなかったから、見つけたのはTravis Japan「Shelter」のときだった。

・とりあえず見える範囲で探す
・あれっぽい
・髪型がなんか違う気がする
・あっでもみゅうさんだ、、、髪切ってる、、!

 マッシュって言うレポ見たけど「マッシュだったのか???」という気持ち。わからん。なんかずっと後頭部見てたから髪型についてあまり覚えてない。アカン。記憶が飛んでるのかもしれない。笑。マッシュ=伊野尾さんの髪型だから、あんまりマッシュだなって思わなかったのか??

スパノバも見たかったけどShelterは昔から好きな曲だったから嬉しかった~~~~みゅうさん見えたし~~~!

Love-tune「Masterpiece」、やるかなー見たいなーと思ったからこれも嬉しかった!!サビはみゅうさん真ん中で踊るからこのときもちゃんと見えた。後頭部が。あと片足振り上げるやつも見えて、上から見てても長かった。。カッコイイ

「サクラ咲け」でみんなが色んなところに散らばってるとき、みゅうさんがらぶ衣装の上からトラの衣装羽織っててあるいてて、手をぴろぴろしてる(そういう振り)のが可愛かった。ぴろぴろしながら時々ファンサしてるのも見えた。

Mr.KINGソロメドレー、かいちゃんのRemedyとても好きだから感動。終演後も頭のなかめっちゃRemedyだった。歌詞全然わかんないけどかいちゃんがこめかみに指をあてて「りめっでぃ~いいいぇ~」ってやってるのずっと流れる。笑

周りがほんと、関ジュとキンプリ辺りになるとすごい高まってて、私は基本らぶトラで高まってて、お互いなかなかの温度差だった。私はらぶとらが出番終わると屍のようになって柱にもたれてモニターで見守ってたんだけど、周りの子達は曲中すごく踊って楽しんでたよ。驚いた。

SixTONESが「Amazing!!!!!!」やるときにも周りのテンションが上がってて「どうしたどうした!?」と思ったんだけど、SHOW合戦効果だねきっと、昨日の帰り際にそれ思って自分で遅いなと笑ってしまったよ!

「Amazing!!!!!!」とってもよかった~~少クラで何回か見てたからこれまた感動。

Travis Japan!!!!

まじでみゅうさんの後頭部ずっと見てた。慣れてきたら後頭部だけでわかるようになってきてる自分が面白かった。みゅうさんが真ん中で踊ってるのがシンプルに嬉しくて、かっこよくて。テレビ見てるだけではあんまり後ろから見ることもないから、あんまり誰と認識せずに振りの揃い方をしっかり見られるのは面白かった。

でもそんな後頭部を見てても朝日くんがわかりやすすぎて愛おしかったw

Love-tune!!!!

気づいたら私の唯一の視界に黄色のジャケットを着たみゅうさんが立っていた。ものすごくはっきり見える位置で、そこじゃないと見えないくらいのドンピシャな場所だった。

「あ、ここで正解だったんだな」と思って泣きそうになった。。

まぶしい黄色のジャケットでベース持ってるみゅうさんの姿が頭にずっと残ってる。

もろちゃんがサックス吹き終わったあと、みゅうさんと笑い合ってて大変微笑ましかった。もろちゃんが私から見て手前にいたので、みゅうさんの笑顔が見られたよ。あ~みゅうさん笑ってる~~と思ってまた泣きそうになった。

もろちゃんのサックス聴けて嬉しかった。もっと長~~~く聴きたかった、それ言えば楽器隊みんなのソロあってもよかったのにね!! 関西の子達すごいフューチャーされてて上手かったしめちゃくちゃ悔しかった!

顕嵐ちゃんの金髪がね、私がすごく好きな色味(いっそ白っぽくなってる色)で最高だったな。モニターチラ見しただけだけど超かっこよかったよ。

さなぴがギター弾きながらカメラに向かって指をくいっとしたのも死ぬほどかっこよかった。

謙ちゃんを見るとなんか安心する。は~謙ちゃんだ、つって。最近ずっとらじらー9時台を初回あたりから聴いてて、声だけでだいぶ落ち着く。かっこよかったし綺麗だった謙ちゃん。うわ~謙ちゃんだ~~って本当になるの!!笑

萩ちゃんの位置は見えたり見えなかったりで勿体なかった、、、ドラマーの背中を見る場面もあまりないのに~~髪がふわっとしてて可愛らしかった。

メンカラの服を着てくれてるとやっぱりどこにいるかすぐにわかるからいいよね~~揃いの衣装も素敵だけど、これからメンカラ衣装もどんどん作ってもらおうね。

はいパリマニ。死んだ。イントロから死んだ。モニター見るべきか実物見るべきか悩んだけど、肉眼では顔見えないからw、モニター見て死んでた。言葉にならない。。。何も書けない。。超絶かっこよかったもう本当に生きててよかった。あんな長時間モニター占拠しちゃうなんて聞いてない。尺長い。尺長いって。もうあかんて。と思いながらウインクした瞬間「アーーーーッ!!!」て。叫んでないよ。声にならなかった。どんなだよ。ぐぅぅぅうかっこよかった。。

