読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいはめぐる

 - - - - - - - I hear the future call

氷上の伊野尾慧

さて、エキストラ募集のメールが来たのが遠い昔のように感じる中、季節は夏となり、ようやく待ちに待った「ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル」が放送を迎えました。

ここ2週間は伊野尾さんと米倉さんが一緒に紙面を飾ることも多く、いつもより少し男性らしいいのちゃんの一面が見られる写真もあって微笑ましくてね。大門先生のスカートが短くて~!って話を何度も見たからドラマでもやけにそこを注目してしまった。。美脚。。いいな~細い足を手に入れたい(;_;)

放送翌日にはこんな嬉しいニュースも。

 

米倉涼子『ドクターX』初SPでも失敗しなかった 平均22.0%、最高25.8%マーク (オリコン) - Yahoo!ニュース

最高視聴率は午後11時4分にマークした25.8%まで上がり、伊野尾慧演じるフィギュアスケーター・氷室光二郎が大会でクアッドアクセルを決めてガッツポーズし、未知子が大喜びしたシーンだった。

 

いのちゃんが視聴率に貢献したかどうかはともかく、関連のシーンが最高視聴率になったとニュースで名前が挙げられたこと、それだけたくさんの人が彼の出演するドラマを見ていたことが立証されて誇らしい。最近はほんと視聴率だけじゃないでしょってことも思うけど、数字がいいに越したことはないよね。

 

ドラマが始まってしばらくは「こんなすごいドラマにいのちゃんが本当に出るのか……!?」という心境で見ていた。レギュラーのキャストにビートたけしさんたちも加わって豪華でしかない!!ここにいのおさん!?まじかよ!?テレ朝だったよね!?(テレ朝にも伊野尾さんの風が吹いてるのかっていうアレ)

撮影は2月だったから、この春からの出演ラッシュよりも先に企画があっていのちゃんの存在を捉えてたように思うし、その上ですごくいい時期に放送されている。ちょっとずつ認知度が上がってきてる中、注目度もぐっと上がる。この子めざましの子だよね、見たことあるね、ってなるじゃん!なったかな!?笑

最初の登場は金メダル片手に、それを噛んでる写真。可愛いしかない。続いてスクリーンに映し出された宣材写真。かっこいい。かっこいいよ。そして黒いワゴン車から降りた姿を見たとき。

わたしは思わず「まゆげ」とツイートした。まゆげ……!!!りりしいおまゆ!かっこよさ増し増し!! あの瞬間だけでびっくりするくらいかっこよかったぞ!!!

怖いのは、まだ登場シーンだということ。。

続いて院長室のシーンでは、「あ、これめっちゃかっこいいやつだ」と。車から降りたシーンだけじゃなかった。

黒い服に身を包み、不安そうな表情を見せる氷室選手。意志の強い負けず嫌いそうな、勝負師らしい目をしてる。かっこいい伊野尾慧出してきた。前髪分けてちょっとまゆげ出すだけでこんなオーラ出ます??

オン眉の前髪もちょいブスで可愛かったけど、重めの前髪から片方の眉が覗くだけで、マカロン片手のおすまし顔で世の女性をヒーヒー言わせてる青年がこうなるのか。ギャップ最高。こりゃもっとヒーヒー言うわ。悲鳴だわ。金メダル噛んでる顔はすげー可愛らしかったのに。なんじゃこりゃ。

思えば羽生くんもそうだよね、演技してるときは凛々しくて修羅のような顔してるときもあるけど、笑うと目がなくなる薮ちゃんタイプですんげええ可愛いもんね。羽生くん好きなんです。そんなに詳しくないけど。

その後、内科治療に切り替えられて病室で「大門先生を呼んでください」と言ったシーンもほんとツボで、お芝居の仕事はなんて素晴らしいんだろうとこの辺から感動しっぱなしだった。孤独や焦りを抱えて憤ってる姿に胸を打たれつつも、病室で腕立てをするシーンはちょっと「いのちゃんできる?!これできてる?!?!」って普通に「彼はどれくらい腕立てができるのか」の点が気になってしまったけどね。笑

スケートのシーン、振付を確認する寄りのカット、動きが美しくてさすがだったなあ。体調悪くても情熱を宿した瞳が素敵で、そんな中に脆さや儚さもあって魅力がより増す! 倒れて顔をあげたとき大門先生の顔を見て、また滑り出した彼がジャンプを跳ぼうとする姿に不屈の精神を感じたし、それを先生に見せることによって戦う意思を示したかったのかな。少ない可能性にも挑んでいく姿勢は2人に共通する、共感し合える部分だった。最初の院長室のシーンから、そこがすごく印象的だった。

手術台に寝てるカットも「まゆげ、、」「いのちゃんが手術台に寝ている……!」言いながら楽しみました。久しぶりに医療ドラマを見たけど、医龍にハマっていた時期があったから手術の流れがなんとなく理解できたのと、晶さん役の岸部さんは医龍の悪役ポジションをされてたのが嬉しかったな。

最後は試合。青の衣装を着こなす姿。まゆげ。りりしい。クアッドアクセル飛んだあとの「よっしゃ!」顔はまた可愛くて。。滑りきったあとの達成感あふれる表情も拍手!!! インタビュー中のテレビ、キスシーンじゃなくてさあ、もっと氷室選手見たいんだよ!!その尺ちょっと長いよ!と思った方は数多くおられたのではないでしょうか。笑

 

このドラマの放送前に、再放送されていた「なるようになるさ。」を見ていて、いのちゃんはお芝居が上手いなあとは思わなかったから、放送まで正直不安があった。今回のは高視聴率ドラマのスペシャル版で、錚々たるメンバーが出演するドラマだったし。でも「なるように~」も2年前で間には舞台「カラフト伯父さん」ドラマ「書店ガール」もやっていたからきっと変化はあるだろうなと思いながら、院長室のシーンを見てすぐ安心した。

全体としてちょっと気になる言い回しの部分はあったけど、そし誰も一気に楽しみになった。もちろん映画ピーチガールもね。モテ男演じるの心配だったけどそれも大丈夫そう。お芝居すごくうまいね、と評されるくらいこれからも頑張ってほしいところ。私がしゃべり方で気になってるところは癖なのかもしれない。治るといいけど……。

ドクターXでのいのちゃんの表情は今まで見たことがないもので、ときめきが尋常じゃなかった。これまで見た雑誌でもそういう表情に近いものはあったし、きっと目新しいわけではなかったはずだけど、素直に「いのちゃんってこういう顔もするんだな、できるんだな」と思った。それはお芝居を通して見るからなのかな。

そこにいるのは伊野尾慧ではなくて氷室光二郎だから。きっとカラフト伯父さんのときなんかは近いものがあったのかもしれないね。それはまた徹くんとしてのいのちゃんだから、まったく同じわけではないんだけど。

スペシャルドラマ出演を通して、また新たないのちゃんに出会えた気がした。そうやって芝居の中から生まれてくる伊野尾慧もいいよね~~ほんとにお芝居の仕事のありがたみを知ったよ。。そし誰たのしみだよ。。でもピーチガールは戦々恐々だよ*1。。。。

カラフト伯父さん観に行きたかったなー。もらったチラシの行方さえわからないけど、もっと早く大好きになっていればなあという気持ちがふつふつと湧いてくる1件なのでした。部屋のどこかから出てこないかなあ。

*1:恋愛ものに文句はないけど顔はしかめて見ちゃう