あいはめぐる

  きみが笑うたび、ぼくの気持ちは強くなるんだ

伊野尾慧というひと

伊野尾慧くんを知ったのはいつだっただろう。

本格的にJUMPを知ってすぐ考えたことだった。薮ちゃんはYa-Ya-Yahの活動のなかで知って、光くんもいつの間にかそこに加入していた。伊野尾くんは松本光平くんと何かやっていた覚えはあるけれど、それがプリプリプリティなのかJ.J.Expressでのことなのか、そういうグループ?チーム?を結成する前なのか、定かではない。勝てることのない記憶力との戦い……。

私のなかで、伊野尾慧くん、といえば、2004年のドリボで演じていた車いすの少年役が印象深い。

伊野尾くん。いのちゃんは、私のなかでかなり記憶に残る子だった。なんか知らないけど、いつからかもわからないけど、なんか覚えてる。名前のインパクトかもしれない。

明治大学を卒業したときのニュースも記憶にあったし、舞台俳優を追いかけまわしていた時期に「カラフト伯父さん」のフライヤーが目に留まって「伊野尾くんはジャニーズ辞めたの!?」と疑惑を持ったこともあった。まあそれでもJUMPに所属してるんだ~とかは何も感じてなかったのが不思議よね。我ながら。

 

前書きが長くなったけれど、今回は知れば知るほど気になる「いのちゃん」こと、伊野尾慧くんについて書いてみる。

このブログでも何度か書いているように、私の担当は山田くんだ。

そして、常にその座を脅かすのがいのちゃん。やまだ担当と気持ちが固まってからも、「いのちゃんに担降りかも~!騒動」が自分のなかで頻発する。オリオリ詐欺。それもわりと結構な頻度で起こる。でも最終的にやまだ最高おまえがいちばんってなる瞬間が快感なので降りることはない(と思う)。

やまだといのちゃんは好きのベクトルが違うというやつで、私は、山田涼介のアイドル性に惹かれているし、伊野尾慧の人間性に惹かれている。やまだの場合、アイドルである自分を根っこに据えて色々な活動をしているけれど、いのちゃんは伊野尾慧という自分自身を軸に活動している、ふたりを見てそんな風に感じている。

もちろん、いのちゃんも「ベースは、いちおうアイドルなんじゃない。こんなんでも(笑)*1」と話しているから、その言葉の通りなんだろうけど、アイドルだからこうしなきゃいけない、そんな通念には囚われていなさそうに見える。志村どうぶつ園での微妙な下ネタとか、ラジオでの「チューした?」連呼事件とか。

最近いのちゃんを見ていて思うのは、「伊野尾くんってこういう人だよね!」って定義づけされるのが嫌なのかな?ってこと。嫌と書くとやりすぎかもしれないけど、JUMPのメンバーからも秘密主義って言われるくらいだから、「伊野尾慧」として固まっていたくないのかなと思う。

「選択肢がたくさんある生き方のほうがいいじゃんって、俺は思う。そういう生き方をしたいから*2

アイドル・建築のこと・猫のこと・しゃべりが上手なこと・ピアノ。いのちゃんは様々な魅力や特技を持っている。そのうちの1つだけではいのちゃんを語れない。彼自身に、すでに選択肢がたくさんある=それだけの可能性を秘めているということ。そこが色々な人の目に留まって「この子は面白い」と感じてもらえたから、この4月の番組改編でレギュラー番組が決まったのだと思う。

いのちゃん自身、アイドルという1つのことに囚われたくない、色んな自分を見てもらいたい、そんな想いもあるのかなと。もっと言えば、自分でも知らない自分が出てくることが楽しいんじゃないかと、その仕事ぶりを見ていて感じる。自分のことも、出会った人のことも、知らないことを知れるって楽しいよね。

これからいのちゃんは本当にたくさんのことを知っていくんだろうな。

めざましテレビメレンゲの気持ち、主演映画も決まったいのちゃん。

めざましは、夜も明けない3時とかにはスタジオ入りするっていう話を聞いたことがある。忙しくても、大変でも、大変だった苦労したなんて話はあまりしないのかもしれないね。それがいのちゃんだから、私はテレビで見る楽しそうないのちゃんの姿をそのまま受け止めて応援したいと思う。

「これまでメンバーに外の仕事でグループの名前を売ってもらっていた分、ようやく自分が何か返せるようになったのかなって*3」という言葉、胸に響いた。いのちゃんはきっと大丈夫。大丈夫だといいなあ。なんか緊張してしまう。笑

それから、山田くんがTVガイドparson 43号で話していたこと。

「例えば裕翔やいのちゃんとかも、すごい出させてもらっているから、彼らが頑張っている時は、少しでも荷物が軽くなるように支えてあげたいと思っている」

何かあったときは、いや、何もなくてもだけど、やまだ頼むぞ、って。支えてやってよって思いつつ、いのちゃんのレギュラー番組が始まる日々を過ごしている。これはいのちゃんだけでなく、JUMPのチャンスでもあるはずだ。

10周年に向けて、1人でも多くのメンバーが世の中に認知されていきますように!!!!!

*1:Myojo10000字インタビューより

*2:Myojo10000字インタビューより

*3:シュシュアリスより