ジャニストが少クラでやってたの見てからもう本当にパリマニ大好きで、パリマニとone chanceだけ入れてるの。パリマニをらぶ4がサマパラでやってたことは聞いてたんだけれど、さいたまで増やして今回7人で、ってことでもうね、、最初の神ちゃんとこみゅうさんがやるって、、もうね、、、もうね、、、、もうね、、

上手側のサブステで踊ってる時はちょっと場所移動して、見やすい位置から見た。見えた。そのあと横の花道を通ってセンステに戻っていくんだけど、みゅうさんが後ろ向きに踊りながら戻ってて、そこも良く見える位置だったから!もう!何やってんのーーかっこいいじゃんーーーー!!アーーッ!言葉にならん!! 語彙力をくれ!笑

もう本当に本当に本当にかっこよかった、かっこよかったなーーー!!痺れたーーーー!! 全く同じものにはならないけど少クラでやってくんねーかな! レギュラーにジャニストいるから無理なのかな!? そんなことないよね!? やってほしい~~~~~映像に残そうよ~~~ほんっっっとにかっこよかった、見られてよかった!!

しばらく放心状態。そんでメドレー。

バラけるとすぐみゅうさんを見失う。らぶの面々はすぐ見つけられたので(顕嵐ちゃんが見つけやすい)、みゅうさんに執着せずらぶめん見てた。怜央や顕嵐ちゃんがカモナ踊ってるの見て死にそうになる。かわいい。

Sexy Zone」で道枝くんが「Sexy Rose」担当だったんだけど、ピンで抜かれた瞬間から歓声がすごくて、映る→キャー!→セクシーローズ→キャーーー!の流れが秀逸だった。私はニヤニヤして見てた。


とらじゃ! Cha Cha Cha チャンピオン! 車掌の衣装が素晴らしい!!!好き!

噂に聞くのえるくんの美声が想像以上の美声でぶっとんだ。のえるくんすごく好きなんだけど私は黒髪派だ~~~(知らん)朝日くんのwoo babyは周りも沸いてた。私も非常に沸いた。朝日くんの、自分のグルーヴ溢れてる感がすごい好き。とらじゃちゃんぴおん~~!叫べて嬉しかった(;_;)山手線は御堂筋線になってたね~~!

あと私しめちゃんのお顔が最高に好きなんだけど昨日もほんと顔が好きだわ~~~!ってずっと思いながらしめちゃん見てた。笑

らぶ! むちゅー!

記憶がない。怜央が顕嵐ちゃんに手を差しだしていて、その手を取った顕嵐ちゃんの、その画しか覚えてない。笑

CALL~~~~~~! CALLもまあまあ記憶ない。城ホでCALLやってること、それを見てることに感動しすぎてて、胸に手を当ててじっと見てた。そしたらHey!!をコールすることも忘れていた。本当にかっこよかったな~。

みゅうさんここでも見えるところにいてくれて、みんなで手をガシッとするところも見えたし、エビ反りしてるみゅうさんもうまいこと見えた。嬉しかった~~~あれは正面からだと見えない位置かもしれないからここでも幸運だった、、エビ反りの瞬間だけは周りのみなさんも「お~~~っ」とざわついていたよ。インパクトあるよね~~~

そのあとのプリプリとかももう私は呆然としていて、踊ってるお嬢さんたちを後ろから見ていた。ちょっと踊ってみたけどやっぱダメダメだった。笑

岸くんの声やっぱりめちゃくちゃ好きだわ〜〜。

大ちゅんの「離さないで愛」、この曲は私が亀梨担になったきっかけの曲だからびっくりした。流星くんの「猫中毒」はこれが噂の猫中毒……!だったし殺傷能力高すぎた。恭平くんは何やるんだろ~~と思ってたら「愛してる愛してない」だったね~そのときは道枝くんを見つめてしまった。

Love-tune × Travis Japan

萩ちゃんのドラムでトラジャが踊ってる間、らぶめんはドラムの後ろで集まって何やらごそごそ。もろちゃんが正座してお茶飲むフリしてるのは見えて、あとみゅうさん前髪触ってたんだけど、あとからレポ見たら前髪切るフリしてたのかな??

