あいはめぐる

  きみが笑うたび、ぼくの気持ちは強くなるんだ

拝啓、26歳の安井謙太郎さま

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Happy Birthday Dear. 謙ちゃ~~~ん!!!

f:id:cazucca:20170720141433j:image

26歳の誕生日おめでとう!!!!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

Love-tuneの最年長最少、安井謙太郎くんこと謙ちゃん。

 謙ちゃんを知ったのはいつのことなのか全く覚えがない。とりあえず2016年3月に「4月かららじらー9時台をやる子」として名前を聞いたときには、「へえ! 安井くんが!」と思った記憶はあるから、「出来ジュ」と言われているらしいこと、謙ちゃん含む4人組に「Love-tune」と名前が付いたこと、そのあたりは知っていた。んだと思う。たぶん。わかんないけど。笑

 去年の9月かららじらー9時台を聴くようになって*1から、優斗くんに倣って謙ちゃん謙ちゃんと呼ぶようになった。とりあえずあだ名から入って親近感を抱きたいタイプのジャニオタ。

 

謙ちゃんはすごい。いつもそう思う。

 グループに対する愛情、メンバーに対する愛情、仕事の取り組み方、仕事への誠実さと真面目さ、頭の回転が速くて機転がきくところ、野心はあるけど悪意がないところ、苦手なことも仕事だ……ってちゃんと取り組むところ、アイディアマンなところ、個人としてもグループとしても魅せ方をわかっているところ、意外と情熱的なところ、出すぎないところ、言うときは言うところ、……すごいなぁ好きだなぁと思うところがいっぱいある。

 らじらーや雑誌インタビューにおいても、どういう情報を提供すべきなのか、どういう情報にファンが喜ぶのかとか、よくわかってるなぁと思う。この演出、構成の案を出したのは誰、って情報はとてもありがたい。積極的に自分たちのパフォーマンスについて意見交換しているのを知ることができてとても嬉しく思ってる。

 そして、ちょっとドジで天然なところ、最年少の太ももを抱き枕のようにして寝るところ、ラジオの投稿メール内容の読解がごくまれに怪しいところ、そんな「ふつう」に「可愛らしい」謙ちゃんも好きだ。人間らしくて愛おしい。

 謙ちゃんがよくLove-tuneメンバーを「RPGのキャラクターみたい」、「個性的なメンバーが揃ってるから、誰をセンターに置くかでそのひとの色に染められる」と表現するところが何とも好き。本当にそこはらぶの魅力だと思う。

 あまり考えたくない仮定の話だけれど、これから先、個々の仕事量に差が出て人気にも差が出てくるかもしれないし、そうしたらセンターを固定せざるを得ない状況が起きるかもしれない、そんな体制の変化があってもちゃんと受け止めなくてはと今から覚悟している部分がある。だからこそ、今のこのぐるぐる体制(?)はすごく尊い瞬間を見ている気がしてすごく好きだ。謙ちゃんがよくそういうアイディアを出してくれるのがありがたい。

 歌について。私にとって謙ちゃんの歌声は、好みではないんだけど、謙ちゃんの声そのものがとっても好きだから聴いててすごく落ち着く。歌ってても喋っててもお芝居してても、あ~謙ちゃんの声だ!!!ってなる。声がとっても好きなんだな~。

 ダンスについては基本的に森田美勇人に釘付けであるからしてよくわからない。ごめん(笑)。ひとりひとりのダンスがどうというのはあまりわからない人間。動体視力がよくないのと視野が狭いのである。

 去年、サマステのスペシャルパフォーマンスを少クラでやったとき、謙ちゃんの寄りで彼の手が震えていたのがすごく印象的だった。

 あと劇ラヂでのお芝居。鳥肌立つくらいの衝撃的な上手さだったなー。謙ちゃんの生身のお芝居もすごく見たくなった。映画とても楽しみなんだけど、舞台公演もいつか必ず行くぞ。

 私は謙ちゃんのことを全然知らなくて、今までの活動についてもファンの方のブログを拝見することでようやく知るに至ることが多い。だからこそ、まだまだ自分の知らない謙ちゃんの魅力はたくさんあるんだろうと思う。それを知っていけることもこれからの楽しみのひとつだ。

 

少し余談なのだけど、

 私は昔から、アイドルグループを好きになっても、そのメンバー内で「好きな子」と「それ以外のメンバー」に対する熱量、好きの差がかなりあった。それがHey!Say!JUMPを好きになって、自分が「全員を好きになれるグループ」に出会えたことに驚いたんだけど、Love-tuneはそれ以上に「メンバー全員に対して、彼を担当にしたらすごく楽しいだろうなと思えるグループ」になった。私にとってはすごいことだ。

 全員に対して「この子の担当になったら、こういうところをずっと担当として見守っていけるんだなあ」、そんなビジョンをはっきりと描ける。同時にそれを「楽しそうだな、いいな」とも思える。私はどちらかと言えば担当至上主義なタイプで、あまり揺らぎない……まぁいのおさんの存在はちょっと特別だったけど(笑)、いのおさんを担当することは想像できなかったしなぁ。

 美勇人担なんだけど、らぶめんの各担当さんの言葉を聞くのは本当に楽しいし「わかるーーー! 私も好き!」ってなるから話を聞くのがすごく楽しい。他担さんは私の知らない彼らの魅力もたくさん教えてくれるし。高校生の頃よりタレントの人間性に惹かれるようになったのか、今になって少しずつDD気質になってるような気がしなくもないけど。笑

 

夏はひとつ、Love-tuneTravis Japanの現場にお邪魔することになりました。1年に2回も上京するのなんて無理無理~って思って全然申し込みもしていなかったのだけど、フォロワーさんに「チケットありますよ」とお声掛けいただいたら少し無理しても行きたくなるじゃない。。行きます。。。いつもありがとうございます。。東京だいすき。。

 Jr祭りのときはステージをまともに見られなくて、聴こえてくる謙ちゃんの声にドキドキしていたなあ。EXもスタンディングだしチビだからはっきり見えることに期待はしていないのだけど、謙ちゃんの声はきっと届くから。とっても楽しみにしてる。

 

謙ちゃん、26歳の誕生日おめでとう。

素晴らしい1年にしてください。

充実した素敵な日々を過ごしてください。

 

ニートニートニート』のレンチが謙ちゃんにしか思えない。謙ちゃんが演じている姿が困るくらい目に浮かんでいて、ものすごくハマり役だと思う。ちょっとワルだけど、「ヒトコマシ」を演じる謙ちゃんを見られることが楽しみすぎるよ。

みゅうたろうでいろんな媒体に載るんだろうなあ!!

記念すべき初主演映画の公開が今からとてもとてもとーーーっても待ち遠しいです。

 

 

 

 

*1:8時台のいのひからじらーを聴いていたら、ドリボの関係で謙ちゃんが遅刻する予定で、しばらく優斗くんがひとりで9時台を回すらしいと聞いて不意に「できるの?」と興味を持った。優斗サンときたらひとりでかき氷を作り始めて……テンションとか勢いとか笑い声とかに度肝抜かれたよね……。