あいはめぐる

  We can make it a whole new world.

ROLA休刊

雑誌「ROLA」は、JUMPが表紙を飾った号が大反響を呼んだことも記憶に新しい。増刷が決定したときは本当に驚いた。

そして6月1日発売の「ROLA」から始まった、岡本圭人の連載。JUMPメンバー1人をゲストに迎えて、英国紳士ばりのかっこいい英語レッスンを行うというもの。このお仕事が決まったとわかって、ものすごくうれしかった。圭人の特技と優しさを捉えた「英国紳士」というフレーズ。早く全員に回ってこないかな、隔月だから1年以上かかっちゃうなーと、とても楽しみにしていた。

そんなROLAが休刊になるとのことで。。。

 

圭人の連載が載ったROLA、私は買っていなかったです。友人に見せてもらったり、本屋さんにあるのを見かけたら何度か見ました。でも買わなかった。やまだといのちゃんが載る号は絶対買おうとしか思ってなかった。

私は大学時代、出版に関することを学んでいて、当時も雑誌の休刊がよく話題に上りました。

読み手の私たちが、「立ち読みで済ませる」「貸してもらって済ませる」「中古で買う」と、当然作っている側にお金が入っていきません。

作っている人たちにはお給料が支払われるし、本を作るのにももちろんお金がかかる。でも、買ってくれる人がいなければ、作るためのお金も確保できなくなるわけで。

私も普段やることだし、「買わずに済ませること」について、それは悪だ裁こうなんて考えはないけど、「買わない」選択をする人がたくさん増えてしまうと、雑誌はなくなってしまうのが今の現状だということを知っていてほしい。雑誌がなくなっちゃうと、JUMPがお仕事する場所もそれだけ減っていってしまうものね。

学生だからお金ない、そんなにたくさん買えない、言い分はもちろんあるだろうけど、余裕ができたときには「これ素敵!」と思った雑誌をたくさん買って、出版社の人が「またJUMPを使いたいね」と思ってくれる手助けをしてほしいなあ、なんて勝手なことを思うのでした。

 

圭人の連載が始まった前号の売り上げでこの結果がどうこうなったわけではないと思うし、これまでの業績、他の雑誌や事業との兼ね合い、色んな理由があって詳細はわからないけど、圭人の連載が決まってメンバーも本人も喜んでいただろうと思うと残念で仕方がない。。

ジャニーズ的にアプリで写真は無理だろうけど、コラムというか、文字だけでも連載持てたりしたらかっこいいのにな~圭人!!!! けいとーーーー!!!