下向いて前髪触ってる感じすげー疲れてるように見えて(上から見てるからだいたい下向いてるように見えるけどw)どうしたどうした~~??と微笑ましく思ってたけど髪を切ってそういう小芝居してたんなら本当に可愛い、、ちゃんと見たかった、、、

トラジャが踊って、Fantastic Rideに入る前かな? タイミングは定かでないけど、怜央がみゅうさんのベース持ってきてくれてた。渡されて、弾き始めるところまでちゃんと見えてた。

それでFantastic Rideがもうね……なんかすごく感慨深くなってしまって。途中涙をぐっと堪えてた。演奏しながら、踊って、楽しそうにステップ踏んでるの見てるとなんかグッときた。

ダンスクでのえるくんのインタビュー読んで、「もう誰かが抜けるのはないようにしたい」という言葉にそうだよなあって思ったところだったの。でもみゅうさんは、いつかどっちか選ばなきゃいけなくなるときが来るんだろうか、今こうしてコラボして、ひとつになってパフォーマンスしてるし、夏にはまた一緒にやるし、でもみんなが夢を目指していくならきっと永遠に一緒にはできないんだろうなって気持ちもあって。

Love-tuneにデビューしてほしい自分もいて、そしたらTravis Japanはどうなるんだろう、ずっとみゅうさんいられるのかなって思ったらもうね~~~たまらなくなってきちゃって。。みんなすごく楽しそうだから余計に。本当素敵なパフォーマンスだった。多幸感あふれてた。

そのあと屍のようになって柱にもたれかかってボーーっとモニター見てた。キンプリ人気はやはりすごい。BTNで脱ぐときの悲鳴ときたら。

ここにいるファンの人たちはそれぞれのグループに対して「デビューしてほしい」と思っているはずで、このうち誰かが、どこかデビューしたらみんな、ステージにいる子たちも、それを見てるファンも、泣くんだろうか、嬉し涙だったり、悔し涙だったり、哀しかったり不安だったり、とまた考えてしまって、 あまりに切ないな~~と変に考えてしまったよ。

ここにいるすべての子たちがデビューするなんてことはとても非現実的な話で、彼らが、全員がまた10年後も同じようにこの場所で笑っていることはきっとありえないだろうと思うとたまらない気持ちだった。ちょっとだけね。

アンコールの勇気100%で、私が見えてるセンステの端の方でトラジャがさ~~ちびっこが踊ってるスペースの間で、ちょうど角っこのところか、朝日くん、ちゃかちゃん、うみんちゅの順番で踊る、踊らせるみたいな遊びをやっててすごい可愛かったw みゅうさんがそれ見てもうずっと爆笑してるんだもん!

みゅうさんも前出るかな~と思ったら出なかった。止められてた?笑 うみんちゅ倒れ込んでて何やら楽しそうなやりとりだった~。

こんな感じかな!!!

以上、初めてのJr.現場でした~~~~~~!

なんかほとんど見えてなかったけどすごく楽しかった!!!!

立見なのと番号も聞いて譲ってもらってたので、全く見えずモニターだけになっちゃうだろうな~とは思ってたけど、思いがけずみゅうさんがたくさん見えるところにいてくれて本当に本当に嬉しかった。たまたま、適当に立ち止まった場所だったのにそんな幸運にめぐりあえて震えた。

Funky8のパフォーマンスが見られると思ってたから、彼らいなくてすごく残念だった、、、ダンスクでみゅうと・ちゃかちゃん・末澤くん・丈くんで対談してた中身が印象的でぜひコラボしてほしかったから。近いうちに必ず見たいぞ。

全体的に知らない曲が多くて、まだまだ修行が足りんな~と思った。 足りてるとは思ってないけど(笑)セトリ書いてる人とかまじすごいわ~~思えば勝つんだWINもたぶん初めて聴いたもんね。あとバンバンッで周りの子達の振りが揃いすぎてて調教されてるなあ!と感心した。ドルオタ現場だなあ!とすごく思った。少クラのステージ上の子達とかいつもそうだけど、実際に見ると驚く。

太鼓ペンラかなり持ちやすかった。でも持ちながら双眼鏡覗くのがわりと手間だな~と思ってて。途中から手首に付けてた。手首すげー細いから普通にスンッと入ってびっくりしたけど動きやすかった(笑)

向かい側の客席がすごくよく見えて、客電が落ちたときに上から見るペンラの海は本当に綺麗だった。祭りのペンラが赤と白なのに、カラフルなペンラがたくさんあったのは普通に驚いた。デビュー組だとだいたいそのツアーのペンラが多いと思うしね。色とりどりのペンラすごくきれいだからJUMPもそろそろ9色ペンラを作ろう。うん。

関東と関西の共演が、アウェーかホームかみたいな話になっていて、確かに私も

こんな呟きを残していた。トラジャの名前コールも、もろちゃんのらぶコールも、CALLのHey!!も、反応してる人は少なかったな。でもキンプリ関ジュ出たらめっちゃ叫ぶしめっちゃ踊ってる、非常にわかりやすかった。色んなグループが出てればこんな感じかな~と思ったし、そういうの面白がるタイプだからそれほど気にならなかったけど。言われてみれば、ホームとかアウェーとか思う人もいるのかなあってくらい。

