あいはめぐる

  きみが笑うたび、ぼくの気持ちは強くなるんだ

禁酒令

中島裕翔の泥酔騒動でHey! Say! JUMPに禁酒令が出ていた (週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース

 
ガラス割ったり事情聴取されたり禁酒令出たり大騒ぎだなーーー!
何が真実なのかわからない部分もあるけれど、色んな報道が出ることに呆れつつ、禁酒令だけで済んで本当によかった、温情だなあというのが本音かな。活動休止にならなくて本当に本当によかった。。これからアルバム、ドラマ、映画、ツアー、連載、全員が色んな仕事を抱えてる中だけど、このまま何もなしってわけにはいかないだろうしどんな影響が出るのかと思っていた。
お酒大好き!!!!って子はきついかもしれないけど*1、酒飲めないくらいで人間死にはしないよ。大好きな人はこの機会に肝臓を休ませよう。禁酒くらいで可哀想っておいおいだよ。時々夏日もあるけどグーーッとビールを飲むにはまだちょっと涼しいし。バーテンダー役だって酒飲んで芝居するわけじゃないんだから飲めなくてもできる。カクテルにはノンアルコールのものだってあるから、ってのは関係ないかw
仕事のお付き合いで行く場ではちょっと面倒な場面はあるかもしれないね。でも仕方ないことだ。理解あるスタッフさんに恵まれていることを祈る。
 
世の中には、たとえばだけど、痴漢の疑いをかけられて冤罪だったとしても仕事辞めざるを得なかったり、地域の人たちに白い目で見られたり、家族もそういう被害にあって住んでいた家を離れなければいけなくなったり、とか。色んなニュースがある。
事務所の先輩には飲酒関連で逮捕された人もいる、そうじゃないことで逮捕された人もいる、それが原因で活動自粛をしていた人もいる。裕翔が逮捕されたり、事件化したりしなかったのは運が良かったし、引き返せないことまでやらなくてよかった。
 
私が長年応援しているバンドは、ボーカルが逮捕されて活動自粛していた時期がありました。もう10年近く前だけどアルバム発売延期、ライブ延期。そりゃあ、泣いて過ごしたもんだ。最近のライブでも、そのことを話していた。
大きな失敗をして、そこから立ち上がった俺たちだからこそ、失敗してもまだやり直せるって本気で言えると思う、と熱っぽく語っていた。綺麗ごとかもしれないけどさ。裕翔も、お酒に対しての気持ちというか、責任ある立場だということを自覚して自制して、心を入れ替えてくれるといいなと思う。
 
私たちに真実を知る術はなく、いつだってあちら側から提供される姿しか知ることはできない。ステージやテレビ、雑誌の中で見られるJUMPの眩しい笑顔、かっこよくて時に可愛らしいあの姿、それだけしか知らない。もちろん素顔も見せてくれているけど、本当の本当はどんな人なのか、いろんな面で知らない部分はきっとあるとも思う。
それでも、先週放送のいたジャンで裕翔が流した涙を、本物だと思ってる。Hey! Say! JUMPの絆は強いと信じてる。連帯責任も引き受けてくれる仲間。一生付き合っていく仲間なんだから、もしストレスや悩み事でどうにかなってしまいそうなら、彼らのことをもっと頼ってほしい。以前の記事にも書いたことだけど、きっとそれは、みんな嬉しいと思うんだ。
 
今回の色んなことで、厳しい意見も甘い意見もたくさんある中、自分の考えていることがわからなくなったり不安になったりした方も多かったんじゃないかなあ。「こうじゃないとだめ」「ファンならこうあるべき」という意見の押し付けは気味が悪いな~と見ていて思った。
自分の感覚に素直でいるのが一番いいと思う。
そりゃ、嫌いになることもあるよ好きなんだから。ちょっと距離を置いたっていいじゃない。好きな人が何かやらかして傷つくのも怒るのも当然。ファンやめちゃだめだよ、ファン失格だよ、ってそれを決めるのは自分自身だバカヤロー!って勝手に思ってしまう笑。
私はファン失格だよね、と言っちゃう人は自虐かな?釣りかな?慰め待ちかな?って思っちゃうタイプです。思う気持ちはよくわかる。でもファンに失格とかないから。気落ちするのは仕方ない、好きなんだからショックなことや傷つくことがあって当然。裏切られた気持ちになったりね。
熱愛報道で傷つく人もいれば、たくさん恋愛するべきって人もいるし、100人のファンがいれば100通りの選択肢、考え方、褒めるポイント怒るポイント好き嫌いがある。それでいいのにね。みんな同じグループ、メンバーが好きなのに「好き」は難しい。
 
私もJUMPを何年も追いかけてたら、また違うことを感じていたのかもしれないけど。

*1:詳しくは知らずにおります