あいはめぐる

  きみが笑うたび、ぼくの気持ちは強くなるんだ

2005年から2006年のHey!Say!JUMP その2

guru.hatenablog.com

 

10年前の少クラを録画していたDVDの整理が終わりました。

結局手元にあったのは2006年7月2日放送の回までだった。テーマは 「メッセージ」 。Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔くんがプロデューサー。あと3回あればいのちゃんのプロデューサー回で、4回あれば山田の回だった。泣きそうになったけど、それでも担当Gが出演してないのに録画を続けて残してくれていた高校生の私ありがとう。

整理をしているときはちょうど「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 [DEAR.]」横浜公演の真っ最中で、公演が終わった頃にはレポをあさり、またDVDを整理し、レポをあさり、、、の繰り返しで、自分自身ツイートしてるのが現在のことか過去のことかわからない状態になってしまって変な感じに。。

友人には「時をかけてるねー」と言われてタイムリープ気分を味わっていたw

 

関ジャニ∞がゲスト出演する回が結構あって、JJのメンバーがバックについてることが多かったんだけど「好きやねん、大阪」「∞SAKA おばちゃんROCK」とかをね、踊ってるのが死ぬほど可愛くて。最高に可愛くて。

あとジュニアにQのコーナーで、小山慶ちゃんと安田に「おい山田くん!」「はい!」「やまだくん!」「はい!」って小さい背で左右をひょこひょこ見上げながら反応する山田涼介(13)が天使すぎて。どっちかが話すとその人の顔を見上げるんだけどその「人の話は目を見て聴く」ことが身についているところ、いい子だなあとしみじみ。

 

前回の記事では「やまだがJ.J.Expressの一員だぜって雰囲気で出ていたのに、次の回では下がってしまった(5月放送分)」と書いてたけど、6月にはまた前に戻ってきてて一安心。すごくいい立ち位置で誰よりも笑顔で楽しげに踊っていて、ダンスもキレが良すぎてひとりだけ違うダンスみたいに見えるし、ここまでくるまでの努力を思うともう涙が……

ラストの7月2日放送の回では「J.J.Express」として紹介される中のひとりだったけど、名前のテロップは出なかったので「J.J.Express  山田涼介」を見ることはできず。時間があればちょっとネット社会と家の中も探してみようかな。

整理して見た少クラは今から10年前のもので、私はその間のJUMPメンバーのことはほとんど知らない。ライブDVDも矢印魂からしか見ていなくてあまり昔のことを掘り返さなくてもいいかなという思いもあったんだけれど、これを機に全部見たくなった。

事務所に履歴書を送るところから、ジャニーズJr.としての活動だってマイクを持てるかどうか、前で踊れるかどうか、数えたらキリがないね。1つ1つのことを彼らが続けてこなかったら、どこかで諦めていたら今のJUMPはなかったんだってことを強く実感したし10年後にまたこうして出会えたのは奇跡だなと。

ただの巡り会わせをこんな簡単に運命にしてる単純な私でした。笑

 

ずっと放置してた録画DVDだったけど自担の名もなきJr.時代からの様子を少しだけど見られてよかった。色んなものを捨てずにおいておくことで10年後に救われることもあるんだなあ。だから部屋が片付かない。。