でもね~興味がないからって座られるのも悲しいけど、それによって視界が開けてとても助かったりするんだよなあ。ちょうど萩ちゃんがセンステでドラム叩く位置を塞いでた人が、完全に座ってはないけど少し腰かけたときナイス!!!!って思ったもんね。ファンには不愉快かもしれないけど、後方にいるファンからするとちょっとありがたかったりするのよ。でもそれをステージ上から見たら、哀しいかもしれないね。

 

 

終演後は京橋でうろうろしてて、京阪モールかな?の中に300均の雑貨屋さんがあったのよ。黄色いものがすごく欲しかったからとりあえず買ってきた。メンカラおばさんですよ~~~このリボンの黄色はあんまり似合わない系の黄色だった気がするよ~

f:id:cazucca:20170504125414j:image

でもやっぱメンカラはテンション上がる、、、黄色の小物って可愛くない??嬉しいな~~今度はスニーカーとバッグがほしいよ。夏っぽいの。サンダルでもいいな~~

あとカテゴリが大変なことに、、、いっぱいになってしまってる、、常に4つ付けると見た感じかさばるな~これ

 

勢いに任せて書いたので支離滅裂な感じになっていて申し訳ない!
記憶力にはあまり自信がないほうです!!

 

改めて、ジャニーズJr.祭りの開催、おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

今度はもう少し小単位のグループで関東と、関西とで公演してくれるといいな~。SHOW合戦みたいに東西Jrがもっとコラボしても面白いよね。Funky8とトラジャは本当見たいのでよろしくお願いします偉い人。

 

 

 

 

 

Hey!Say!JUMP LIVE DVD【DEAR.】感想

やっとDEAR.のDVDが出る!!!!だがしかし「From.」どこいった!!!という個人的な騒動から早1か月。25~27日の間、DVDが到着するのに合わせて上映会をしよう、といつものJUMP会メンバーと決めて、26日に4人で集まってきました。

始める前に週刊TVガイド*1を買ってきててひとり読んでたんですが、大運動会のときに、やまだみゅうさん*2Travis Japanはダンスすごく上手いね」と言ってくれたそうで、めちゃくちゃ嬉しくて思わず何度も唱えてしまい、「噛みしめてるww」とみんなに笑われた。

Travisはね~~~JUMPのダンスとはちょっとジャンルが違うのかもしれないけど、JUMPよりもダンス揃ってるんじゃないかな~~と勝手に思ってるよ。去年のクリエではJUMPの曲も結構やってくれてた。。人数同じだったしね。そして唐突に「いつば」を付ける。

www.youtube.com

脚長すぎ森田美勇人にぜひ注目してください。あ~嬉しいほんとに自担たちがあの大人数の中で絡んでいた世界に感謝。。

 

 

みゅうさんの宣伝はこの辺にしてDVDの感想いきまーーーーす!!

まず

カメラワークが
きっと見る人によるんだけど、残念ながら私は好きじゃなかった。。。

謎カットの連続に4人して、この視点のカメラ多いけどいらなくない!? もっと足元を映して!引きすぎ! 二段階で動きすぎ! なんでモニターで抜かれてるカット使わない!? 客席映りすぎでは!?とか、ある意味とても楽しく見られたんだけど、カメラワークって大事なんだなと改めて思いました。。

なんかバンドのライブDVD見てる感じで、いやいやアイドルなんだからお顔を多めに見せてくれたらいいよという気持ち。スイッチングも気になって入り込めない部分がちらほら。なぜ大事なところで寄らないんだ箇所多すぎ問題。カーニバルのときはそんなこと思わなかったしすごくよかったのにな~~。

カメラワークはDVDの根本にかかわる問題で最重要事項な気もしているけど(私にとってはね)、ここでそこに文句つけてもしょうがない。Hey!Say!JUMPのパフォーマンスは素晴らしく、「カメラワーク悪いらしいけど、買うのやめようかな?」と躊躇うほど悪いレベルじゃないと思うので、ものすごくカメラワークにこだわりがあるんだって方以外はそれほど気にならないと思います。Hey!Say!圧倒的最高JUMP。

スイッチングが変なので三半規管がすごく弱いとちょっと酔うかもしれない。観客の頭とかを入れてくるアングルが多いから、臨場感があると言えばそうかもしれない。客席から見たらこんな感じなのねアングル。DVDはDVDの、映像作品としての楽しみ方をするから臨場感とか別にいらんけどな! 言いたい放題言ってる!!

とにもかくにも山田涼介のオールバックまーーーーじで最高ですよ。

やっててよかった山田涼介オールバック担。嫌いな人はごめんなさいね。これを収録日にやった山田涼介最高かよ~~!

カメラワークをイジりながら見てても山田がドアップになったら「うぅあ」「うぐぅ」「ぎゃあ」と気持ちが悪い声で唸る私を笑うみんな。好みでないカメラワークも山田涼介のドアップにより無罪である。ビジュアル強すぎてしんどい。肌がきれいすぎて「これ加工してないよね?」と驚く女たち。むしろ加工しててくれたほうが浮かばれる。。

 

オープニング映像

「私たちが行ったときは金髪だったね……」と。それもまたいい思い出だな~。映像とともに、ライティングがそのとき登場しているメンバーの担当カラーになってるのが全然記憶になく、それを言ったらみんなも気づいてなかったらしい。

この映像、すごく好きだから別添にしてほしかったな~!

Maspuerade

赤い衣装の見事なこと。動くたびに金色の模様がとても美しく光るのが何とも言えない! この衣装デザインして形にした人天才では!

仮面をつけて踊ってるところは生で見ててもあんまりよくわからなかったんだけど、DVDの寄りで見ると破壊力がすごい。豪華で華麗。ゴージャス。ジャニーズすごい。仮面つけててもめっちゃイケメンやないか。

RUN de Boo!

この曲こんなに可愛かったっけ……?

なんでソロアングルこれにしたの??って思ってたけど、本編見てすぐソロが楽しみになった。サビの振りがもう何が本物かわからなくなる現象。 

キミアトラクション

で、出た~! Hey!Say!JUMPの「横アリだけ何か降ってくるやつ!」

キミアトめちゃ好きで可愛い瞬間いっぱいあるのに引きが多くてもったいなかった、、、今そこじゃねーよ!っていう!!

でもやまだが「Baby もうキミチュウドク~」の部分の、すごい好きな「Baby」の振りをやってるいのおさんがしっかり入っててすぐ許した。笑

「君がNo.1」のくだりでは「これレポで読んだやつ……!」と興奮。圭人の「I'm No.1」かな? かっこよかった~~~~大サビでは手を繋ぎあったいのちねが頭ごっつんこしてるように見えたんだけどあれは痛かったのでは、、、と思いつつほっこり。可愛いな~~いのちねは女子高生的な可愛さあるよ。

Viva! 9's SOUL

リニューアルした歌詞が収録されてホッとしたけどわりかし何言ってるかわからんな! またじっくり聞きたい~時事ネタがたくさん詰まってるから、これを見れば2016年の夏に彼らがたくさん素敵な仕事をしてたことを思い出せるなあと思った。

メンカラのベストの安定感。ステージの横でわちゃわちゃしてるのがひとりずつ確認できないのは少し寂しい気もする、、一度味わったものを忘れられないやつ。。 

ウィークエンダー

メンバーがちらばって踊るウィークエンダーは少し新鮮に思える。ラップを歌いながらメインステージへ向かっていくBESTたちが楽しそうで好きだなー!

スーパーやまちねタイムとスウィートアンサー、ごちそうさまです。

Speed It Up

この衣装ちょーーーーーーかっこよくて好きしかないから改めてしっかり見られて嬉しかった、、感想部分のモニター使ったダンスはしっかり映ってて興奮した。ああいう映像と合わせたダンスをやる演出大好きだ~~~

2番のセリフは大ちゃんなのかな~と思ってたので薮ちゃんなんだ!?と言ってしまった。刺激的だぜ!!!

パーリーモンスター

圭人かっこよすぎ問題。パリモン出の圭人担増えそう~~増えてくれ~~~ 

今夜貴方を口説きます

光くんのビジュアルすげー強い。いのちゃんは絶妙なキノコ感でよい。あと一週間収録が遅かったら長すぎただろうな~~ふたりとも手指がほんと綺麗だからパラパラが最高。

冒頭の謎背中ショット笑った。

 

order前にの圭人オン・ステージめっっっっちゃくちゃかっこよかった!!! あのへんのカメラワークは好きだった。みんながそれぞれ何をやってるのか、現場ではあまりわかってなかったからな~。改めて、圭人の特技を活かした素敵なコーナーだった。

order

椅子つかった演出が好きすぎるからorderは本当に嬉しくて嬉しくて。ちょっとけだるい感じのダンスもすごく好き、ソロアングルありがとう!!!

椅子の背もたれの上部に指をかけて踊るところ、足をパカパカするところが好き。好きなところいっぱいある。

愛シュビ~We are~我 I~マジサン

(いきなりまとめる)
Hey!Say!可愛いJUMP!!! タンバリン芸考えた人天才!! ペンラ芸も楽しい!!! かわいい!!

「その唇奪っちゃっていいですか~?」「いいですよ~~~!」が出来て嬉しかったことを思い出した。。走り気味に歌うやまだ。。。かわいい

マジサンの、、、「まいすいーとはにはに」のメロディから始まる一連のくだりが可愛くて可愛くて。単体の曲としてはそれほど好きではないけど、ライブの中にある盛り上がる曲としての位置づけとしては最高だし、全会場の自撮りコレクション見てみたかったな~;;グループによっては特典につきそうなものなのに、、、そういうところが真剣残念

 

MCの切り方が斬新だし次への繋ぎも斬新。いきなり。
ファンタ前のトークはすんごい可愛かった~~~ひよことゴリラとカエル。

Fantastic Time

ファンタはシンプルな衣装で見ることが多かったから、まっすー衣装で踊ると画面がうるさい。動きづらそう。でもまっすー衣装大好きだよーーー。

Cメロのやまちね、カメラがパパッとドアップ映すからびっくりした~~~「ここすげー寄るよね!!」と思わず言えてしまった。「ここを寄らずにどこを寄るのか」と言われてしまった。そうだ、そうだよね。ひとりずつのドアップがそこまでババッと来るとは。

大サビのいのやま、抜かれないかと思ってドキドキしちゃったよ、、、思わず拝んだよね、、、、ありがとうございます。

My Girl

マイガールのカメラワークがいちばん如何ともしがたい感じだったのでした。

「そこじゃない!!!!」ってずっと言ってた。もうちょっとじっくり回数重ねて見たいと思う。難しいなカメラワークって。

僕とけいと

マイガールでびーびー言った後のスーパー天使タイム。けとちねが仲良く歌う姿がもう天使すぎて何も言えねえ。なんも言えねえ。すんんんごい可愛かったも~~~ふたりの体格差がたまらんよね、、なんかね、、、、かわいいね(語彙力)

ピアノソロ~ChikuTaku

いのおさんのピアノソロからの、CD音源とは違う山田ソロからの、薮ちゃんソロ。美しい音色とハーモニーにうっとり。。。から始まるJUMPバンドの演奏!!

ドラムの裕翔が映るカットがかなり多かった気がするから、DVDの編集を担当した方はやっぱりバンドDVD作ってる人なのかな??という気持ちになったよ。笑

ちくたく衣装大好きなんだ、、、これを着てる薮ちゃんが好きすぎると言っても過言ではない、薮ちゃんが超かっこいい衣装。

歌っていない人たちのダンスがすごく好きな曲で、それがほとんど映ってない形になったのが少し悲しかった。。そりゃ歌ってる人映してよ!ってなるからな~~だからソロアングルほしかった。楽器隊のソロアングル入ってないのも勿体なさ過ぎない!? 間奏はがっつり3人映ってるけども(くそかっこいい)。

大サビでやまゆとがアイコンタクトしているのがとても愛おしいです。

最後やぶひかがやぶひかなんだけど、そのあと裕翔が映るじゃないですか。口開けてドワーーてドラム叩いてる。それをさ~~薮担ちゃんだったかが「裕翔がやぶひかに沸いてるようにしか見えなくて入り込めなかった、、、」って言い出して爆笑

「そうとしか思えなくなったじゃんwww」と言ってるうちにEveが進んでいく

Eve

Hey!Say! 美声JUMPが降臨。9人いて9人イケメンで9人歌うまいって最高すぎるグループだなという思いを新たにする。バルコニーで歌ってるのが王子感あふれてて好き。

Mr.Flawless

冒頭のMV映像、MVが抽選だったからさ、、、薮担ちゃんが「モニターを映すんじゃなくて、直で入れてほしかった」と。そりゃそうだ。。担当の方でも見られてない方は多いと思うし、ちょこっとだけど本当、ちゃんとした映像で入れてほしかった。

現場のフローレスはずっと薮ちゃんばっかり見てて私の中ではスーパー薮ちゃんタイムだったから、こんな感じだったのか、、と改めて。やっぱDVDいいな、、ありがとうDVD。でも次はBlu-ray出そうな。

心配してた薔薇プレゼント演出、まあまあがっつり客席映ってたけど(笑)渡す瞬間とかはそんなに映されてなくて、思ったよりは大丈夫だったね、と話してた。雄也のカットちょっと不自然だったけど(笑)よかった。ほんと色々やってたしね~~

相変わらず薮ちゃんの美声とスマートなダンスが好きすぎる。

SUPERMAN

眼からビーム。この映像もちゃんと入れてほしかったな~~今までは隠し映像あったのにどうして今回はないんだ!?ってこんなことばっかり言ってるよ。。小言ばっかり言いたくないけど。。。でも書いちゃう。この映像だってみんなイケメンすぎんだもん!!!とか言って実は隠し映像あったりして。あってほしい。

DEAR.の中では一番好きなのがSUPERMAN。シャンデリアいかついわ~~~~~!強いわ~~~~!!

やぶやまのBメロが死ぬほど好きで映像と共に私は死んだ。やぶやまが強い。Wセンター状態になってるとき最高すぎる。うう~~~~好き

Tasty U

SUPERMANが好きすぎるからか、頭が弱い空か、Tasty Uの記憶がほとんどなかったから「こんなんだったっけ、、、」と終始思った。笑

「ロマンスに揺れる約束さ」で小指を立ててるところすごく素敵な振りで気に入っている。細かい振りはソロアングルで確認。全体的に本当綺麗な振付だな~~どなたが担当されたんだろう。。

千手観音の振りと、そこから左右に広がっていくフォーメーションはめちゃくちゃ綺麗に映されていて最高ですよ。やまだの腰痛のことがあって(だと思われる)振付が一部変更になっているけど、元のがどんなだったか覚えてないのが残念。収録されてるのも充分かっこいい。

Ride With Me -2016-

この曲が始まったときの衝撃が忘れられない。何が起きたかわからなかったな~。

guru.hatenablog.com

「Ride With Me」のアレンジバージョン。この曲についてはMステのウルトラFESで披露したときに一本記事を書いてた。

もちろん、ライブで披露したもの(今回収録されているもの)とは全然違うからものすごく楽しみにしてたーーーーーかっこよすぎてわけわからん曲だよマジで。

円形のセンターステージで踊るのがまたいい。あとライティングめっちゃきれい。

キラキラ光れ

ここからファンサ曲。いろんなファンサが見られるし可愛いし愛おしい。

やぶやまが飲み物のやりとりしてるところが愛おしすぎてうおおおおおおってなった。ラインダンスが可愛いんだ~~裕翔まじ足上がりすぎ~~~~~ダンスパート終わりだからみんなの汗がキラキラしていて本当に美しい。 

Come On A My House

とりんとりんが可愛い。BESTが可愛い。JUMP可愛い。可愛いわ~~~。いのおさんの「知念さんちに行きたいか」煽りしっかり入ってて満足。笑

アリーナ席に入ったときのことを思い出して「近かったね~~~~!」といきなり興奮し始めたりした。

明日へのYELL

上映会にもタオル持って行けばよかった。。 タオル持ってじゃれあうメンバーたちが入ってて嬉しい。ありちねもありやまもありけとも可愛すぎる~~~~~

Dear.

ピンクのこの衣装が似合うメンバーと似合わないメンバーについて談義する。JUMPはなんでも着こなせると思ってたけど、この色はちょっと、私はあまり好きではなかった。ちぃちゃんは間違いないし、いのおさんは女子だ。笑

やぶやまハモりは至極のハーモニーだよ~~~~~~薮担ちゃんが「ユニット組んでほしいなあ」と呟いてくれて、私もずっと思ってたことだったから、薮担ちゃんにもそう思ってもらえてて嬉しかった。「組んでほしい~~~~~!!」と叫んだ。合致すると嬉しいやん。。

 

やまだの挨拶で一旦おわり。光くんのモノマネ似てないとかなんとか言っちゃうあたり好きだよ(笑) やぶけとが頭寄せてるのがたまらんかわいい。

アンコール ~ マジパ・愛ハピ

肩出しのいのおさんは流行のオフショルダーを着てる感じで可愛らしすぎるので、一回着てみてほしいオフショルダー。色白だし透明感あるし本当なんなんだろう笑

 

みんな丁寧なファンサが眩しい。笑顔が眩しい。最後みんな並んで、イヤモニ外してニコニコしてるのが愛しいわ~~~~~

 

本編の総括

後半は自宅でDVD見ながら書いたけど、前半は仕事の合間にぺぺっと書いたのがほとんどだから何かおかしいかもしれない。字数が字数だから見返して増やすのも何だしそのままあげたよ。

相変わらずJUMPは可愛いしかっこいい。JUMPに関しては自分が何度か見たツアーが映像化するのは初めてで、ライブ中は楽曲によって担当しか見ていないことも多かったから新鮮さもあった。懐かしくもあり、彼らが目の前にいたんだよねと思い出してみたり。

いろいろ書いちゃったけど本当に「だからダメだった」っていうのじゃなくて、「もったいなさすぎる」気持ち。カーニバルの方がよりたくさんの人を沼に落としそう。かわいいってキャッチーなことなんだな~と改めて思った。カーニバルの可愛さ・ポップさでJUMPに惹かれた人の心をガチッと掴めそうでとても嬉しい。

Blu-ray化を常々願ってきてるけど、JUMPの映像作品はDVDでも綺麗ではあるんだよね。やまだの汗やばいよ?光ってるもん。肌も。人間じゃないよ。Blu-rayになったらどうなるんだろうw 

 

視聴が終わり、トイレから戻ってきた誰かが一言。

「隠し映像ないの?」
「なかった……探した……」
「From.……」
「このインストで使えばいいかとかそういう問題じゃないのよ」
「ここで使われたところで!!」

と、また「From.」の不在を嘆きながら、小休憩を挟み特典映像(ソロアングル)へ。

 

特典映像 ~ソロアングル4曲×9人分~

特典映像で気になったシステム上の問題
 ・ALL PLAYがない(今回も)(なんでや!?)
 ・ひとり再生するごとにメインメニューへ戻りやがる(なんでや!!??)

ALL PLAYもほしいけど、個人ごとの仕分けもあったら素敵なのにな~~もったいない。

ソロアングルも全曲全員分みんなで見ましたよ。上から順番に。同じ曲を9回見るってなかなか面倒くさいんだけれど4曲×9回しっかりと! 見終わるの遅かったから木曜めちゃくちゃ眠かった! 5時25分起床を放棄したよね!!

本編と比べてって言うのも変な話だけど、ソロアングルがすごくよかった。細かいとこで言えばあれこれ書けるけど別にそこまでイジる必要もなくずっと見てられる。これだけで衣装が3種類楽しめるのがすごくよかった。

個人的には、上でもしきりに書いたけど「ChikuTaku」で歌ってない人・演奏していない人たちが踊っているダンスが大好きだったのでそこをソロアングルに入れてもらいたかった。「We are 男の子」のタンバリン芸も。まあ上げだすとキリがないし、4曲全員入れてくれたのすごくうれしい。。らんでぶー何で入れたんだ~とか思ってたけど、見たらすごく可愛くてJUMPが炸裂してた。

いきなり引きアングルに切り替わったりするから、ホームビデオだという設定で見るとなんか楽しかった。パパだったりママだったり。笑

裕翔パパのカメラすごい上手いね~~~! さすがだ~!」とか言ってw 裕翔アングルどれも良かったな~。赤の衣装のはためき方が美しかったのと、まっすーが作った裕翔衣装がすごく好きで、トップスの丈感やサイズ感が絶妙だった。この頃の黒髪も好きだな~~ダンスが丁寧で好きだな~~~

わたし金髪の薮ちゃんがすごい好きで、違うメンバーのアングルの中に薮ちゃんがログインすると「あー!イケメン!イケメンいる!!」とすごい言ってた。上から見ていってたから薮アングルは最後で、9人いるからさすがに中だるみもするときもあって、「デザートが待ってるよ!」って言ったんだけど見始めたら「メインディッシュだねこれ」と言われてしまった。かっこいいよね~~。

まっすー衣装が超似合ってたちぃちゃん。ダンスがやっぱり美しくて。orderなんか特に「ちぃちゃんが踊ってるの見ると、振付の意図がわかる気がする」と話してたくらい。キメきった表情をせず、曲の中で生きてる、曲を表現しているのが本当に素敵だった。Maspueradeの「Shall we dance, My honey?」でしゃがむところ? 華麗でしなやかな動きが好きすぎる。ちぃちゃんのダンスは「表現」なんだよな~~~。

いのおさんは女子か???ってところが多すぎた。むしろ女子だった。でも後半のぎらぎら衣装ではキャップかぶって男らしかったりして。まっすー衣装のヒョウ柄が似合いすぎててすごい。ダンスの記憶はあまりない。手指の動きがとてもきれい。orderではいのおさんのちょっとゆるいダンスがいい感じに気だるげに見えて好き。

雄也は顔がずっとキマっててすごいな~と思いながらorderを見ていた。雄也だけ赤衣装の、、、なんだろう、留め方が他のメンバーとちょっと違うからかむっちり感があってとてもセクシーだった。。でも笑うと可愛いんだよね~~お姉さんみがある……と何回か言ってしまった。

金髪カラコンでお人形さんみたいだった光くん。担当さん的にはOKな感じなんだろうか??と思いつつも私はとても好きなビジュアルで(ちょっと襟足長いけど)(髪切れオバサン)良いな~~~としみじみ。元々彫りが深い顔立ちだから似合うしハマるよね。髪色すごく好きな時期のだから嬉しかった~。

髪が長かりし頃の圭人、、、やっぱり好きだ。可愛い楽しい曲のランデブーでも眉間にしわがよってるのがまた愛おしかった。圭人だったかな~Maspueradeで肩を上下させる動きがあまりなめらかでなくて、苦手なのかな!?と思ったのは。あそこの振りは得意不得意がなんとなくわかる箇所に思えて、気にし始めると面白い。Tasty Uで髪を結んでからのがもう最高of最高。

大ちゃんはやたらと「オモチャみたい~!」ときゃっきゃするタイミングが多かった。元気いっぱい可愛くて、でも男らしさも感じられて。今の黒髪やっぱりいいわ~~~。いつ髪色、髪型変えるのかドキドキしてるもん。ナイス襟足。ナイス刈り上げ。

やまだ。まじ人間じゃない。寄りの圧がすごい。絶対エースのオーラ半端じゃない。ちぃちゃんのダンスはピカイチだし、薮ちゃんもめちゃくちゃ本当にかっこいいんだけど、やっぱりやまだがNo.1だなと思うそんなソロアングル。正直どの曲もやまだを最初に見たからあまり記憶がないぞ。寄りの圧がものすごかったのは覚えている。

 

長くなった!! 楽しかった~~~また繰り返し見て、しみじみ思うことが他にもあればまた書きます~~~

 

 

 

 

 

*1:Love-tuneがいっぱい載ってる。大運動会の記事も素晴らしいよ。出演者ひとりひとり写真が載ってて活躍が書いてある

*2:ジャニーズJr.内ユニット・Love-tuneTravis Japanに所属している森田美勇人。私のもうひとりの担当